たま吉です。

 

アプローチの記事を、

結構最近集中して書いています。

 

書いている内に、

『あっ!』

と思った事がありましたので、

短いですがお伝えしますね^^

 

と言うのも、アプローチが苦手で、

特にグリーン周りでのミス。

 

トップやザックリが多い場合、

打ち方の問題よりも、

別の問題があります。

 

それが、オープンスタンスの間違いです。

 

ただ左足を引くのがオープンスタンスだと、

そう思っていたら危険かも知れません。

 

見ていると、グリーン周りが苦手な方が、

共通してやってしまっています。

 

『アドレスに入る時』

 

いきなりオープンに構えて、

フェースをターゲットに合わせています^^;

 

これだとボールの位置も、

身体のラインもグリップ位置も、

全てズレてしまうはずです。

 

これではミスが出るのも、

必然と言えるくらいですからね^^;

 

まずは正しいセットアップ。

これを確立させましょう!

 

オープンスタンスのセットアップ

まずアプローチでオープンにする理由。

これは手元の通り道を確保する為です。

 

スクウェアの通常スタンスで、

足の幅を狭くすると、

どうしても手元が抜けません。

 

通り道が無くなってしまうので、

詰まったスイングになります。

 

それを少しオープンにする事で、

身体も回り、手も抜けるようになるので、

アプローチはオープンにする訳です。

 

正しいセットアップをしないと、

まずアプローチはミスしてしまいます。

 

逆に、正しいセットアップさえすれば、

簡単に打てるようになりますから、

オープンスタンスの意味を理解して下さいね^^

 

2つの取り方がありますが、

私が実践している方法をお伝えします。

 

やっても無い事を語るのは、

さすがに嘘になってしまうので・・・

 

1、まずはスクウェアに構える

2、ボールを中心に自分が反時計回りに動く

3、フェースを再度ターゲットに向ける

 

これだけです。

 

つまり、何が問題なのかと言うと、

自分とボールの位置関係。

 

これがズレるからミスが出る訳です。

 

この方法は、宮里道場でもやってて、

それからずーっとこの合わせ方です^^

 

こうすればスイングも変える必要も無いし、

いつも通りのスイングをするだけでOK。

 

あまり極端にする必要はありません。

 

前回お伝えしたように、

1本のクラブで打ち分けるだけなら、

オープンスタンスも度合いを決めて、

同じにする方が再現性が高いですから^^

 

アプローチのコツとは?

 

単純な話し、

手の通り道を作る事と、

スムーズな回転をする事。

 

これを確保する為のスタンスです。

距離が短い場合、どうしても必要な、

動作をする為のオープンスタンス。

 

ボールの位置関係を変えない。

これが正しいオープンスタンスの、

セットアップになります^^

 

是非取り入れてみて下さいね!

 

たま吉でした。

 

追記:アプローチが劇的に簡単に寄る方法

今までアプローチの教材で、

おすすめ出来る物がありませんでした。

 

一応紹介はしていましたが、

絶対に必要かと言われると、

『う~ん。。。』

と正直言わざるを得なかった訳です^^

 

ですが、ちょっとした出来事から、

アプローチのノウハウを作成しました。

 

今も私がやっているアプローチで、

すぐに身に付くシンプルで簡単な方法です。

 

こっちの方が私たちアマチュアにとっては、

必要だし確実だと言えますので、

この場を借りて紹介させて下さい^^

 

アプローチは練習方法も、打ち方も、

結構あいまいな部分が多いので、

私のノウハウメインでも良いはずです。

 

手にすれば確実にプラスですので、

この機会に取り組んでみて下さいね^^

アプローチ教材:特典付きレビュー

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^