ロングアイアンが打てれば武器になる!!実践練習

たま吉です^^

ロングアイアン(今は5番、6番)を苦手としてるゴルファーは多いはず。

確かに難しいですが、打てたら強力な武器になります。

これも練習次第では克服出来るんです。。。

 

ロングアイアン実践練習編

 

ロングアイアンを使いこなせれば、

残り180ヤード近くをグリーンオンも可能ですし、

ウッドやユーティリティだと転がる場合でも、

アイアンなら止められる打ち方が可能になります。

 

さらに、ティーショットを刻む場合にも有効です。

ドライバーがリスキーなコースでこれは非常に使えます。

 

つまり、ロングアイアンが打てると言う事は、

攻め方のバリエーションが増える事になります。

 

それだけリスクを回避出来るので強力な武器になるんです。

 

練習方法としては難しく有りません。

 

ウッドやユーティリティが苦手

 

こちらでも記事にしてますが、

 

難しいのは、ボールが上がらない事と、

飛ばそうとして打ち込んでしまう事。

クラブが長い為に単純に難しいクラブである事。

 

この3つに集約されます。

 

この3つの苦手意識を取り去る事で単純にスイングできます。

 

苦手意識を無くすと同時に上手くなる練習

 

これは、単に短く持ってハーフスイングから練習するだけです。

 

”当たる”のと、”上がらないのが当然”

ライナーで低く軽く飛んで行くクラブなんだ。

 

これを認識出来れば良いだけです。

 

スイング自体は単純明快である事が理想です。

いちいちクラブでスイングを変えてたら大変ですからね^^;

 

それにゴルフはいかに再現するかが求められます。

それなのに複雑にしてしまったら元も子もないですから。

 

なので、私は単純明快ゴルフを推奨してるのです。

 

、、、逸れましたね、すみません。。。

 

で、後はお馴染みの練習方法の繰り返しです^^

 

ハーフショットで意識を上書きして、

基準クラブと同じように打てるようになったら、

スリークォーターショットに移行します。

 

それでも基準クラブで打てるようになったら、

通常のグリップの長さで、またハーフスイングから初めて行きます。

 

これだけをステップバイステップで繰り返す事で、

どんなクラブでも自分のスイング核通りに打てるようになります。

 

正しい練習方法さえ確立してしまえば、

後は応用すれば良いだけですからね^^

 

もし、自分でも基本となる実践練習から、

色々と考えてもっともっと取り組みたいならコチラ

 

谷将貴のゴルフシンプル理論:レビュー

 

実践向けのレッスンから応用まで、

スイングの土台を作るには最強だと思っています。

 

基本 = 本質 

 

中身の構成がこうなので、そこから応用するだけです。

色んな意味でも”使える教材”。

 

たま吉でした。

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^