こんにちは。

たま吉です^^

 

前回からの続きです。

>>グリップの握り加減(グリッププレッシャー)で

  スイング安定と飛距離UP?

 

前回は、『グリップの力加減とは?』

力が入っても、ゆるくてもスイングが安定しない。

そのメカニズムと私が取っている方法をお伝えしました。

 

まだご覧になっていない場合は、

先に見てもらうと、より理解できると思います^^

 

で、前回は長くなってしまったので、

改めて続きを書いていきますね。

 

■グリップの力加減を適正にすると良い事がある!!

・グリップの力加減でスイング安定

・飛距離もアップする!?

 

これがテーマです^^

結構、核心を突く感じですよね。

 

スイングが安定して飛距離もUPですから^^

良いこと尽くめです(笑)

 

それにもきちんと理由があります。

是非見てやって下さいね。

 

■グリップの力加減を適正にすると良い事がある!!

 

ゴルフスイングでは、余計な力を入れてしまうと、

『スイング動作が硬くなってスムーズに振れない』

『手打ちになってしまう』事が起こります。

 

逆に力を抜いても、『クラブそのものが振れない』

事になってしまいます。

 

それを防ぐには、適度に力を入れる箇所と入れない箇所。

そして加減を適正にすると言う事です。

 

で、グリップの力加減がなぜスイングを安定させるのか?

そして、なぜ飛距離がアップするのか?

 

その点について掘り下げようと思います。

 

・グリップの力加減でスイング安定

ゴルフは余計な力を入れない事が大前提です。

どうしても手で上げて手で打ちに行ってしまうと、

クラブ軌道もバラバラになるし、当たりません。

 

初心者の頃は酷いもんでしたから^^;

力の限り上げて、力の限り叩きつけるように打つ。

 

よくまぁ、こんなんでコースに出ていました(苦笑)

あ、もちろん私の話しです。。。

 

それは良いとして、前回お伝えした方法だと、

『力を入れたくても、そもそも入らない』訳です。

 

ですので、自然とクラブ軌道も安定して、

いわゆる、”ヘッドの抜け”も良くなりました。

 

手で降ろさないので、ボディスイングに自然となり、

タメも出来るからダウンブローに打ち込めます。

 

かと言ってグリップも緩めている訳ではないので、

しっかりと腕も振れています。

 

振り遅れや、カット軌道のスライスは解消しました^^

 

『見ていてミスしようが無いスイング』

と、当時の自分は自画自賛していました^^;

あほですね。

 

でも、実際に左右のバラつきはあった物の、

極端なミス(ダフリ・チョロ・シャンク)は激減したのは事実。

 

グリップの力加減を決めただけで、

ここまで変わるとは思ってもいませんでしたね。

 

『力を入れてもダメだし、抜いてもダメ。』

適度な力加減だからこそ、自然とスイングが安定するのです。

 

これがまずメリットの1つめです。

 

・飛距離もUPする

ゴルフの飛距離と言うのは、

あなたも既にご存知の通り、

『腕の力では飛びません』ね。

 

捻転差・回転速度・ミート率・角度・スピン量

 

これらを効率よく働かせることで、

最大飛距離を出す事が可能です。

 

ピンときたかも知れませんね^^

 

つまり、最初のスイングが安定する事で、

ミート率が格段に向上します。

 

クラブは芯に当たっただけで、

飛距離は10ヤード違うと言われます。

 

芯に当たる回数が増えれば、

それだけで飛距離は伸びる訳です。

 

そして次に、ヘッドスピード(捻転差と回転速度)は、

スムーズな振り抜きによって、加速します。

 

『ヘッドの抜けが良くなる。』

と先ほど言いましたが、正にこれです。

 

ヘッドが綺麗に抜けると、

クラブヘッドが『走った感覚』を感じます。

 

『釣竿の先を遠くに飛ばすイメージ』です。

もしくは『やり投げ』をイメージして下さい。

 

身体が先行して、腕と竿(やり)が後からですよね。

それと全く同じことです。

 

『ヘッドスピードが最大のとき、芯に当たる。』

 

これだけで飛距離は相当違ってきます。

 

もし、飛距離を伸ばしたいのであれば、

飛距離アップの方法を探すよりも、

しっかりとしたボディスイングを作る為に、

グリップやアドレスと言った基本に戻るほうが賢明です。

 

身体に無理をさせたり、安定したスイングを犠牲にして、

無理やりドローボールを打とうとしたり、捻転したり、

そんな事をしてもスコアは変わりません。

 

目的はゴルフの上達です。

すなわち、スコアアップする事。

 

であれば、どちらが正解かは言うまでもありません。

 

話しが逸れてしまいましたが、

グリップの力加減を知ると言う事は、

これだけのメリットがある訳です。

 

私の方法が絶対だとは言いませんが、

何かのきっかけにでもなれば嬉しく思います^^

 

もしかしたら、あなた独自の方法が見つかる。

そうであれば是非教えて下さいね。

 

まぁ、いずれにしてもグリップの力加減は、

方法は別にしても、大切だと言う事です。

 

是非参考になさって下さい。

 

たま吉でした^^

 

 

追記

現在コンテンツを増やす為に、色々と準備中です。

100切りの為に特化した記事も、バージョンアップ予定です^^

 

一応スコアメイクの為の、考え方と戦略編も構築中ですし、

スイングを身に付ける最短の方法も変更するつもりです^^

 

日々、私自身も、『もっと良い方法は無いか?』と模索中です。

何か盛り込んで欲しい事がありましたら、

何なりとお申し付け下さいませ。

 

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^