たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^

 

たま吉です^^

 

 

うまく打てた・打てなかった。

その原因も理由も実に様々ありますし、

解決策もゴマンと溢れています。

 

ですが、大元を辿れば行き着く先はアドレス(ポスチャー含む)とグリップ。

 

 

これは一貫してずーっと主張し続けている事の一つです。

 

 

グリップに関してはまた別途お伝え出来ればと考えていますが、

”どのグリップが正解か?”は考えても仕方がない部分があります。

 

 

グリップはどんな握り方でも良いとまでは言いませんが、

”最終的にどうしたいか?”

”どうなったらベストか?”

によって作られる部分があります。

 

 

あくまで最初は暫定的にで良いのでしっくりくる握り方でOKです^^

 

 

もちろん極端なストロングとかウィークにしないのは言うまでもありません。

 

 

その上で、自分のスイング特性だったり求めるショットや弾道、

精度によって微調整して最終的に作り上げる。

 

グリップは握り方を少し変えるだけでも、

スイングを変えるより遥かに簡単に弾道を変える事が可能ですからね。

 

 

そしてこれはアドレスにも同じ事が言えます。

 

 

実際に私が直接スイングアドバイスをする時に、

最初に一番じっくりと徹底的に見る部分があるわけですが、

それがアドレスでありポスチャーなんです^^

 

 

そもそもですが、

アドレスが毎回構える度に違ってしまっていたり、

押さえるべき基本が出来ていなかったりすれば、

スイング動作にも影響を及ぼすのは当然ですね!!

 

 

上手い人って構えた時になんとなく雰囲気がありますし、

”打てそう”なアドレスをしっかり取っていると思います。

 

 

これはやっぱり基本的な部分をしっかりと押さえられているからです。

 

 

どうしてもミスショットしたり上手く打てなかったりすると、

スイングに原因を求めてしまいがちですが、

実際にはスイングの要因は極めて限られています。

 

 

スイング動作でエラーが出てしまっている原因が、

そもそもアドレスにある事が本当に多いですからね^^

 

 

つまり、

”アドレスさえ先に修正すれば、同時にスイングのエラーも改善する”

と言うケースがかなり多いです^^

 

 

例えば先日もご紹介しましたが、足の裏の荷重位置だったり、

前傾する時の骨盤の使い方や二の腕を胸の上に乗せる動作や、

顔の向き、両肘のポジションなどですね!!

 

 

これらのいずれかを少し適正なポジションにするだけで、

スイング動作を変えなくても適正な動作に繋がる事は実証済みだったりします^^

 

 

現在運営中のたま吉クエスト:ゼロ講座と言うメール講座でも、

アドレスとグリップの重要性に言及していて、

その重要性に気が付かれたメンバーさんはすぐに改善にされたりしています。

 

 

どうしてもいつまでも上手く打てないとなると、

スイングのどこかに原因を求めてしまったり、

”ショットの結果”に対してリサーチしてしまいますよね^^

 

 

スライス原因

ダフる理由

トップなぜ?

引っ掛けない方法

 

などなど。

 

 

当然と言えば当然なのですが、

せっかくこの記事をご覧になって頂いてますので、

もっと突っ込んだ情報をお伝え出来ればなと思います^^

 

 

 

突き詰めてしまえば、スイング動作を作るのはアドレスとグリップで、

特にアドレスの時点で決定付けられている部分が多く存在します。

 

 

例えばスライスする原理としては、

プッシュアウトスライス(右に出て更に右に曲がる)の場合、

インパクトでフェースが開いて当たり、

そこからヘッドがイン方向に抜ける事で起きています。

 

 

これはスイングが原因になっている要素もあるのですが、

そもそもアドレスでミスになるべくしてなっているケースも多いですね^^

 

 

これはダフリもトップも引っ掛けもあらゆるミスに通ずる話しで、

必ずまずはミスの原因をアドレスとグリップから考えるようにしています。

 

 

スイングに原因を求めるのはアドレスとグリップを見てから!!

これがたま吉流の鉄則ですね^^

 

 

ですので今ご覧になっている方には、

”最初に疑うべきはアドレスとグリップ”

これをクセづけて頂けたら嬉しいです!!

 

 

 

要するに、

とにかくアドレスとグリップでの原因を最初に消してしまう。

これが大事なんです^^

 

 

スイング動作にばかり目を奪われてしまうと、

ともすれば堂々巡りに陥ってしまって結局解決せずに、

いつまでもスイングの迷路に迷い続けてしまいがちです。

 

 

スイングのここかな?あそこかな?それとも違う動作なのかな?

みたいな感じですね^^

 

 

でもちょっと視点を変えてみて、アドレスとグリップに目を移したら、

スイング動作の細かい箇所を追い求めなくても良いわけです。

 

 

考えてみれば、あの一瞬のスイング動作の細かい部分部分を修正するより、

アドレスやグリップを修正するほうが圧倒的に簡単ですよね^^

 

 

動作を何とかしようとしても動きをコントロールするのは至難ですが、

まだ動作に入っていない段階のアドレスやグリップならいくらでも直せますから!!

 

 

動いている最中を修正するか?

動く前の段階を修正するか?

 

 

どう考えても動く前の段階のほうが簡単だしすぐに変えられるわけです^^

 

 

そしてアドレスとグリップから見直す事のメリットは、

即効性があって特効薬になり得る事ですね^^

 

 

今までいくらスイング動作の部分を修正しようとしても出来なかった事が、

アドレスやグリップを見直しただけですぐに解決したなんて事例も山ほどあります。

 

 

ここに気付けたのは私にとっても大きな転機になっていて、

それがそのままマスターズクラブのイズムとしても受け継いでいます^^

 

 

 

アドレスとグリップがスイングを作る。

そして、

良いスイングは良いアドレスと良いグリップからしか成らない。

常に私が戒めている事です。

 

 

 

最近も新たな会員さんを加えてスイングアドバイスを開始してますが、

やっぱり最初はアドレスとグリップですね^^

 

 

最初にアドレスとグリップを整えてしまえば、

スイング作りは圧倒的に早く仕上がると言うのは、

この数年を通じて目の当たりにしている事実です。

 

 

念願の100切り達成も憧れの80台達成も、

全ては最初のアドレスから始まりました。

 

 

 

アドレスを制する者がスイングを制する!!

 

 

大げさに聞こえるかも知れませんが、

これまで培った経験と実績から得た確かな事実だと確信しています^^

 

 

 

 

あ!!

大事なことを言いそびれてしまいました(笑)

 

 

その大切なアドレス作りのマニュアルですが、

たま吉クエスト:ゼロ講座で動画で作り方を一から説明してますので、

そのまま順番にやって頂けたら自動で適正なアドレスが作れますよ!!

 

 

 

もちろんそれだけでは終わりませんので、

良かったらご登録下さい^^

 

 

 

最近も登録者さんが増えて嬉しい限りです!!

 

 

既に正確な人数は覚えてませんが3,000名になるくらいだと思います^^

 

 

 

では!!

 

 

たま吉

 

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^