始動直後からスイングプレーンに乗せるテークバックと、 トップからの切り返しを同時に身に付けるドリル

オンプレーンスイングは”始動直後”で決まる!!

たま吉です^^

 

”スイングプレーン”

聞いた事があると思います。

 

一般的にスイングプレーンとは、

かつてモダンゴルフと言う書籍で、

ベン・ホーガンが唱えた事で爆発的に広まりました。

 

その後、シャフトプレーンと呼ばれるプレーンも広まり、

現在ではスイングプレーン(ホーガン・プレーン)と、

シャフトプレーンの間を通るラインが良いとされています。

 

この図の線の間ですね。

プレーン

 

 

この線の間を通るのが良いスイングと言われても、

『そんなの分かってるし出来るくらいならやってるよ。。。』

と思うのは私だけでしょうか^^;

 

はっきり言って、そんなのやれと言われても、

いきなり出来るほど運動神経抜群でもないですし、

手でコントロールしたら手打ちだとか言われたら、

もうどうしていいか分かりません。

 

けどやっぱり線の間を通るのが良いと言う事は分かるし、

どうしたら出来るようになるのか?

 

大切なのはそこですよね?

 

実はこの線の間を通るスイングの軌道は、

”始動直後”で決まります。

 

そしてショッキングな事に、

一度外れてしまったスイングの軌道は、

途中で戻す事はほぼ不可能です。

 

厳密に言えば不可能ではありませんが、

私たちがやるにはシンプルにするのが一番です。

 

複雑な動作があると言うのは、それだけでスイング動作を難しくしますからね。

 

例えばジャック・ニクラウスなんかは、

典型的なフライングエルボーですから、

プレーンもへったくれも無いような感じです^^;

 

ですが、ダウンではしっかりとプレーンに戻っているので、

それで成立しています。

 

けど普通はそんなの現実的ではありませんから、

やっぱりシンプルに最初から最後までオンプレーンになる動作を、

身に付ける方が良いわけですね^^

 

逆に始動直後からオンプレーンであれば、

その後はずっと正しい軌道のスイングになるので、

私としては始動直後から乗せる方が良いと言う考えです。

 

では肝心のどうすれば始動直後からオンプレーンになるのか?

 

ですが、それをお伝えする前に、

連動してトップから切り返しの動作についても、

同時に身に付くドリルをご紹介しますので、

トップから切り返しを先にお伝えしますね^^

 

つまりこのドリルで身に付く事は、

始動直後からオンプレーンとなるだけでは無く、

トップから切り返しも一緒に身に付けられるドリル。

 

で、実はそれだけではありません^^

 

始動直後からトップ、切り返しの動作となるので、

バックスイングももちろん含むと言う事です!

 

結構良いと思いません?(笑)

 

要は一石三鳥ドリルと言う事ですからね。

 

 

始動からプレーンに乗せつつバックスイング、

トップから切り返しが同時に身に付きますからね。

 

しかもこれ、

『家の中で簡単に取り組める』

方法です^^

 

もちろん動作の感覚を掴むドリルですから、

実際にボールを打つ時には、

しっかりと意識するポイントもあります。

 

それもしっかりとお伝えしますので、

どうぞご心配なく^^

 

 

では、トップから切り返しについてお伝えしますね。

 

トップから切り返しの動作とは何か?

結構切り返しについては、

悩んでいる人も多いですよね。

 

私もその一人でしたけど(苦笑)

 

いくつか記事に切り返しについて書いていますが、

『もっと簡単に具体的に伝えられないか?』

と考えていました。

 

結局ゴルフスイングの動作は、

いかに無駄な動作を排除して、

自ずと打てる(当たる)動作にするか?

 

つまり、どれだけ再現性を高く出来るか。

と言う事だと思っています。

 

その為にはスイング動作(身体の構造や動き方)の、

理屈を理解する事。

 

そしてスイング動作の感覚を掴む事。

 

この2つだと私は個人的に考えています。

 

 

スイング動作は各パーツが全部繋がって、

一つの動作になりますから、

各パーツを独立して練習するだけでは繋がりませんし、

一連のスイング動作だけでも独立した動作が身に付きません。

 

中でも”切り返し”の動作と言うのは、

打ち急ぎや手打ち、下半身始動の勘違いから振り遅れなど、

身に付けるのが難しい動作の一つですからね。

 

 

ですのでそもそも、

”切り返し動作”

これが何なのかを理解する必要があります。

 

分からないから色々試してもしっくりこない。

と思います。

 

まず切り返しは下半身リードで間違いありません。

 

ですが、この表現自体が独り歩きしていて、

”ミスリード”をしている事も事実です。

 

・・・下半身。

 

一体どこを指して言っているのでしょうね?

 

まずこれが切り返しを難しくしている要因です。

 

それと、

腕や手を脱力する。

これも神話のように言われ続けていますね。

 

もちろん切り返しは手を振り下ろしたり、

腕だけでクラブを振ろうとしてはダメですが、

かと言って、

『ストンと真下に落とす』

などと言う世迷言のようなアドバイスでは到底無理です。

 

どこかで見たのですが、

『切り返しも身体と腕が同調する』

これは言い得て妙だと思いました。

 

日本人プロではあまり感じないかも知れませんが、

PGAツアーとか海外プレーヤーを多く見ていると、

何となく違いに気付いているかも知れません。

 

 

海外のプロで、切り返しでのいわゆる”間(ま)”

が全然無いように見えませんか?

(大好きなジェイソン・デイです^^)

 

もちろん全く無い事はありませんが、

スイング自体は一切止まっていませんよね?

 

逆に藤田プロは特徴的で、

トップでヘッドがピクピク見えますよね。

(本人はそんな意識は全く無いそうですが)

 

どう言うことかと言いますと、

簡単に言えばスイング動作が、

身体と腕(クラブ含む)が同調すればする程、

トップでの間は小さくなると言う事になります。

 

なぜかと言いますと、

本来は切り返しの動作と言うのは、

”あるポイント”さえ意識すれば、

半自動的に行われるからです。

 

ある種、

”自然発生的”

な動作なんですね。

 

腕を降ろすとか下半身リードを意識して振り遅れるとか、

そんな事を考える必要は全くありません。

 

”あるポイント”

この動作さえしてしまえば、

切り返しも完了する上に、

ダウンスイングの軌道も正確になります。

 

あるポイントの動作をするだけで、

”勝手に降りて来る”

と言うわけです。

 

ただこの動作をする為には、

アドレスにも秘密と言うかポイントがあります。

 

なので今回は始動直後からオンプレーン軌道にするのと、

一緒にお伝えする事になったわけです^^

 

始動直後にプレーンに乗せる為には、

ある条件があります。

 

その条件はアドレスにあるのですが、

まず手の平を正面に両手とも向けて、

その状態でクラブシャフトを手の感覚を空けて持ちます。

 

※詳しくは動画を最後に埋め込みましたので、

 そちらをご覧頂ければと思います^^

 

この状態でスイングを始動させれば、

プレーンは絶対に外れません。

 

両肘が腰骨を指しているアドレスだからですね。

 

こうすると、関節の構造上制約があります。

肘を内側に向けたまま始動すると、

関節が極まった状態になるので一方向にしか動かせません。

 

真っ直ぐ縦にしか上がらないのですね。

もちろん前傾して斜めになっているので、

真っ直ぐと言っても斜め軌道にはなりますが、

要は斜めに真っ直ぐと言う事です。

 

両肘を内側に向けたままトップまで行くと、

右打ちなら右脇は絶対に浮きません。

 

関節が極まっているからです。

 

そして手の力で上げる事も、

両手に間隔を空けて握っているので、

肩を回さなければトップまで上がりません。

 

この時点で理想に近いトップの形に、

必ずなっているはずです。

 

そうです。

つまりアドレスでのあるポイントとは、

両肘をしっかり腰骨に向ける事。

 

実際にグリップを握って打つ時は、

必ず一度手の平を正面に向けてから、

肘の向きがなるべく変わらないようにグリップします。

 

これで始動すればほぼ100%始動直後からプレーンに乗ります。

と言うかその方向にしか動かせない状態になります。

 

ここまで来れば後は切り返しのポイントですね^^

 

これは簡単です。

”トップで内側か前方に出た左足を元に位置に戻す”

これだけでOKです。

 

トップでは右打ちなら必ず左膝が若干内側か、

少しだけ前方に出るのが自然ですよね。

 

トップの状態から後はその左膝を、

アドレスの位置にそっと戻してみて下さい。

 

”何もしなくても”

その動作だけで、

”勝手に腕が降りて”

来ていませんか?

 

私のメルマガ無料登録でお配りするレポートでは、

”魔法の動き”

として紹介しています。

 

もっと詳しく知りたいと思って頂けたのであれば、

文末の下にありますので良かったら見て下さいね^^

 

 

切り返しと言ってもこれだけです(笑)

 

単にトップで左膝をアドレスの位置にそっと戻すだけ。

これだけでダウンスイングも正しい軌道で降りてきます。

 

信じられないかも知れませんが、

実際にやってみて貰えれば分かると思います^^

 

『おぉー!』

となるはずですよ(笑)

 

私は声に出てしまいましたから^^;

 

 

体験して頂ければご理解頂けると思いますが、

左膝をアドレスの位置に戻すだけで、

腰も連動して回り始め、腕も正しい軌道で同調して降りるので、

振り遅れる事はあり得ません。

 

まして腕で降ろす必要もありませんから、

手打ちになる事もありません。

 

そして無理やり下半身(?)で切り返さないので、

曖昧な動作では無く動かす部分が明確です。

 

以上のポイントを踏まえてドリルをやれば、

始動直後からオンプレーン軌道で、

更には切り返し動作も身に付き、

ダウンスイングの軌道も正確になります。

 

正に一石三鳥と言うわけです^^

 

 

1、手の平を正面に向けて両肘が腰骨を指す。

2、クラブでも何でも良いのでその形で両手の感覚を空けて持つ。

3、トップまで身体を回さないとクラブが上がらないようになっている。

4、切り返しは左膝(右打ちなら)をアドレスの位置にそっと戻す。

5、それだけで腕が同調して降りて来る。

 

この5つをこのドリルだけで感覚が掴めると言う事になります。

 

お得ですね!!(笑)

 

 

もし過去の私に教えられる物なら、

絶対にこの動作を含む無料レポートを読ませますね(笑)

 

 

それだけこの発見は私にとって大きな事でしたからね。

 

 

ではお待たせしました^^

一石三鳥のドリルをご紹介しますので、

是非取り組んでみて下さいね。

 

始動直後からオンプレーンに乗せて、切り返しを身に付けダウンも自動で軌道に乗るドリル

 

 

たま吉でした^^

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


オリジナルコンテンツ(完全無料)

◆◆◆たま吉流ゴルフ上達講座:スコア120~初心者向け◆◆◆

たま吉通信


”レッスン不要のたま吉通信”

祝!1,000名!!
【スイング作りからマネジメントまでトータルスコアアップ講座】


『ベストスコア更新!100切り!80台達成!!』
『スイングが激変した』
など喜びの声を大勢のメンバーから頂いております^^


家の中で毎日3分もあれば、
1カ月でボールを打てるようになりますし、
絡まりに絡まった糸がほぐれるように、
ゴルフスイングの真理が掴めます^^

無料で気軽に始めてみませんか?


無料コンテンツ多数プレゼント
・自宅練習虎の巻【上下巻】
・初心者脱却STEP講座
この2つをすぐにお渡ししています。


これだけで有料教材並みのお墨付き^^
既に100切り多数。
80台達成メンバーもいます!!


詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^


◆◆◆たま吉流ゴルフ上達講座:スコア100~120の経験者向け◆◆◆

メルマガ講座



”80台への道”
100切りに悩む経験者向きです^^
最短で100を切り、本気で80台を目指す本格派講座

詳細はこちら



スイング作りからスコアアップするマネジメント(考え方)まで。
私が80台を達成した全てを完全無料で公開中です^^

※自宅練習虎の巻:上下巻プレゼント
 (実践者からは大変好評です^^)

※ゴルフが上手くなるには何よりも基礎作り。
 スイングの土台と基礎作り講座
 (実はこれだけで100が切れる内容でもあります^^)

※新コンテンツ:ドライバーマスターステップ収録

DRMS


+50yd・スライスが治った・弾道が変わった。
周りに驚かれるなど多数の成果の声を頂いています^^

しかもたった1カ月、週1練習程度での結果です。

何も難しい事はしていません。
ドライバーが苦手だと言う99%のゴルファーが、
この間違いに気付いていないポイント。

それを直せばドライバーは誰でも得意になれるのです。

詳細はこちら



今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^



コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

lgf01a201402051700


はじめまして!!

管理人の”たま吉”と申します。

家族とゴルフをこよなく愛する
どこにでもいるイチゴルファーです^^

30代のサラリーマンゴルファーのわたくしが、
80台を出した全てを悩めるゴルファーにお伝えしています!!


詳しいプロフィール



ご質問、ご相談はこちらの『お問い合わせ』からお気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

レッスン不要のたま吉通信

レッスン不要のたま吉通信

ゴルフは誰でもいつからでも上手くなる事は可能です^^

初心者ゴルファー大歓迎!!

ゴルフ上達に必要な事をここで全て明らかにしています。
お気軽にどうぞ^^

詳しくはこちら

80台を達成するには?たま吉流80台達成法

80台を達成するには?たま吉流80台達成法

初級者大歓迎^^

本気で80台を達成する為の、知識・マネジメント・スイングの作り方。

たま吉の全てがここに。

詳しくはこちら

ドライバーマスターステップ

ドライバーマスターステップ

『ドライバーが苦手』
『ドライバーだけ打てない』
『アイアンは打てるのに』

私の元には日々、切実な思いが寄せられています。

『その声に応えたい。』
と言う一心で新コンテンツを一から作成しました^^



これであなたもドライバーが得意クラブに変わります!!

詳しくはこちら

3カ月で初心者を卒業するなら

3カ月で初心者を卒業するなら

詳しくはこちら

『始めたばかりで、何したら良いかわからない・・・』と言う方へ

スコア120から80台を目指すなら迷わずコレ

スコア120から80台を目指すなら迷わずコレ

100切りから一気に80台を目指すなら!!
中級者から上級者へ一気に飛び抜ける必須教材。
ドライバーが強力な武器になる事間違い無し

レビュー詳細

100切りで悩むか一気に抜けるかの境界線

100切りで悩むか一気に抜けるかの境界線

ゴルフの王道スイング。土台を築く事が上達の鉄則。ぶれないスイング核作りの決定版!!シンプルこそ至高なスイング。

レビュー詳細

さらにマニアレベルに徹底解剖!!
もっと知りたい方はこちら^^

ゴルフシンプル理論徹底解剖

アプローチが苦手なら特典詳細をご覧下さい!!

アプローチが苦手なら特典詳細をご覧下さい!!

『大切なのはわかってるけど・・・。』
アプローチの重要性に気付いたら!!

【とにかく難しさを捨てシンプルを追求した”実践派”アプローチとは?】

たま吉特典:シンプルアプローチ術

⇒レビュー詳細

独学用ゴルフ教材一覧:購入済み

独学用ゴルフ教材一覧:購入済み

たま吉からのメッセージ

たま吉からのメッセージ

たま吉からあなたへ。

『ゴルフが上手くなりたい。けど何をすればいいのだろうか・・・。』

初心者も経験者も、誰でも今かでも遅くはありません。

もう一度トライしませんか?

メッセージはこちら

カテゴリー

FX

このページの先頭へ