たま吉です^^

 

私が直接スイングからラウンドスキル、クラブ相談までも、

トータル的にフルサポートするTQCマスターズクラブコミュニティでもやはり、

まず直面するのがドライバーに関するご相談ですね。

 

 

もちろん問題点は個人で違いますし、改善策もまた違って当然です。

ゴルフスイングに唯一絶対の方法など無くて、あるとすればそれは、

”個人にとって最適なスイング動作であり感覚”

でしかありません。

 

 

ですからTQCマスターズクラブでは、個人に最適な方法(スイング)を見つけて、

そこからアドレスやグリップ、ボールの位置を個人のスイングの個性に合わせて頂いています。

 

そのほうが簡単ですよね?

 

スイングをあれやこれや色々と弄ったりしても、

いつまでも一つの形として形成されませんし、

出来たとしても継ぎ接ぎだらけで安定しません。

 

 

それなら自分に合ったスイングをベースにして、

ミスショットの原因になっている極端なエラー動作を改善したら、

後はアドレスやグリップをスイングに対して適正にすれば簡単ですよね?

 

世界のトッププロであっても、往年のスタープレーヤーにしても、

世界中どこを探しても一人として同じアドレスやグリップ、スイングなどしていません。

 

 

本質的な部分は共通していますが、表面的な事は違って当たり前です。

なぜなら、ゴルフは使う道具の形状は基本的に全く同じだからです。

 

シャフトにグリップがあってそれを握って、シャフトの先にヘッドがあって、

地面もしくはティーアップしているボールを打つ行為は一緒ですよね^^

 

地面にあるボールを同じ形状の道具(クラブ)を使って打つ事が同じ以上は、

本質は何ら変わらない。と言うわけです。

 

 

ただ、その地面だったりティーアップしているボールを上手く打つ方法は、

人それぞれやり易いやり方があるのです^^

 

構えた時の形も、クラブを握った時の形も、ボールの位置も、意識の持ち方も。

 

簡単な話し、

・ゴールが見えない実態が存在しないスイングの理想形をいつまでも追い求めるか?

・自分にとって最適なスイング動作にアドレスやグリップ、ボールの位置を合わせるか?

この2つなんですね^^

 

クラブヘッドにボールが当てられたらそれで良いんです(笑)

極端な話し、当てられるのであれば、そこから方向性を作る時に、

アドレスやグリップ、ボールの位置を最適化してあげればOKです!!

 

 

これは、たま吉クエスト:ゼロ講座で詳しく解説していますが、

ゴルフは当てる事と方向性を同時にやろうとしてしまうと難しいのです。。。

 

最初にも言いましたけど、スイングなんて本当に人それぞれです。

 

それでも上手く打てる人なんてゴマンといますよ^^

 

 

例えば谷口徹プロは、基本のアドレスから見たらかなりクローズです。

スタンスラインが右を向いていても、ボールはしっかりフェアウェイをキープしていますし、

今でもレギュラーツアーで優勝したりもしてますからね!!

 

 

そんなプロを見て、

『スタンスがクローズ過ぎるからスクウェアにしましょう。』

なんて的外れなアドバイスをするレッスンなどあり得ませんね(笑)

 

谷口プロからすれば、余計なお世話以外の何物でもありません。

 

他にも、松山英樹プロを見て、

『フォローで左肘を抜いているから、しっかり畳むようにしましょう。』

なんて言ったら苦笑いされるだけですね。

 

 

世界の青木会長に向かって、

『パッティングはパチンと当てると距離感が合わないのでストロークしましょう。』

とか言う人がいたら大変です(笑)

 

 

これは何もプロに限った話しなどでは決してありません。

 

 

今ご覧のあなたにも同じ事が言えるわけです^^

 

 

最新の科学とテクノロジーが導き出した答えとは?

最新のスイング解析マシーンが導き出した答えは、

これまでのゴルフの常識をことごとく覆し始めていますよね。

 

ショットの方向性を決める要素だったりとか、

スイング動作を構成する体の要素とか、

スイングプレーンもそうですね。

 

 

特にスイングプレーンなんて言うのは、

アウトサイドインを極端に嫌って強制する感じがありますが、

インサイドアウトでもアウトサイドインでもどちらでも構いません!!

 

それこそ個性です^^

 

インサイドインが理想とされますが、確かに理想であるのは事実ですが、

少しでもスイング軌道が変わればアウトサイドインにもインサイドアウトにもなり得ます。

 

なので、いくらインサイドインが良いとは言え、

それを毎回再現すると言うのはちょっと現実的では無いわけですね。

 

であれば、それこそ個性の話しで、本人にとってアウトインが最適なら、

それでスイング作りをしてしまえば良いです^^

 

 

インアウトのスイング軌道が最適ならそうすればOKですね^^

 

 

このように、今やゴルフ界には新たなスイングセオリーが出来上がりつつあります。

 

もはや、既存の情報や方法では限界が来ていると私は思っています。

 

 

当てる・真っ直ぐ・遠くまで。は極めて難しい。

そして今回のテーマである、

『ドライバーがまともに当たらない共通点』

と言うのは、もう先に言ってますが、

『当てる事と方向性を同時にやろうとしている。』

です。

 

 

もっと言えば、そこにプラスして、

”飛距離も出そうとしている”

も加われば、難しいに決まっています^^;

 

 

上手くヘッドのスイートスポットで当てつつ、

しかも方向性も真っ直ぐで、さらに距離も出したい!!

 

これを毎回狙って出来たら、人間業では無いです(笑)

 

 

ですから少し発想を転換する必要がありますね^^

 

 

例えば、当てる事が割と出来る段階であれば、

とにかく飛距離は一旦外に置いておく事をお勧めします。

 

優先順位を付けるとしたら、

1、当てる

2、方向性

3、飛距離

これで全部を求めるのでは無くて、

優先順位と優先比率を考えてみてください^^

 

 

1、当てる:比率70%

2、方向性:比率30%

3、飛距離:比率0%

 

だとしましょう。

 

 

そうすると、まず当てる事が最優先で最重要になります。

次に方向性は、多少曲がってもフェアウェイじゃなくてもOKで、

距離は完全に求めていない状況なので150ydで十分とします。

 

 

こうなるとセカンドが厳しくなるとか、アイアンに自信が無いとか、

そう言った話しになりがちなのですが、そんな事ありません^^

 

 

そこからは単にマネジメントの話しになりますから、

グリーンを狙ってパーオンさせる必要など無いのです。。。

 

 

100を切ったり80台のゴルフに必要なのは、

パーやバーディと言った事よりも、まずは大叩きを減らす事。

 

そしてボギーを増やしてダボ以上を減らす事です。

 

 

つまり、ドライバーは何よりも、

”生存率を最優先”

で考えるべきだと言う事になります。

 

上手く当てて、方向性も良くて、しかも飛んで、

それを毎回なんて考えを、まずは転換しなければならないわけですね!!

 

 

それと、言われたく無いとは思いますが、、、

 

 

”150ydを毎回しっかり当てて方向性良く打てないのに、200yd以上なんて打てません。”

 

 

です^^;

 

 

考えてみれば当然ですが、たった1mのパターですら真っ直ぐ打てるかと言うと、

実は打てないと言う場合が多いわけです。。。

 

 

1mの転がすだけのパターでも真っ直ぐが難しいのに、

200yd以上でそれを実行するのがどれだけ難しいか、、、

 

 

簡単に想像出来ますよね。

 

 

この時点で既に、自分からとんでもなく難しい事を、

練習場でもコースでもやろうとしているわけです^^;

 

 

 

TQCマスターズクラブ会員さんでもいらしたのですが、

”あの日の一打”が忘れられずに、どんどんスイングが崩れてしまっていました。

 

 

”もっと上手く当てたい”

”もっと方向性を安定させたい”

”もっと飛距離を出したい”

 

結果、スイングにはエラー動作が満載。と言う状況になっていたのです。

 

 

スイングバランスを極端に崩してしまっていましたからね^^;

 

 

でもこれはすぐに改善されますから心配はしませんでした(笑)

 

 

ゴルフは狙った場所に、精神や思考、スイングをコントロールして、

いかに打ってボールをそこに近づけるか?もしくはカップインさせるか?

その打数と競う”ゲーム”です。

 

 

ドライバーで振り回して250yd飛んだとしても、

そこから5打で上がればパー4ならダボです。

 

 

でもドライバーで150ydで十分だとして、

残りが200ydあったとしても、UTで120ydくらいを目安に、

ミスしても良いから前に進んで、残り80ydをこれまたミスしても、

50yd前に進めば残り30ydです。

 

この時点で4打なので、これも2パットでダボですが、

アプローチで上手く寄せられたらボギーの可能性があります。

 

 

まぁ計算の上での話しですが、理論上は可能なんですね。

 

 

無理に狙ってドライバーOBのリスクも負って、

さらにセカンドでグリーンを狙ってまたOBなどのリスクを負うのは、

ギャンブルゴルフであって、戦略も何もありません(笑)

 

 

個人的にはこうしたゴルフも嫌いでは無いのですが、

それだとスコアはいつまでも縮みませんからね^^;

 

 

なのでまずはスコアが出せるゴルフと言うものを、

是非身に付けて欲しいと思っています。

 

 

 

この辺のマネジメントとスイング、そしてスコアメイクについても、

たま吉クエスト:ゼロ講座では全てコンテンツ化していますから、

続きはそちらでご覧頂けれれば^^

 

 

 

ドライバーマスターステップや基本スイング構築講座、

アプローチとこれら全てが繋がるマネジメントまでありますよ!!

 

 

 

と言う事で今回のまとめです。

ドライバーがまともに当たらない共通点とは?

 

”上手く当てる(打つ)”

”方向性を安定させる”

”飛距離も狙っている”

 

 

この3つを同時に、しかも毎回再現しようとしてしまっている。

 

 

 

と言う事ですね!!

 

 

長々と説明しましたけど、単純にこれだけです(笑)

 

 

そして、スイングはこうしなければならないと言う、

既存のゴルフ理論による固定観念や先入観のせいでもあります。

 

いくらスイングを極めようとしたところで、

毎回同じになる事はありません。

 

動作と言うのはそれほど曖昧で不確かな物なのです。

 

でも、グリップやアドレスの形をスイングに合わせて、

ボールの位置も自分に最適化する事はそんなに難しくありません。

 

止まっている状態で出来る事ですからね(笑)

 

 

動作を変えたり毎回同じようにするのは困難なのは、

それが動的な事だからです。

 

けど、動く前の静的な事だったら簡単ですよね!!

 

止まっているからいくらでも直せますし^^

 

現代ゴルフの常識では、

スイングは基本的な要素さえ満たしてしまえば、

そこから先は個人にとって最適化すると言う方向にシフトしています。

 

いつまでも、ありもしない一つのスイングの形など追い求めていません。

 

個性を大切に、やり方では無く、個人の在り方でのスイング作りです。

 

 

ですから、とにかくまずは当てる事だけを優先して下さい。

そして方向性はある程度であればOKですし、距離はずーっと後です。

 

 

飛ばしたい気持ちも分かりますし、それもゴルフの醍醐味ですが、

初めて100が切れたとか80台が出せた時の喜びの比じゃありませんよ(笑)

 

 

 

そろそろ色んな情報や私が毎日お届けしている内容について、

腑に落ちている頃なので、TQCマスターズクラブ会員さんが、

100を切り80台が出せる日も近いと確信しています^^

 

 

そして、一部ですが、コミュニティ内での内容を、

こうして共有出来ればとも思いますので、

ちょくちょく見に来てもらえると嬉しいです^^

 

 

それか、早くもっと詳しい内容と、自分だけのスイングを作って、

ドライバーからアプローチ、マネジメントまでマスターしたい場合は、

以下のたま吉クエスト:ゼロ講座でいつでもお待ちしてますね!!

 

 

 

 

 

 

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^