ウッドにすべきかユーティリティにすべきか?

たま吉です^^

たまにはクラブ選択についても書いてみようと思います。

決して意味ない事じゃないですよ(笑)。

クラブ選択だってスコアに関係しますからね。。。



 

本質は変わらない

 

ゴルフスイング自体は、全ての番手において基本は同じです。

前傾角度と、ボールの位置が違うだけで後は同じであるべきです。

 

であれば、ウッドでもユーティリティでも好きなので構いません。

結論から言えばこうなってしまいますが、それじゃあ答えになりませんね^^;

 

でも、クラブによってどうこうって言うのは、

違うくて、まずはスイングをしっかり身につけましょうよ。って事です。

 

どちらの方が良い悪いで考えてしまうと、

本質からズレてしまうので、あくまで基本は同じ事を前提に認識して下さい。

 

クラブの特徴

 

ウッド系はドライバーと形状が似ていて、

結構苦手な方も多いのでは無いでしょうか?

 

ドライバーと違ってティーアップしないし、

平らな所から打つ訳でもありません。

だからなのか、ダフりやトップが多いクラブです。

 

イメージでも、上手く打とうとしたり、払い打つ感じになったり、

どうしても難しい印象が強いんだと思います。

 

変わってユーティリティはどうかと言うと、

簡単にボールが上がるように見えます。

 

実際はウッドもユーティリティも変わりませんが、

形状がアイアン寄りの為にそう思われます。

 

ユーティリティの付加価値として、

ラフからでも球が上がり易く飛び易い。

 

ウッドであれば難しいラフも、

ヘッドがコンパクトでアイアン寄りなので、

ラフからのセカンドで距離が稼げます。

 

しかも球も上がるしで良い事づくしです。

 

シャフトもカーボンかスチールか選べますし、

自分に合ったクラブ選択が可能なクラブです。

 

ユーティリティが無い時は、

クラブに実力を合わせるしか無かったですが、

今は、クラブが仕事をしてくれます。

 

これはロングアイアンでも同じ事が言えて、

難しいクラブの代名詞的でもあり、憧れでもあります。

 

残り200ヤード以上のセカンドの場合、

どうしても飛ばしたいのでウッドかロングアイアンになります。

 

しかしながら、ラフであったり傾斜であったり、

クラブ自体が難しい事から大変でした。

 

それがユーティリティの出現によって変わりました。

アイアンの進化によって、ロングアイアンの距離が、

ミドルアイアンでも出せる事で、ユーティリティの需要が高まりましたね。

 

今ではロングアイアンを抜いたりウッドを抜いて、

変わりにユーティリティを入れる人がとても多いですね。

 

肝心のどっち?って話しです

 

先に述べましたように、

ゴルフを非常に易しくしてくれます。

 

よほどのこだわり派でも無い限り、

1本は入れる事をオススメしますね^^

 

選び方は、ショップで構えて下さい。

形状がいろいろと出てますので、

コレばかりは実際に手にするのが一番です。

 

そして、シャフトもカーボン、スチールとあるので、

どちらも試打をして、打ち易い方で構いません。

 

ストレートネックとグースネックがあり、

アイアンが得意ならアイアンのネックに合わせます。

 

ウッドが得意で違和感が無いならストレートにしましょう。

まぁこれも一概に言えないので、やはり最後はご自分で、

直感的に打ち易そうな方を選んで下さいね。

 

番手ですが、どの角度がどの飛距離と言う訳ではありません。

5番ウッドが、UTなら4番相当みたいな事ですので、

あくまで目安として見て下さい。

 

私は5番アイアンも入れてますが、

メインはUTの4番ですね。

 

UTの方が飛びますが、そこまで必要無いので、

方向性重視でコンパクトスイングを心がけて、

1番手大きいクラブでコントロールショットをしています。

 

これもクラブセッティングの戦略の1つなので、

どの番手が良いか?となると難しいです。

 

なので、選ぶ際は最初から組み立てて入れるか、

後から必要な箇所を埋める為にどう埋めるか。

 

どちらかが良いと思います。

 

ウッドに自信が無ければ一気に変える事もありですし、

1本ロングアイアンの代わりでも良いです。

 

いずれにしてもバランスを取る事を心がけて、

不得意な番手や、距離、必要性を総合的に判断して決めましょう。

 

ゴルフが易しくなるのは間違いありません。

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^