たま吉クエスト:ゼロ

トップでグリップが緩んだりグラグラしたり、手首が”折れる”は要注意

たま吉です^^

 

グリップが正しいかどうか?

この判断はトップで気付けます。

 

もっと感覚的な事を言えば

テイクバックで感じる事です。    

グリップの正しさはスイングを作る

グリップの重要性については

結構取り上げています。  

 

なぜなら、グリップが正しくないと

スイングが正しく動作出来ないからです。  

 

正しいスイングを覚えるには、

まず正しいグリップからです。  

 

再度グリップを”点検”してみて下さい。  

こちら、グリップ関係の記事  

 

正しくないグリップの弊害については、

たくさんあります^^;  

 

『スイングばかり気にして、実はグリップが、、、』

そんなゴルファーが本当に多いんです。  

 

理論上、正しいグリップでも、

本当に”あなたに合った”グリップでしょうか?  

 

基本的な前提はありますが、

最終的には”あなただけ”の

グリップが存在する訳です^^

 

正しいグリップの定義は、

結局はあなたにベストなグリップの事です。  

 

これから、そのチェック方法を

お伝えしますね。

 

これによりグリップによる悩みが

解消するはず。

 

言われた通りに握ってるにも関わらず、

力が入ったり、緩んだり、グラグラしたりするのは、

基本的なグリップの定義であり、

あなた用じゃありませんので^^  

 

あなたのグリップ見つけます。

image02

特に難しい事をするつもりはありません^^  

 

まず、トップでグリップが手の中で余る。

そして、左手の親指で支える感覚。

この2つを感じられるなら大丈夫です^^

 

手首が平や、甲側に折れていてもダメです。  

ウィーク過ぎるか、ストロング過ぎて、

あなたのグリップとしては適正ではありません。

 

単純に言うと、グラグラしたり、

クラブの重さでふらふらするようでは

正しくありません。  

 

本来、正しいグリップであれば、

自然とテイクバックからオンプレーン上に上がり、

コックが入って行って、トップでは左親指に乗ります。  

 

この時、手首の動作を考える事はありません。

正しくグリップすれば自然とこうなります。  

 

手首も直線上にコックが入りますし、

決して平や甲側に折れるようにはなりません。  

 

常に上下にしか動かないように固定されます。

意識して固定ではありません。

どちらにも折れようがなくなるグリップです^^  

 

この感覚が理解できてると、

テイクバックですぐに違和感に気付きます。  

 

あなたにとって正解のグリップであれば、

手首が不安定になる事はありません。  

 

しっかりと、安定感のある始動になります。

手首に不安定感を覚えるのは合っていない証拠です。  

 

こうなると、最初から手打ちが確定してしまいます。  

グリップが不安定なので力が入りますからね^^;

 

そして軌道も不安定になるので

自分で力を入れます。

 

ボールに当たり負けもしてしまいますので、

インパクトで更に握ってしまいます。。。  

 

これでは、どんなに力まない意識をしていても、

身体はどんどん逆の事をしようとしますね^^;  

 

安定感のあるグリップだと、

これが全て解消されます。  

 

『手首が一体となったグリップ。』

ある教材では、

『手首の柔らかい固定』と呼んでて、

「あ~上手い表現するなぁ」と感心しました^^

 

そして、手の中で動かないグリップ。  

 

手首との一体感は、

始動のタイミングでわかります。  

 

片手で腕を伸ばして

胸の前に持って来て下さい。

 

手首で、前後左右に動かすと

負担を感じます。  

 

その手首の負担が無くなる角度。

それがあなたの手首が一体化するグリップです。  

 

手の中で浮つく

(グリップエンドがグラグラする)のは、

フィンガーがパームグリップか試して下さい。 

 

指先で握るタイプか、手の平で握るタイプか?

この選別は割と簡単で、普段持ち手付きのバッグ、

もしくは電車の吊革をどう持つか?

 

これで大体判別出来ます^^

指先で持ったりすればフィンガータイプ。

手の平でガッツリ持つなら手の平タイプ。

 

こうざっくり考えてOKです^^

 

小指の付け根から

人差し指の第二間接で握るのは、

フィンガーグリップ。

 

親指の下の膨らみと

小指の付け根間接より平側で握るのは、

パームグリップになります。  

 

 

要は、指の付け根同士の隙間が無く、

特に親指の第1間接までは

付け根からくっつけていれば、

 しっくりくる方で良いんです。  

 

私は親指の付け根から

第1間接まではくっつけます。

 

握りは、フィンガーが基本です。

そうしないと、脇が甘くなるので。

 

小指付根から握り始めますが、

親指の付根の下の膨らみ、

(手相では丘と言うらしいですが)

 

ここをグリップに密着させる感じで握っています。  

 

この握り方をすると、手首も一体感が出るし、

スイング中、手の中でグリップがグラグラしません。  

 

トップでも親指に勝手に乗るので、

しっかりと”入った”感覚を覚えます。  

 

こればかりは試して行くしか方法が無いのですが、

しっかりとご自分に合ったグリップを見つけて下さい。  

それが上達の速度をもっと上げてくれますからね^^      

 

 

トップでグリップが遊ぶのは・・・

『スイングの問題』

ではなく、

『グリップの問題』

と言う訳ですね^^

 

フィンガータイプか、

パーム(手の平)タイプかは、

カバンの持ち方、もしくは吊革の持ち方。

 

指先で持つか、手の平で持つか?

これで大体の見当を付けられます^^

 

後は、ストロングなのかスクゥエアなのか?

これは色んな要素が絡むので、

今の主流は若干のストロングですから、

それに合わせて大丈夫です^^

 

クラブ進化に伴って、

グリップの考え方も変化してますので、

一概には言えないと言う訳ですね^^;

 

私は何よりも、”しっくりくる”と言う、

あくまで感覚を大切にしています。

 

結局それが一番だったりするので^^

 

なんか、最後はグリップの話しになりましたが、

スイング中の力感を保つには、

グリップが決まらないと力みの元になります。

 

ですので、グリップをまずは見直す事。

それで劇的に改善します^^

 

では、たま吉でした^^

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ


”たま吉クエスト:ゼロ講座”

3,000名突破!!
【スイング作りからマネジメントまで完全網羅!!】


『ベストスコア更新!100切り!80台達成!!』
『周りに驚かれるほどスイングが激変した』
など喜びの声を大勢のメンバーさんから頂いております^^


実はスイング動作は家の中で毎日3分もあれば、
1カ月でボールを打てるようになりますし、
絡まりに絡まった糸がほぐれるように、
ゴルフスイングの真理が掴めます^^

無料で気軽に始めてみませんか?


無料コンテンツ多数プレゼント
・感想プレゼント:自宅練習虎の巻【上下巻】<テキスト>
・基本スイング作り<動画コンテンツ>
・ドライバーマスターステップ<動画コンテンツ>
・アプローチの鉄則<動画コンテンツ>
・スコアアップマネジメント
・たま吉クエストメンバーさんからのメッセージ


これだけで有料教材並みのお墨付き^^
既に100切り80台達成メンバーさん多数!!


詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^