スリークォーターショットで100を切る!ゴルフスイング練習法

肩から肩までのスリークォーターショット

たま吉です^^

 

ハーフショット(腰から腰までの振り幅)

でのスイングが安定して

ボールだけをクリーンに

打てるようになれば、

 

スリークォーターショット

(肩から肩までの振り幅)

は、そこまで難しくありません^^

 

ハーフスイングから、

イメージとしては左肩を、

”グッ”とアゴに入れる感じです。

 

文字にすると難しいですが、

身体でしっかりと捻る感覚ですね^^

 

で、このアゴに入れる感覚が、

フルスイングでも重要なので、

覚えておくと後で効いてきます。

 

 

 

で、実際は自分が思っている以上に

クラブは上がっています。

 

後ろからカメラなどで撮影すると良く分かりますが、

シャフトがクロスシャフトになっています。

 

参考元:ダイヤモンドオンライン

写真右がクロスシャフトの状態

左はちなみにレイドオフ

 

クロスシャフトやオーバースイングでは、

アウトサイドインの軌道になり、

トップで右わきが”開きます”。

 

前傾が保てないためにトップやダフり

などのミスを誘発するのはその為です。

 

自然に腰を回して、

肩を少し回す意識だけで

手は上体に固定されるイメージで捻転させます。

 

 

回転と捻転の違い

少し話しが逸れますが、

回転と捻転の違いについて、

回転はその場で文字通り、

”回る”事です。

 

捻転は”ひねる”事です。

 

これをゴルフスイングに例えると、

回転は両足を揃えてその場で右向け右をして、

次に左向け左で元に戻ります。

 

この間でスイングをすると思って下さい。

(分かりづらいですが、その場で回る事です^^;)

 

捻転

足のつま先、かかとの向き、ひざもそのまま

で腰・胸を回します。

 

体が足を支点に捻られますよね?

これが捻転です。

 

その捻転を戻す時にパワーが生まれ

ボールを遠くに飛ばします。

 

この捻転が大きくなれば

より遠くに飛ぶと言う理論です。

 

 

捻転はひねりなので、

無理にひねった分戻ろうとする力が働きます。

 

それを利用して打つため力が必要ありません。

これが飛距離の理由です。

 

簡単に体を回してしまうと回転運動なので、

スイングスピードを上げないと

飛びませんから早く回そうとしてしまいます。

 

そうするとスイングがとても

”難易度の高いもの”になってしまいます。

 

 

なぜスリークォーターショットが必要か?

 

ハーフショットの練習は、

グリーン周りのアプローチに直結

します。

 

確実に4時8時、腰から腰のゾーンが打てれば

グリーンオンはもちろんですが、

1パット圏内の寄せも可能ですからね。

 

では、スリークォーターショットはどんな場面で、

役に立つかと言う事ですね^^

 

まず考えなければならないのが、

ドライバーショットです。

 

毎回フェアウェイに打てれば

全部解決してしまいますが、

中々そうもいかないのがゴルフってもので^^;

 

特に日本のコース設計は

トンネルの下半分の形のように、

Uの字の形をしたホールが多くなっています。

 

ですので、少し右に飛んだり左に飛んだりすれば、

傾斜のライからセカンドを打つ事になります。

 

フェアウェイから打てるとしても、

真っ平らはあり得ません。

 

『フルスイングも失敗しそうだな。。。』

『やっぱり抑えて打つほうが良いかな。。。』

 

それで良いんです^^

 

傾斜での安定したフルショットは

とても難易度が高いから

です。

 

むしろ、ダフったり、トップしたりと言った

ミスの方が多くなる原因を作ります^^;

 

ドライバーのミスを

挽回しなければならないと考えて、

余計に力が入ったり、無理に2オンを狙ったり・・・

 

気持ちはよーく分かりますけどね^^;

 

そうならない為の練習が

スリークォーターショットです。

 

プロでも無理なフルショットは

ライが良くなければしません。

 

それが出来るなら

トッププレーヤーですからね^^;

 

スリークォーターショットの飛距離は

フルショットの8割くらいです。

 

番手を1番手上げれば

飛距離のロスはありません。

 

フライヤーすれば飛びすぎてしまいますが、

安全策を取るなら短くてもグリーン手前がベストです。

 

ほとんどのグリーンが”受け”となっていて、

奥に向かって上りになります。

 

上りのパットの方が簡単ですので、

狙って奥に行くよりは、

『手前ショート花道が一番安全』

な選択となります。

 

スリークォーターであれば、

下半身を安定させたまま

スイングが可能なので安定します

 

難易度は格段に下がる訳です^^

 

これを身につけていれば、

傾斜地でも安定したショットが

打てるようになり、パー4でも余裕で3オンです。

 

残り、2パットでボギーですから^^

 

リスクの高いショットよりも、

スコアがまとまる訳ですね。

 

スリークォーターショットの打ち方と練習法

 

ハーフショットが打てるようになっていれば、

注意点はわずかです。

 

手が肩の高さまで来た時の

グリップエンドが向いている方向、

これがボールを指しているか?

 

トップで一旦スイングを止めて確認しましょう。

 

フォローも同じように肩の高さで止めた時に

グリップエンドがボールを向いているか確認して下さい。

 

スタンスは肩幅より少し狭めです。

(拳1個分程度)

 

正しいテイクバックが出来ていれば

フェースは自然にスクウェアになるので、

出球方向は気にしないで下さい。

 

それよりも

グリップ

アドレス

ポスチャー

に注意して下さい。

 

ハーフショットとは違い、

体重移動が少し入る感覚です。

(厳密には全てに体重移動は発生します)

 

私はほとんど気にしないようにしています。

 

体重移動を気にしてしまうと、

それだけに意識が行ってしまって

スイングが総崩れしてしまうから^^;

 

それよりも、

重心位置と手で上げない事

を意識しています。

 

重心位置が正しければ

自然と体重は移動しますし、

手で上げてしまうと、スイング軌道がズレてしまって

ミスの原因になるからです。

 

 

手がテイクバックから肩までの高さになった時、

右足の裏の内側、土踏まずから右足母子丘

(親指の付け根)で受け止めます。

 

外側重心になると、

腰が右に流れてしまって軌道がズレます。

 

反対にフォローでは左足土踏まずから

母子丘で踏ん張るように耐えます。

 

この時に

『アドレスで取った前傾を変えない』

でスイングします。

 

下半身を安定させないと当たりませんからね^^

 

練習方法ですが、肩幅より少し狭くスタンスと取り、

肩まで自然に体の捻転で腕を同調させます。

 

右足内側で体重を感じてスイングに入り、

フォローでは左足内側で受け止めます。

前傾は常に一定に保つ事を意識しましょう。

 

傾斜地(つま先下がり)では

極力体重移動を意識しません。

 

 

”意識レベル”でべた足

を感じながらスイングを心掛けます^^

 

ゴルフは何でもそうですが、

”やり過ぎ””意識し過ぎ”

は禁物ですから^^

 

これは、傾斜地で打つ時に非常に役に立ちます。

 

よく雑誌などでは、つま先下がりの場合、

前傾を深く、下半身をどっしり構えて

と書いてある事が多いですよね?

 

間違いではありませんが、

フルショットは正直難しいです^^;

 

簡単に打つには、

スリークォーターショットが有効ですが、

打ち方としては、がに股

強制的に内側体重の作ります。

 

前傾を深くとり、崩さないように

肩から肩の範囲で打ちます。

 

そうすると、体重移動によるスイングの乱れもなく、

前傾も保ち易くなり、ミスが減ります。

 

逆につま先上がりの場合、

横軌道のスイングになるので、

 

体重移動をしたスイングでは

安定して振れる訳がありません。

 

左足下がり、上がりでも同じ事が言えます。

 

つまり、

”体重移動をなるべく抑えなければならない”

事になります。

 

それを無理矢理スイングをしようとするよりも、

体重移動がほとんどなくても捻転で

無理無く打てるスリークォーターであれば可能になります。

 

どんなライでもアドレスさえ取れれば、

このショットで打てる事になりますし、

リスクが最小限に抑えられます。

 

その為の”べた足”スイングです。

 

傾斜地を想定して打つ方法

 

これは、一時期私は必ず取り入れていました。

ボールを踏んでアドレスして打つ方法です。

 

爪先下がりならかかと、上がりならつま先、

左足下がりなら右足外側、

左足上がりなら左足外側

 

傾斜に合わせて

ボールを踏んで

スリークォーターショットを打ってました^^

 

傾斜よりも丸いボールの方が不安定なので、

これでバランスよくスイングして

ボールにコンタクトできるようになると、

傾斜地のスイングはかなり安定してオススメです。

 

危ないので、フルショットはしないで下さいね^^;

するなら、相当訓練してからにして下さい。

 

ハーフショットでもこの練習はかなり役立ちますので、

是非取り入れてみて下さい!!

 

では、たま吉でした^^

 

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


オリジナルコンテンツ(完全無料)

◆◆◆たま吉通信:レボリューション◆◆◆

たま吉通信レボリューション


”たま吉通信レボリューション”

2,000名突破!!
【スイング作りからマネジメントまでトータルスコアアップ講座】


『ベストスコア更新!100切り!80台達成!!』
『スイングが激変した』
など喜びの声を大勢のメンバーから頂いております^^


家の中で毎日3分もあれば、
1カ月でボールを打てるようになりますし、
絡まりに絡まった糸がほぐれるように、
ゴルフスイングの真理が掴めます^^

無料で気軽に始めてみませんか?


無料コンテンツ多数プレゼント
・自宅練習虎の巻【上下巻】<テキスト>
・初心者脱却STEP講座<動画コンテンツ>
・ドライバーマスターステップ<動画コンテンツ>


これだけで有料教材並みのお墨付き^^
既に100切り多数。
80台達成メンバーもいます!!


詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^



コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

lgf01a201402051700


はじめまして!!

管理人の”たま吉”と申します。

家族とゴルフをこよなく愛する
どこにでもいるイチゴルファーです^^

30代のサラリーマンゴルファーのわたくしが、
80台を出した全てを悩めるゴルファーにお伝えしています!!


詳しいプロフィール



ご質問、ご相談はこちらの『お問い合わせ』からお気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

たま吉通信レボリューション

たま吉通信レボリューション

ゴルフは誰でもいつからでも上手くなる事は可能です^^

初心者ゴルファー大歓迎!!

ゴルフ上達に必要な事をここで全て明らかにしています。
お気軽にどうぞ^^

詳しくはこちら

80台を達成するには?たま吉流80台達成法

80台を達成するには?たま吉流80台達成法

初級者大歓迎^^

本気で80台を達成する為の、知識・マネジメント・スイングの作り方。

たま吉の全てがここに。

詳しくはこちら

ドライバーマスターステップ

ドライバーマスターステップ

『ドライバーが苦手』
『ドライバーだけ打てない』
『アイアンは打てるのに』

私の元には日々、切実な思いが寄せられています。

『その声に応えたい。』
と言う一心で新コンテンツを一から作成しました^^



これであなたもドライバーが得意クラブに変わります!!

詳しくはこちら

3カ月で初心者を卒業するなら

3カ月で初心者を卒業するなら

詳しくはこちら

『始めたばかりで、何したら良いかわからない・・・』と言う方へ

スコア120から80台を目指すなら迷わずコレ

スコア120から80台を目指すなら迷わずコレ

100切りから一気に80台を目指すなら!!
中級者から上級者へ一気に飛び抜ける必須教材。
ドライバーが強力な武器になる事間違い無し

レビュー詳細

100切りで悩むか一気に抜けるかの境界線

100切りで悩むか一気に抜けるかの境界線

ゴルフの王道スイング。土台を築く事が上達の鉄則。ぶれないスイング核作りの決定版!!シンプルこそ至高なスイング。

レビュー詳細

さらにマニアレベルに徹底解剖!!
もっと知りたい方はこちら^^

ゴルフシンプル理論徹底解剖

独学用ゴルフ教材一覧:購入済み

独学用ゴルフ教材一覧:購入済み

たま吉からのメッセージ

たま吉からのメッセージ

たま吉からあなたへ。

『ゴルフが上手くなりたい。けど何をすればいいのだろうか・・・。』

初心者も経験者も、誰でも今かでも遅くはありません。

もう一度トライしませんか?

メッセージはこちら

カテゴリー

FX

このページの先頭へ