こんにちは。

たま吉です^^

 

割と最近は、『思うまま』に書いています^^;

あんまり堅苦しくてもツマラナイので、

『たまにはいいかー』みたいな感じです。

 

がっつりと『本気で重要な部分』に関しては、

しっかりとしたコンテンツとしてお伝えしたいので、

そこはしっかりとやります^^;

 

今回は、最近になってアクセスが増えている、

『ビハインドザボール』について書こうと思います。

 

私も疑問に思っていた事なんですけど、

やっぱり同じように思う事が多いらしく、

『ビハインドザボールって矛盾してる?』

疑問について私なりの解釈をしますね。

 

■ビハインドザボールの矛盾?

 

あなたは疑問に思いませんか?

 

基本的なボールの位置を考えると、

『ドライバーが左足のつま先とかくるぶしのライン上』

で、徐々に真ん中に寄りますよね。

 

大体9番アイアンで中心位置で、

ウェッジになると、若干右足寄りになります。

 

で、ビハインドザボールと言うのは、

『ボールの後ろ』と直訳するとなりますね。

 

つまり、『ボールの後ろに頭を保つ』事。

 

これがいわゆる『ビハインドザボール』です。

 

そうなると、軸を一定にして左右に動かさないのに、

中心より右に位置するボールを、

『どうやって更に右に頭を保つのか?』

これがビハインドザボールの矛盾点ですよね。

 

これは私もずーっと引っ掛かってました^^;

 

『意味がわからん』と。

 

ドライバーはそもそも左にボールがあるので、

意識しなくても『ビハインドザボール』です。

 

じゃあ、ショートアイアンやウェッジでは、

どの状態がビハインドザボールなのか?

 

それで考えて考えて、

結果スイングを崩すと言う

何ともお粗末な状態になってしまいました^^;

 

 

もう単純に結論を言うと、

『あまりそればかり意識しない方が良い』です^^

 

つまり、『無理にボール右側に頭を残す事は無い』

と言う事。

 

英語でビハンドザボールと言うから、

そのままの意味で日本語にするから、

おかしな事になって伝わるのではないかと。

 

私はそう思っています。

 

私は、

『ビハインドザボール = 頭の位置を動かさない』

事だと認識しています。

 

もっと言えば、

『アドレスからトップ、そしてインパクト直後まで』

頭と言うか、軸が動かない事。

 

そう解釈しています。

 

ゴルフスイングの正しい動作とは、

『ゴルフボールを打つ為に効率が良い動作』

の事です。

 

しかも、ある程度の飛距離を出す為には、

インパクトで強く当てる必要がありました。

 

今は、昔と違って『道具も進化』していますよね。

つまり、『インパクトで強く叩く必要がない』訳です。

 

昔は強く叩かないと飛ばない事もあって、

どうしてもインパクト直前には、

『ボールよりも右側から叩く必要があった』

のです。

 

思いっきり叩く時ってどうしますか?

例えは悪いかも知れませんが、

パンチをする時は、思いっきり踏み込んで、

少し後ろに引きながら反動でパンチしませんか?

 

それが一番力が出る方法だから、

自然とそうなるのですが、

『その動作の必要があった』のが昔です。

 

パーシモンと言う、木でできたクラブの時代です。

 

木なので思いっきり叩かないと飛ばない。

だから強く叩く必要があった。

そうなると強く叩く為の動作が必要。

結果『ビハインドザボール』で打つようになった。

 

のだと思いませんか?

私はそう思いますが。。。

 

今はそんな事も必要ないほど、

クラブ性能も上がりました。

 

『効率よく当たれば、クラブが仕事をします。』

 

だから、わざわざ『強く叩く事は無い』

で、ドライバーは左にボールがあるだけで、

他の場合は意識する事も無い。

 

そう言う事です^^

 

むしろ、無理矢理に『ビハンドザボール』をすると、

右肩を下げないと右側にならないので、

『ダフリの原因』になるだけです。

 

これには納得ではないでしょうか?

 

つまりはそう言う事です^^

 

もし、ビハインドザボールでお悩みなら、

今日のテーマはお役に立てるはずです。

 

無理に全てのクラブでビハンドザボールは、

ただの弊害にしかなりませんので、

今一度、考えてみても良いかも知れませんね。

 

 

たま吉でした^^

 

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^