たま吉クエスト:ゼロ

たま吉です^^

 

ドライバーのミスと言えば、

”スライス”が代表的です。

 

これはドライバーが最も長く、

ヘッドの形状が丸い形をしているので、

物理的にヘッドが返らない。

 

と言うのが根本的な理由です。

 

そしてドライバーの構えが出来ていないのと、

なぜそのアドレスになるのかが、はっきりしていないからです。

 

例えばアイアンのグリップエンドをお腹につけて、

真っ直ぐ伸ばした状態にします。

 

そこからフェースをスクウェアにすると、

グリップエンドを向きます。

 

 

これがハンドファーストになる、

そもそものアドレスでの理由になります。

 

では、ドライバーはどうか?

 

これは自分で是非納得して欲しいので、

あえて動画は乗せません(笑)

 

同じようにリーディングエッジを真上に向けて、

その状態のまま身体に近付けてみて下さい。

 

さて、身体のどの部分につきますでしょうか?

 

もちろん、それぞれのドライバーの種類によって、

若干の違いはある物の、ほぼセンターになると思います。

 

これはヘッドの形状がアイアンとドライバーで違うので、

よくよく考えてみれば当たり前の現象です。

 

ですが、手元の位置だったりボールの位置が、

どこにすれば良いのか分からない。

 

と言う場合も多いですし、そのせいで当たらない訳です。

 

 

つまり手元の位置と言うのは、

クラブによって変わりますが、

本来は自然に決まると言えます。

 

ではドライバーの話しに戻ります。

 

『それは分かったけど、結局どうすればいいの?』

となりますよね^^

 

ではここからドライバーの適正な手元のポジション。

こちらをお伝えします。

 

ドライバーの適正な手元の位置の決め方とは?

まずドライバーは最下点を過ぎてからインパクトが基本です。

 

アッパー軌道とか言いますが実際はレベル(水平)のエリアです。

 

言い方はともかくアイアンのように最下点手前の、

ダウンブローに打ち込むような事はありませんよね。

 

と言う事はボールの位置は左寄りであるべきですね^^

 

ここまでは良いでしょうか?

 

で、ゴルフはアドレスの位置に手元を降ろすので、

そこを支点として考えた場合の最下点は、

自然と最下点はグリップ位置の延長線上になるはずです。

 

つまりボールの位置とアドレスでの手元の位置は、

密接な関係があると言う事になります。

 

もし手元がアイアンのように太もも内側で、

ボールの位置がセンター寄りならどうでしょうか?

 

そうですね^^

”ダウンブロー”で打つ事になりますよね。

 

ではアドレスの手元の位置が、

ほぼセンターにあったとしたら?

 

最下点はグリップの位置になりやすいので、

ボールを位置はどうすれば良いでしょうか?

 

グリップの位置よりも左にあるべきですね^^

 

要はボールの位置はグリップより左か、

グリップの延長線上にあるべきだと言う事になります。

 

それを踏まえてアドレスを取ると、

グリップエンドはセンター付近か若干左。

 

ボール位置はそれより少し左か延長線上。

 

自然とこの位置に収まる訳ですね^^

 

こう考えるとドライバーのアドレスで、

今後は悩む事はなくなるはずです。

 

どんなドライバー(フック気味やストレートなど)でも、

クラブに合わせたアドレスが取れる事になりますからね^^

 

文字にするとややこしい感じがしますが、

実際にやれば簡単に理解出来ると思います。

 

 

ドライバーの構えを適正にする方法

マキロイアドレス

 

では実際にやってみましょう^^

 

まず身体の正面でドライバーを真っ直ぐ付き出します。

※最初の動画の感じです

 

で、次にリーディングエッジが真上を指すようにして、

その位置のままグリップエンドを身体に寄せます。

 

そこが実際にグリップする手元の位置です。

 

で、そのまま素直にヘッドを降ろして下さい。

ややハンドファースト気味のアドレスになるはずです。

 

そしてボールをセットすれば、

自然とグリップの延長戦上か、

若干左のボール位置となります。

 

これは個人差があるので微調整は必要ですが、

少なくとも5センチはフェースからボールを離します。

 

なぜなら、先ほども言いましたように、

”レベル(水平)か若干のアッパー軌道”

で、インパクトを迎えたいからですね^^

 

くっ付けてもレベル(水平)に近いですが、

飛距離を少しでも出したいので離す方が飛びます。

 

応用としてくっつけて構えれば、

低いボールが出ますので、

アゲインストの時は効果があります^^

 

これでドライバーの適正な手元の位置や、

ボールの位置もはっきり掴めたのではないかと思います^^

 

 

それでも当たらないと言う場合は、

他にも原因があります。

 

例えばアドレスの手元の位置が、

身体から離れすぎていたり、

左肩が開いていたりする場合ですね。

 

グリップも右手が開いていたり、

強く握り過ぎているのかも知れません。

 

ドライバーに関して詳しくこちらに書いていますので、

良かったら参考にしてみて下さいね^^

ドライバーが苦手・・・の方は必見です

 

 

では、たま吉でした^^

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ


”たま吉クエスト:ゼロ講座”

3,000名突破!!
【スイング作りからマネジメントまで完全網羅!!】


『ベストスコア更新!100切り!80台達成!!』
『周りに驚かれるほどスイングが激変した』
など喜びの声を大勢のメンバーさんから頂いております^^


実はスイング動作は家の中で毎日3分もあれば、
1カ月でボールを打てるようになりますし、
絡まりに絡まった糸がほぐれるように、
ゴルフスイングの真理が掴めます^^

無料で気軽に始めてみませんか?


無料コンテンツ多数プレゼント
・感想プレゼント:自宅練習虎の巻【上下巻】<テキスト>
・基本スイング作り<動画コンテンツ>
・ドライバーマスターステップ<動画コンテンツ>
・アプローチの鉄則<動画コンテンツ>
・スコアアップマネジメント
・たま吉クエストメンバーさんからのメッセージ


これだけで有料教材並みのお墨付き^^
既に100切り80台達成メンバーさん多数!!


詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^