たま吉です^^

 

以前にこちら。

>>どうしても手に力が入って打ち急ぐ人必見!!チカラの入れドコロ

 

こちらでも書いていますので、

後でも参考にしてみて下さいね。

 

さて本日は、

”アドレスでの力加減”

 

力を抜いても緩んでしまう。

かと言って力を入れても上手く打てないのは、

自分でもよくわかっているし・・・

 

とお困りのゴルファーもたくさんいるかと思います。

 

私もそうだったのですが、

力を入れろとか脱力しろとか言われても、

具体的にアドレスでどんな力配分で、

どこにどう力が入ったり入らなかったりするのか?

 

そのベストな感覚が掴めずに困っていました。

 

何て言うんですかね・・・

各体の部分の使用量みたいな事ですが、

仮にアドレスでの適度な力配分の総量が、

10あったとして、その10をどこにどれだけ割り当てるか?

 

これがさっぱり分からなかったので、

妙に全体が力んでしまったり、

一部分だけ力が入ったり抜けたり。

 

だったらいっそ完全に脱力だ!

と言ったら今度は緩みっぱなしで、

何とも締まりのないアドレスになる(苦笑)

 

『これではもっとダメだ・・・』

とアドレスでの力の配分を探していました。

 

以前に両脇を締める事。

アドレスでの右肘は骨盤を向くように、

グリップを下から握る事。

 

この2点をお伝えしていました。

 

確かにこの2点だけでもアドレスの形や、

意識的に出来る事ではあるのですが、

全体の内の2点のポイントでしか無いのも事実です。

 

そこで今回、アドレスでの力の配分と、

”力の使用量”について記したいと思います^^

 

 

アドレスでの力配分とは?

これはあくまで私個人の目安ですので、

参考程度に試して頂ければと思います。

 

まず一番気になる部分がタイトルにもあります、

グリップの力加減。

 

そして脱力すべき部分。

 

ですね^^

 

実はこのグリップの力加減と、

脱力すべき(力まない)部分。

 

ここがアドレスで意識出来れば、

ある程度は自然な力配分になる。

(バランス良くスイングする上で)

 

と私は考えています。

 

人間は上手く出来ているもので、

本能的にバランス優先で動いています。

 

傾斜でバランスが保てないのは、

こう言った理由もあるのですが、

つまりは動作よりもバランス優先と言う訳です。

 

ですので、グリップの力加減と脱力する部分が、

しっかりと作れていれば割と自然となるのですね。

 

では順に進めますね。

 

まずグリップの力加減。

 

これはある程度しっかり握ります。

 

グリップと言うとゆるゆると言いますが、

余りに力を抜き過ぎると、身体全体が緩んでしまい、

テークバックがスムーズに動けない事があります。

 

私はこのパターンです。

ですのでグリップはしっかりめに握ります。

 

ただまぁ、これも個人差はあって当然なので、

緩く握った方が良いと言う人もいます。

 

グリップに関してはスムーズに動ける事と、

自分に”違和感”がなく自然であれば、

それで全然構わないと思っています^^

 

問題はグリップの力加減うんぬんと言うより、

なぜ緩く握った方が良いと言われるのか?

 

この部分を掘り下げると本質が見えると思います。

 

緩く握った方が良いと言う事は、

逆に言えば強く握り過ぎてはダメだと言う事になります。

 

ではなぜ強く握る過ぎるとダメなのか?

 

肩が力んで”怒り肩”のように硬直するからです。

肩が力んで連動して背中の僧帽筋と言う筋肉。

それと肩甲骨当たりの広背筋。

 

ゴルフスイングに必要な体幹を使う筋肉が、

いずれも緊張して硬直してしまうのですね。

 

これではいくらスイングをしようとしても、

上手く打てるはずはありませんね^^;

 

ですので私はアドレスではこの2点。

 

グリップの力加減を毎ショット一定の力加減で握る。

(これは常に注意を払いますが難しいですね^^:)

 

それと肩(正確には首から肩に掛けて)と、

背中の筋肉群(肩甲骨周りと背骨周り)を、

いつでも動かせる程度に意識しています。

 

完全に脱力させてしまうと姿勢が保てませんし、

かと言って張っては硬直して柔軟に動けません。

 

姿勢が保てる程度に適度に意識する感じですね^^

 

そうすると下半身も姿勢を支えるように、

自然と適度な力感になります。

 

 

私の場合はこの方法で今のアドレスでの力感。

身体の各部分の使用量とか配分が一定になりました。

 

 

アドレスでの力配分にお悩みなら、

試す価値はあるはずです^^

 

参考になれば幸いです。

 

たま吉

 

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^