60yd以内に強くなれるアプローチとは?

たま吉です^^

 

上級者やプロなどは感覚や知識として、

”ウェッジの特性”

”アプローチの原則”

これらを理解しているからミスしません。

 

”バンスを使う”

とか、

”トゥダウンする”

などがそうですね。

 

『ザックリやトップが怖い』

 

アプローチが苦手と言う場合、

ほとんどはこの2大症状を恐れる訳です。

 

特にヘッドスピードが比較的早くて、

飛距離に自信があると苦手だったりします^^;

 

 

と言うのも私自身がそうだった事もあり、

以前にとあるシングルの方から頂いたのが、

『ヘッドスピードあるとアプローチが苦手だよ。』

と言う言葉でした。

 

今ならこの言葉の意味も理解出来ますが、

当時はなぜなのか?さっぱりでした(苦笑)

 

これは言葉で説明するよりも、

こちらの動画で見て頂いた方が、

シンプルに腹に落ちると思います^^

 

単にアプローチが苦手だと言うのは、

正直もったいないですし、

100切りも90切りも避けては通れません。

 

アプローチそのものの理屈を理解すれば、

決して難しい事では無いと言う事を、

知って頂ければと思います^^

 

 

アプローチを安定して打つには?

さて、動画をご覧頂いて、

ヘッドスピードが早いと苦手な理由。

 

ご理解頂けましたでしょうか?

 

ヘッドスピードが早い。

↓↓

タメが効いている。

↓↓

トゥアップにヘッドが入る

↓↓

ザックリやトップになる

 

簡単に言うとこうなります^^

 

なので、動画ではトゥダウンするまで、

アドレスを変えずにグリップだけ短く握る。

 

と言う事でしたね^^

 

ではさらにアプローチを安定して打つには、

何を意識しなければいけないのか?

 

この部分について補足しますね^^

 

アプローチの鉄則は、

”クラブと腕と身体の同調”

です。

 

つまり、絶対に手で打ちに行かない事。

 

身体の回転で打つと言う事になります。

 

これは色んな所で言われているので、

ご存知かと思います。

 

けど、クラブと腕と体を同調させるには、

どうすればいいのか?

 

言われても出来ない事もあるのではないでしょうか?

 

私は全く理解出来ませんでしたからね(汗)

 

『じゃあ具体的にどんな動きなの?』

『どう動けばいいの?』

『どんな状態でどんな感覚なの?』

みたいな^^;

 

これについては今の私なりの見解と言うか、

答えがあります。

 

とにかく難しい事はしない。

どれだけシンプルな動作にするか。

と言う事です。

 

絶対にミスしたくないアプローチでは、

難しさはそれだけリスクを伴います。

 

最低1打でグリーンに乗せる。

次にある程度寄せる事が出来るかイメージする。

最後に寄せワンを考える。

 

こう考えるとまずは”絶対にミスしない”が前提になります。

 

だから余計な事は一切せず、

”シンプルに再現性を高くする”

この一点にのみ集中しています。

 

ではどうすればシンプルで再現性の高い、

アプローチを常に打つ事が出来るのか?

 

ポイントは3つ。

 

1、両肘はほぼ身体にくっつけたまま、

2、下半身(両膝)を使い、

3、最初から左股関節に乗せて打つ。

 

この3つだけを意識しています。

 

まずアドレスですが、

最初から左股関節に体重を乗せています。

 

よく、左足荷重とか言われていますが、

それだけだと、下半身が使えずに、

結局手打ちを誘発する恐れがあります。

 

ですが、左股関節に乗った状態であれば、

両足を使わないと上半身の回転が難しいので、

私はこの打ち方が最も安定すると考えています。

 

そして両肘をほぼ身体にくっつけるように、

両脇をしっかりと上から乗せて締めます。

 

この張りが安定したストロークとブレない軌道を作ります。

 

この段階でアドレスは完成しますね^^

 

後は下半身を使ってスイングするだけですが、

ポイントは左膝の使い方です。

 

少し前に出すようにすれば自然と腰が回り、

次に肩が連動して回転すると思います。

 

徐々に回転運動の範囲が大きくなりますから、

自然と肩は腰よりも多く回転するはずです。

 

両脇を締めて両肘を身体にくっつけたままなので、

決してスイング軌道は変わりません。

 

動画でもありましたように、トゥアップしていませんから、

ザックリやトップも起こらなくなります。

 

後は打ち分けたい距離に応じて、

スタンス幅を変えたりスイング幅を変えたり、

オープンにしたりとアレンジは多彩になります^^

 

1つの”型”と理屈や原理さえ知っていれば、

距離も方向性もライ(ボールの状況)の状態も、

たったこれだけ知っていればいくらでも対応出来ます^^

 

もちろん練習場で色々試して練習は必要ですが、

やろうと思えば柔らかいボールで室内でも可能ですね。

 

シャドウスイングでもクセ付けも出来ます。

 

これで60yd以内のショートゲームや、

グリーン周りからのミスに恐れる必要ありません。

 

ショートゲームに自信が付けば、

それだけ安定感があるし、崩れませんからね^^

 

しっかりと物にして頂ければと思います。

 

たま吉

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^