たま吉です^^

 

ゴルフはアドレスした向きに対して、

90度真横にボールを打ち出して、

それが”真っ直ぐ”になりますよね?

 

これは本来、かなり不自然な動作です。

 

真横が真っ直ぐですからね^^;

 

つまり、普通に打つだけでは、

ボールは真横には飛ばないと言う訳です。

 

真横に真っ直ぐ飛ばす為には、

スイング中に腕が返る(アームローテーション)

する事でフェースがスクウェアになります。

 

アームローテーション不要などと言った情報を、

たまに見かける事がいまだにある事は非常に残念です。

 

今も昔もどんなプロであっても、

100%アームローテーションしています。

 

むしろこの動作が無ければ、

ボールは真横に真っ直ぐ飛びません。

 

けど、この動作を強調して教えている、

レッスンも雑誌も情報もあまり見かけません。

 

それは、出来ている側からすれば、

自然で当たり前の動作だからです。

 

けれど、そんなの言わなければ、

絶対に気付けない動作ですよね?

 

この動作を言われないが故に、

いつまでも真っ直ぐ打てるようにならない。

 

と言っても過言ではありません。

 

私が見た中では唯一、

芹沢プロがこの点を指摘していました。

 

アマチュアに支持される理由も分かります。

 

ただ、アマチュアの私からすれば、

それでもまだ足りないと思っています。

 

つまり、アームローテーションの重要性が分かっても、

動作として出来るかどうかは別問題なんですよね^^;

 

 

『分かってるけど難しいし出来ない。。。』

では意味がありません。

 

 

ですが安心して下さい^^

 

実はアームローテーションとか、

手が返る、ヘッドが走る、ボールを捕まえる、

と言ったこの動作と言うのは、

意識的にやる動作では無い。

 

と言う事なんですね。

 

これは無意識での動作になりますから、

スイング中に腕をどうこうする必要はありません。

 

とても簡単でシンプルなんです。

 

と言うのも、人間には頚反射と言う反応があり、

これを利用すると誰でも自然にヘッドが返ります。

 

文字では何度かお伝えしていたり、

メルマガでも詳しくお伝えしていますが、

まぁ色々と考えるよりも実際に体感する方が早い。

 

と思いましたので、以下の動画を真似してみて下さい^^

 

これをお伝えしたとあるメルマガメンバーからは、

『やーっとレッスンで言われていた事が掴めました!!』

『この感覚かー!!』

と言う嬉しいご報告を頂けました^^

 

そのシンプルな方法とは、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

アドレスで顔をバックスイング方向に向けて、

そのまま素振りしてみる

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

です。

 

 

論より証拠。

 

家の中で簡単に出来る事なので、

一度試してみて下さいね^^

 

これでボールが捕まり真っ直ぐ飛びます!

 

 

たま吉

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^