たま吉です^^

 

『どうしても右手で強く振り下ろしてしまう・・・』

 

と言う悩みがあると思います。

 

 

ゴルフスイングは右手で切り返したり、

右手を必要以上に強く振ってしまうと、

様々なミスを引き起こしてしまいます。

 

ダフリはもちろん、トップ、シャンク、

フィニッシュまで振り切れないとか、

右足に体重が残ってしまうとかですね。

 

これは実際試してみて頂ければと思いますが、

右手を使って思いっきりスイングするのと、

左手一本でスイングすると一目瞭然です。

 

左手一本だと、簡単にフィニッシュまで、

綺麗に振り抜けるはずです。

 

この事からも明らかな通り、

右手を使い過ぎると全てを崩してしまいます。

 

 

『そんな事は分かってるよ。。。』

『だから何とかしたいのに出来ないから困ってる。』

 

と言った感じですよね?

 

 

でも実は非常に簡単に解決する方法があります。

 

しかも今すぐ誰でも出来るシンプルな方法です。

 

では、早速その方法をお伝えしますね^^

 

 

強制的に右手の力を封じる方法とは

これは実際にこの場で出来るので、

是非やって頂きたいと思います。

 

力の入り方を体験すればすぐに分かりますので^^

 

 

まず、右手の手の平をパーにして広げて下さい。

 

で、ここからが実験になるのですが、

薬指だけで全力で握ってみて下さい。

 

どうですか?

 

全然力が入りませんよね?

 

では次に中指と薬指で全力で握ります。

 

先ほどよりも力が入りますね。

 

じゃあ今度は小指も一緒に、

中指・薬指・小指で全力で握りましょう。

 

かなり強く握れますよね?

 

最後に人差し指を加えて握る力の入れると、

先ほどとは全然力の入り具合が変わりませんか?

 

特に中指・薬指だけで握ったときの力と比べると、

かなり違いを体感出来るかと思います。

 

 

これは使う腱が違うので、そうなります。

 

薬指と小指の神経は同じ神経なので、

小指だけを動かすのは難しいんですね。

 

 

これが右手の使い過ぎや力の入れ過ぎを、

どう防ぐ事になるのかと言いますと、

 

右手のグリップの基本は、

中指と薬指の付け根でグリップを引っかけますよね?

 

つまり、強制的に右手の力を封じる握り方なんです。

 

けど無意識的に飛ばしたいとか、

打つ意識があったりすると、

知らずに小指や人差し指、親指でも、

グリップの際に力が入ってしまいます。

 

本来は、中指と薬指だけで握れば、

どんなに力を入れても入り過ぎたりはしません。

 

それなのに、右手に力が入ってしまうのは、

人差し指や親指、小指でも握っているからになります。

 

 

特に、小指の力感は非常に重要で、

小指に力が入った瞬間に一気に握力が強くなります。

 

 

インターロッキンググリップの場合、

強く握りやすいので、注意が必要です。

 

オーバーラッピングでも、

グリップがスイング中動いてしまうとか、

人差し指と親指で強く握ると、

途端に力が入りやすくなります。

 

カラクリを知ってしまえば、こんな簡単な理屈ですが、

ほぼ間違いなく、無意識的に不要な指でも握っています。

 

そして、この右手グリップの利点は他にもあります。

 

どうしても切り返しで打ち急いだり、

タイミングが取れないと言う事がありますよね。

 

これもつまりは、右手で強く握っているからで、

左手一本でスイングする場合は、

打ち急ぎもありません。

 

タイミングも左手一本で急に振り下ろせないので、

自然と自分に合ったタイミングで切り返す事になります。

 

 

私はインターロッキングでグリップしますので、

アドレスでは常に右手小指を意識します。

 

ただ、全く使わないとなってしまうと、

それはそれでスイングに力が無くなるので、

適度な力感は必要だと思っています。

 

 

では、どうやって感覚を掴むのか、

その方法についてお伝えしますね^^

 

 

右手の理想的なグリップの強さを見極めるには

まずは自分自身で、どの指に力が入っているのか?

それを把握する必要があります。

 

インターロッキングなら大体は小指ですね。

 

オーバーラッピングだと小指の力は抜けますが、

不安定さを解消する為に無意識的に、

親指に力が入りやすい傾向にあります。

 

これは何となく分かると思います。

 

で、実際にしっくり来る力感を見つけるのですが、

これは素振りで十分です。

 

小指を離してスイングしてみる。

人差し指を離してスイングしてみる。

親指を少しズラしてスイングしてみる。

 

かのボビージョーンズは、

人差し指を伸ばしていたと言われていますね。

 

小指を軽く浮かすグリップをするプロもいます。

 

 

この辺の匙加減はそれぞれ違いはありますが、

大体は小指か親指に行き着きます。

 

 

ですので、右手で強く振り下ろしたり、

強く握り過ぎていると言う場合は、

こういった理屈を理解していれば、

意識一つで簡単に解消すると言う訳です^^

 

 

力を入れたくても入らない指の使い方ですね。

 

中指と薬指だけで握るようにすれば、

不要な力は入れたくても入りません。

 

 

 

是非一度試してみて下さいね^^

 

 

 

たま吉

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^