ウッド系かユーティリティか?

ウッドにすべきかユーティリティにすべきか?

たま吉です^^

たまにはクラブ選択についても書いてみようと思います。

決して意味ない事じゃないですよ(笑)。

クラブ選択だってスコアに関係しますからね。。。



 

本質は変わらない

 

ゴルフスイング自体は、全ての番手において基本は同じです。

前傾角度と、ボールの位置が違うだけで後は同じであるべきです。

 

であれば、ウッドでもユーティリティでも好きなので構いません。

結論から言えばこうなってしまいますが、それじゃあ答えになりませんね^^;

 

でも、クラブによってどうこうって言うのは、

違うくて、まずはスイングをしっかり身につけましょうよ。って事です。

 

どちらの方が良い悪いで考えてしまうと、

本質からズレてしまうので、あくまで基本は同じ事を前提に認識して下さい。

 

クラブの特徴

 

ウッド系はドライバーと形状が似ていて、

結構苦手な方も多いのでは無いでしょうか?

 

ドライバーと違ってティーアップしないし、

平らな所から打つ訳でもありません。

だからなのか、ダフりやトップが多いクラブです。

 

イメージでも、上手く打とうとしたり、払い打つ感じになったり、

どうしても難しい印象が強いんだと思います。

 

変わってユーティリティはどうかと言うと、

簡単にボールが上がるように見えます。

 

実際はウッドもユーティリティも変わりませんが、

形状がアイアン寄りの為にそう思われます。

 

ユーティリティの付加価値として、

ラフからでも球が上がり易く飛び易い。

 

ウッドであれば難しいラフも、

ヘッドがコンパクトでアイアン寄りなので、

ラフからのセカンドで距離が稼げます。

 

しかも球も上がるしで良い事づくしです。

 

シャフトもカーボンかスチールか選べますし、

自分に合ったクラブ選択が可能なクラブです。

 

ユーティリティが無い時は、

クラブに実力を合わせるしか無かったですが、

今は、クラブが仕事をしてくれます。

 

これはロングアイアンでも同じ事が言えて、

難しいクラブの代名詞的でもあり、憧れでもあります。

 

残り200ヤード以上のセカンドの場合、

どうしても飛ばしたいのでウッドかロングアイアンになります。

 

しかしながら、ラフであったり傾斜であったり、

クラブ自体が難しい事から大変でした。

 

それがユーティリティの出現によって変わりました。

アイアンの進化によって、ロングアイアンの距離が、

ミドルアイアンでも出せる事で、ユーティリティの需要が高まりましたね。

 

今ではロングアイアンを抜いたりウッドを抜いて、

変わりにユーティリティを入れる人がとても多いですね。

 

肝心のどっち?って話しです

 

先に述べましたように、

ゴルフを非常に易しくしてくれます。

 

よほどのこだわり派でも無い限り、

1本は入れる事をオススメしますね^^

 

選び方は、ショップで構えて下さい。

形状がいろいろと出てますので、

コレばかりは実際に手にするのが一番です。

 

そして、シャフトもカーボン、スチールとあるので、

どちらも試打をして、打ち易い方で構いません。

 

ストレートネックとグースネックがあり、

アイアンが得意ならアイアンのネックに合わせます。

 

ウッドが得意で違和感が無いならストレートにしましょう。

まぁこれも一概に言えないので、やはり最後はご自分で、

直感的に打ち易そうな方を選んで下さいね。

 

番手ですが、どの角度がどの飛距離と言う訳ではありません。

5番ウッドが、UTなら4番相当みたいな事ですので、

あくまで目安として見て下さい。

 

私は5番アイアンも入れてますが、

メインはUTの4番ですね。

 

UTの方が飛びますが、そこまで必要無いので、

方向性重視でコンパクトスイングを心がけて、

1番手大きいクラブでコントロールショットをしています。

 

これもクラブセッティングの戦略の1つなので、

どの番手が良いか?となると難しいです。

 

なので、選ぶ際は最初から組み立てて入れるか、

後から必要な箇所を埋める為にどう埋めるか。

 

どちらかが良いと思います。

 

ウッドに自信が無ければ一気に変える事もありですし、

1本ロングアイアンの代わりでも良いです。

 

いずれにしてもバランスを取る事を心がけて、

不得意な番手や、距離、必要性を総合的に判断して決めましょう。

 

ゴルフが易しくなるのは間違いありません。

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


オリジナルコンテンツ(完全無料)

◆◆◆たま吉流ゴルフ上達講座:スコア120~初心者向け◆◆◆

たま吉通信


”レッスン不要のたま吉通信”

祝!1,000名!!
【スイング作りからマネジメントまでトータルスコアアップ講座】


『ベストスコア更新!100切り!80台達成!!』
『スイングが激変した』
など喜びの声を大勢のメンバーから頂いております^^


家の中で毎日3分もあれば、
1カ月でボールを打てるようになりますし、
絡まりに絡まった糸がほぐれるように、
ゴルフスイングの真理が掴めます^^

無料で気軽に始めてみませんか?


無料コンテンツ多数プレゼント
・自宅練習虎の巻【上下巻】
・初心者脱却STEP講座
この2つをすぐにお渡ししています。


これだけで有料教材並みのお墨付き^^
既に100切り多数。
80台達成メンバーもいます!!


詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^


◆◆◆たま吉流ゴルフ上達講座:スコア100~120の経験者向け◆◆◆

メルマガ講座



”80台への道”
100切りに悩む経験者向きです^^
最短で100を切り、本気で80台を目指す本格派講座

詳細はこちら



スイング作りからスコアアップするマネジメント(考え方)まで。
私が80台を達成した全てを完全無料で公開中です^^

※自宅練習虎の巻:上下巻プレゼント
 (実践者からは大変好評です^^)

※ゴルフが上手くなるには何よりも基礎作り。
 スイングの土台と基礎作り講座
 (実はこれだけで100が切れる内容でもあります^^)

※新コンテンツ:ドライバーマスターステップ収録

DRMS


+50yd・スライスが治った・弾道が変わった。
周りに驚かれるなど多数の成果の声を頂いています^^

しかもたった1カ月、週1練習程度での結果です。

何も難しい事はしていません。
ドライバーが苦手だと言う99%のゴルファーが、
この間違いに気付いていないポイント。

それを直せばドライバーは誰でも得意になれるのです。

詳細はこちら



今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^



コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

lgf01a201402051700


はじめまして!!

管理人の”たま吉”と申します。

家族とゴルフをこよなく愛する
どこにでもいるイチゴルファーです^^

30代のサラリーマンゴルファーのわたくしが、
80台を出した全てを悩めるゴルファーにお伝えしています!!


詳しいプロフィール



ご質問、ご相談はこちらの『お問い合わせ』からお気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

レッスン不要のたま吉通信

レッスン不要のたま吉通信

ゴルフは誰でもいつからでも上手くなる事は可能です^^

初心者ゴルファー大歓迎!!

ゴルフ上達に必要な事をここで全て明らかにしています。
お気軽にどうぞ^^

詳しくはこちら

80台を達成するには?たま吉流80台達成法

80台を達成するには?たま吉流80台達成法

初級者大歓迎^^

本気で80台を達成する為の、知識・マネジメント・スイングの作り方。

たま吉の全てがここに。

詳しくはこちら

ドライバーマスターステップ

ドライバーマスターステップ

『ドライバーが苦手』
『ドライバーだけ打てない』
『アイアンは打てるのに』

私の元には日々、切実な思いが寄せられています。

『その声に応えたい。』
と言う一心で新コンテンツを一から作成しました^^



これであなたもドライバーが得意クラブに変わります!!

詳しくはこちら

3カ月で初心者を卒業するなら

3カ月で初心者を卒業するなら

詳しくはこちら

『始めたばかりで、何したら良いかわからない・・・』と言う方へ

スコア120から80台を目指すなら迷わずコレ

スコア120から80台を目指すなら迷わずコレ

100切りから一気に80台を目指すなら!!
中級者から上級者へ一気に飛び抜ける必須教材。
ドライバーが強力な武器になる事間違い無し

レビュー詳細

100切りで悩むか一気に抜けるかの境界線

100切りで悩むか一気に抜けるかの境界線

ゴルフの王道スイング。土台を築く事が上達の鉄則。ぶれないスイング核作りの決定版!!シンプルこそ至高なスイング。

レビュー詳細

さらにマニアレベルに徹底解剖!!
もっと知りたい方はこちら^^

ゴルフシンプル理論徹底解剖

独学用ゴルフ教材一覧:購入済み

独学用ゴルフ教材一覧:購入済み

たま吉からのメッセージ

たま吉からのメッセージ

たま吉からあなたへ。

『ゴルフが上手くなりたい。けど何をすればいいのだろうか・・・。』

初心者も経験者も、誰でも今かでも遅くはありません。

もう一度トライしませんか?

メッセージはこちら

カテゴリー

FX

このページの先頭へ