パターでどこまで打てるかやってみる

たま吉です^^



 

パターの練習と言えば、以前記事にしましたが、

 

パター練習 決まりは無いをどうぞ^^

 

実際問題パターの練習と言えば、室内のマットですよね?

練習場所があれば良いんですけど、毎日となると家が良いです。

 

ですが、そんな練習もつまらない!!

と言う事で、こんな時じゃなきゃ絶対やらない事をやってみましょう^^

 

パターの目的と真逆をあえてやってみる

 

パターの目的は、狙った穴に入れる事ですよね。

つまり狙いを定めて、方向と力を調節して打つ訳です。

 

練習場の打席でパターを持ってる人を見た事ありますか?

私はしばらくやってました(笑)

 

パターのストロークで最大の振り幅と力でどれだけ飛ぶか?

それを知りたいのと、最悪転がした方が、前に進むんじゃないか?

ミスよりそっちの方が簡単そうだ!そう思ったんです。

 

結構飛びますよ?80ヤード以上行きますね。

 

意味あるの?そう思われるのも仕方ありません。

そうですよね^^;

でも大事なのはそこじゃなかったりします。

 

あえて、目的と違う事をやってみるのが大事なんです。

ドライバーでアプローチでも何でも良いんです。

 

意外な発見がそこにある事を知るのが意味なんです。

 

例えばパターですが、そんなに転がると思ってました?

せいぜい50ヤードくらいじゃないですか?

それって58°のウェッジと変わらないですよね。

 

80ヤードなら56°とかと変わりません。

なら、広いグリーンのエッジからとか、

ラフからコロがすときの力加減て分かりますか?

 

上げるよりコロがす方がミスが少ないですよね。

その距離が30ヤードあったらどうしますか?

 

グリーン周りのミスって本当に多いですし、

上げて落として転がす距離感て難しくないですか?

 

前に書きましたが、そっちのイメージが湧く人はそれで良いですが、

それでもコロがすほうがミスは少ないはずです。

 

そんな時、パターの全力の練習が意味のある事に繋がります。

全力で打ったり、50ヤード狙ったり、30ヤード狙ったり、

色んな練習を試したとします。

 

コースでどちらを選びますか?

ウェッジを選択しますか?パターを選択しますか?

 

つまり、いつもはウェッジしか無い選択肢が、

パターもあるよ!に変わりますね^^

 

どっちの方がミスをせず、正確に寄せられるか?

バリエーションが増えてる事になりませんか?

 

この選択肢の多さが、安心感を与えて良い結果になっていきます。

 

有名な話しで、タイガーウッズが高速グリーンのエッジ外から、

手前のピンで下りのラインを5ウッドを使ってた時期があります。

 

ウッドならロフト(クラブフェースの角度)があり、

アプローチすると少し浮いてギリギリに落とせるからエッジの芝目は関係ありません。

更に、スピンも少量かかる為、ボールの勢いが相殺されて止まります。

パターの場合だと、順回転の為止まらずに下りを勢い良く通り過ぎてしまいます。

 

どうでしょうか?極端な例かも知れませんが、

ゴルフはどのショットでどのクラブで打っても良いんです。

 

その時その時の状況によって色んな事が起こります。

バリエーションが豊富な方が最適解を選べます。

 

1つのクラブで出来る事は限られます。

しかし、選択肢が多ければそれだけ出来る事も増えますよね。

 

「どうやればこのクラブで打てて、良い結果になるのか?」を考えるのか、

「最適なショットはどのクラブで、どの方法が簡単か?」を考えるのか。

 

難易度は前者の方が圧倒的に高いと思いませんか?

 

コースに出ると、色んな信じられない事がいっぱいありますよね^^

その時に対応出来る為には、普段から普通じゃない練習も必要なんですね。

 

木が邪魔でサウスポースタイルでしか打てない時にどうしますか?

グリーン周りのディボット跡にボールが入っていたら?

 

あなたならどのクラブでどう打つのが一番簡単で一番良い結果なるのでしょうか?

アイアンで綺麗に当てて打つのが難しかったら、面の広い当たり易いクラブで、

少し当てるだけで結構飛ぶし転がるクラブの方が失敗しなのではないでしょうか^^

 

お試しあれ!!

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^