アイアンショットの最重要事項とは?

Pause_at_the_top_Matsuyama-1021x580

たま吉です^^

 

アイアンショットに求めらる、

”最重要事項”

ここをはっきりと明確にしないと、

『コースでミスの連発』

と言う事になり兼ねません。

 

と言うのも、

自分自身が経験した事で、

いつまで経っても、

『余計なミスの積み重ね』

が治らず、

『スコアが停滞する』

事を嫌と言う程、経験しましたから。

 

セカンドショットで数回、

ショートホールで1、2回、

100ヤード以内から数打。

 

これだけで10打から20打、

アイアンでミスしている訳です^^;

 

これは、

『アイアンショットの役割』

を正しく理解してないから。

 

分かっていてもやらない、

練習しなかった私の失敗です。

 

それを踏まえて、

今回はお伝えしたいと思います^^

 

【アイアンの最重要事項】

これが分かると、80台も見えますから^^

 

理解を今一度深めて貰えればと。

 

アイアンショットに求められる物とは?

アイアンにおける、

最も重要な役割。

 

これを考えれば自然と答えが、

導き出されると思います。

 

そう。

『狙った所に正確に運ぶ』

 

これこそがアイアンショットにおける、

”最重要事項”

である事は疑いようもありません。

 

これはグリーンに近くなればなるほど、

より正確に精度を求められます。

 

グリーン周りなら、カップに寄せる。

100ヤード以内なら確実にグリーンオンさせる。

 

セカンドショットでは、グリーンに乗せるか、

最低でも次で寄せられる位置に運ぶ。

(ロングならサードショット)

 

と言うように、

カップに近づくほどシビアです。

 

既にお気づきかと思いますが、

”飛距離”と言う言葉はありませんね^^

 

なぜなら、アイアンの飛距離は、

『クラブで変えられるから。』

 

ですね^^

 

つまり、アイアンの飛距離は、

『クラブを変えて合わせる。』

と言う事になります。

 

クラブを変えて飛距離を合わせ、

方向性を重視するのがアイアン。

 

言い換えれば、

縦・横の距離感と方向性。

この精度がアイアンに求められる、

最重要事項と言う事です。

 

では、実際にはどうかと言うと、

『見事にフルスイング』

 

コースでもそうだし、練習もそう^^;

 

私なんてずーっとそれだけでした。

もっとも、スイングを固めたい。

その想いでやっていましたが、

実際には全く意味がありませんでした(苦笑)

 

考えてみれば当たり前ですが、

コースで必要なアイアンショットは、

フルスイングやフルショットなどでは無く、

グリーンを狙う、カップに近づけるショットです^^;

 

だから、いくらフルショット(スイング)を、

一生懸命練習した所で、

ミスが所々出てしまうのは当然だったんです。

 

フルショットの練習しかしていないのに、

縦・横の精度なんてありませんから^^;

 

では、アイアンショットにおける、

距離と方向性を合わせる為に、

必要な事が何か?

 

と言う事ですね。

 

距離と方向性を合わせるには?

まずは距離についてです。

 

『7番アイアンの飛距離は?』

と聞かれると、

『150ヤード』

と答えるのが一般的です。

(男性の平均値だから)

 

でも、これって間違いです。

 

どうしてか?

きっとこの回答の150ヤードって、

”完璧なショットでの最大飛距離”

だからです。

 

それってつまり、

”毎回完璧なショット”

を打たなければならない訳です。

 

しかも、フルショットでしょうから、

毎回フルショットして150ヤードを、

正確に方向性も両立させるとなると、

相当難しい技術が必要になります。

 

そうじゃなくて、

7番アイアンで、

”一番正確に打てる”

この距離が重要なんです。

 

私の場合、7番アイアンだと、

今はキャリーだと150ありません。

 

トップもコンパクトだし、

フィニッシュもコンパクトです。

 

これが一番ストレスなく、

距離も方向性もブレが少ないので^^

 

もし150きっかりあるなら、

6番で抑えるスリークォーターか、

パンチショット、もしくは7番で、

グリーン手前か、あわよくば乗せる。

 

こんな感じです。

 

『7番だから150ヤード』

と言うのは、

『実は相当難易度が高い』

 

そして、それを目指してしまうと、

身に付けるまでに膨大な時間と、

恐ろしく練習が必要になる。

 

と言う訳です^^;

 

続いて方向性を合わせるには?

どうしたらいいのかと言う事です。

 

方向性を出す一番の方法は、

まず第一に最大距離を狙わない事です。

 

フルショットしてもOKなんですが、

問題は、フルショットと言うのが、

”最大飛距離を出すスイング”

だと勘違いしている事です。

 

前述の通り、アイアンは、

”正確に狙った場所に運ぶ”

のが仕事です。

 

つまり、アイアンのフルショットとは、

”方向性が保てる最大のスイング幅”

と言い換える事が出来ます。

 

つまり、一番安定して狙った所に打てる、

その限界の距離でのスイングが、

アイアンにおけるフルショットと言う事。

 

それ以上はやり過ぎになります。

 

だから、アイアンにおいて、

〇番で何ヤード飛んだとか、

何ヤード飛ばせるとかは、

何の意味もない事なんですね^^;

 

上級者になるほど、

アイアンの飛距離自慢はしません。

 

意味が無い事を知っているから。

 

”飛ばす”

事と、

”運ぶ”

事。

 

この意識が変われば、

一気にスコアアップします。

 

その為には、

アイアンショットで、

距離と方向性の精度を高める、

スイング作りと練習方法が必要ですね^^

 

と言う事で次回、

距離と方向性を身に付ける、

スイング作りをお伝えします。

 

ではでは。

 

アイアンの精度を高める練習とは?

 

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


オリジナルコンテンツ(完全無料)

◆◆◆たま吉通信:レボリューション◆◆◆

たま吉通信レボリューション


”たま吉通信レボリューション”

2,000名突破!!
【スイング作りからマネジメントまでトータルスコアアップ講座】


『ベストスコア更新!100切り!80台達成!!』
『スイングが激変した』
など喜びの声を大勢のメンバーから頂いております^^


家の中で毎日3分もあれば、
1カ月でボールを打てるようになりますし、
絡まりに絡まった糸がほぐれるように、
ゴルフスイングの真理が掴めます^^

無料で気軽に始めてみませんか?


無料コンテンツ多数プレゼント
・自宅練習虎の巻【上下巻】<テキスト>
・初心者脱却STEP講座<動画コンテンツ>
・ドライバーマスターステップ<動画コンテンツ>


これだけで有料教材並みのお墨付き^^
既に100切り多数。
80台達成メンバーもいます!!


詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^



2 Responses to “アイアンショットの最重要事項とは?”

  1. たま吉2世 より:

    「ショートアイアンの方向性」

    金井プロのレッスンを見ていて、私に取って初めての情報を得ましたので、多分ご存知かとは思いますが紹介します。

    前上がりや前下がりではなく、平坦なところからのスイングでも、ロフトが寝るショートアイアンでは、自分では完璧なスイングだと思っていても、この理屈を知らないと、何故か目標に対して左に飛ぶ(引っかけかと思う)ことが普通であることが分りました。まさに目から鱗です。
    これまでは、対処方法を間違って、右を向いたりヘッドを開いて調整しておりました。

    http://mjk.ac/JCQk4t916.1809482
    15:10位からです。

    なお、同じ番組の前半にもなるほどと思われる内容が紹介されておりますので、時間が許せばどうぞご覧ください。

    アドレスで背中が丸まっているプロが結構いますが、大切な理由があるのですね。

    • shin より:

      なるほどですね~


      ”視線の錯覚”

      確かにショートアイアンになるほど、
      ひっかける要素が強くなるのは、
      ロフト角、クラブが短い為返りやすい。

      と言った事は普段から念頭において、
      特にアプローチでラインを出したい時は、
      クラブフェースが返らないように、
      真っすぐ押し出す意識で打っていました。


      視線にも影響されていたのですね。


      フェースに乗せたまま真っすぐ打ちだすのは、
      経験で修正していましたが、これで理由がはっきりしました^^


      この動画は良いですね!

      FW・UTをセカンドで使ってミスするゴルファーは、
      一度見ておいて頂いた方が良いかと思いました。


      最下点の問題にも関係してくるのですが、
      動画はフェアウェイからのショットですが、
      ラフから打ち抜く場合でもコツがありますからね。


      フェアウェイは通常のアドレスでボールの位置を、
      微妙な傾斜に合わせて、動画の意識で打つのですが、
      ラフの場合、浮き沈みがある分だけ少し変化が必要ですね。


      ラフからFW・UTで打つ場合は、
      若干ハンドファーストでアイアンのイメージで打つと、
      球がラフで浮いている分、ミート率が上がりますからね。


      これも知っているか知らないかだけの話しですが、
      一度試して頂ければと思います^^


      たま吉

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

lgf01a201402051700


はじめまして!!

管理人の”たま吉”と申します。

家族とゴルフをこよなく愛する
どこにでもいるイチゴルファーです^^

30代のサラリーマンゴルファーのわたくしが、
80台を出した全てを悩めるゴルファーにお伝えしています!!


詳しいプロフィール



ご質問、ご相談はこちらの『お問い合わせ』からお気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

たま吉通信レボリューション

たま吉通信レボリューション

ゴルフは誰でもいつからでも上手くなる事は可能です^^

初心者ゴルファー大歓迎!!

ゴルフ上達に必要な事をここで全て明らかにしています。
お気軽にどうぞ^^

詳しくはこちら

80台を達成するには?たま吉流80台達成法

80台を達成するには?たま吉流80台達成法

初級者大歓迎^^

本気で80台を達成する為の、知識・マネジメント・スイングの作り方。

たま吉の全てがここに。

詳しくはこちら

ドライバーマスターステップ

ドライバーマスターステップ

『ドライバーが苦手』
『ドライバーだけ打てない』
『アイアンは打てるのに』

私の元には日々、切実な思いが寄せられています。

『その声に応えたい。』
と言う一心で新コンテンツを一から作成しました^^



これであなたもドライバーが得意クラブに変わります!!

詳しくはこちら

3カ月で初心者を卒業するなら

3カ月で初心者を卒業するなら

詳しくはこちら

『始めたばかりで、何したら良いかわからない・・・』と言う方へ

スコア120から80台を目指すなら迷わずコレ

スコア120から80台を目指すなら迷わずコレ

100切りから一気に80台を目指すなら!!
中級者から上級者へ一気に飛び抜ける必須教材。
ドライバーが強力な武器になる事間違い無し

レビュー詳細

100切りで悩むか一気に抜けるかの境界線

100切りで悩むか一気に抜けるかの境界線

ゴルフの王道スイング。土台を築く事が上達の鉄則。ぶれないスイング核作りの決定版!!シンプルこそ至高なスイング。

レビュー詳細

さらにマニアレベルに徹底解剖!!
もっと知りたい方はこちら^^

ゴルフシンプル理論徹底解剖

独学用ゴルフ教材一覧:購入済み

独学用ゴルフ教材一覧:購入済み

たま吉からのメッセージ

たま吉からのメッセージ

たま吉からあなたへ。

『ゴルフが上手くなりたい。けど何をすればいいのだろうか・・・。』

初心者も経験者も、誰でも今かでも遅くはありません。

もう一度トライしませんか?

メッセージはこちら

カテゴリー

FX

このページの先頭へ