シャンクはゴルフで一番嫌な症状かも知れません

たま吉です^^

ダフりやトップ、引っかけにスライスなど、常に付き纏ういやーな症状。

取り分け”シャンク”は出始めると繰り返すし、

どうすれば治るか分からなくなって上達どころじゃありません。ではどうするのか?



 

シャンクを治すのではなく、出ないスイングが重要

 

コースで1度でもシャンクが出るようになると、

不思議な事に次もまたシャンクになってしまいます。

 

そればかりか、その日1日が終わってみれば、

シャンクで悩まされた。。。

 

なんて事も良くあります。

 

シャンクが出る原因はほとんどの場合、

その原因が限られています。

 

ミスの原因と対策をその都度考えていたのでは、

上達の効率が非常に悪い上に、根本から治ってはいません。

 

ですので、全てのミスを1つずつ解決するのではなく、

スイングを基本から覚えて反復する事で、

そもそもミスが起こりようが無い土台を手にして下さい。

 

それが一番の上達の近道です^^

 

最も効率の良い上達の方法とは、

土台となるスイングを叩き込む事です。

 

症状別ミスの治し方や、レッスン雑誌のように、

1つ1つの動きを取り込んでは悩む。

 

この繰り返しでは結局何年たっても上手くならない。。。

そんな状態に悩まされる事でしょう。

 

スイングは単純明快であるべきです^^

 

なぜなら単純だからこそ”再現性”を高めて、

どんなコースでどんな場面でもいつもと同じようにスイングして、

そこからスコアアップが生まれるのですから。

 

シャンクの原因

 

ほとんどの場合、”アウトサイドイン”の軌道が原因です。

 

ヘッドの軌道がアウトから降りてくる事で、

ヘッドの根元かネックが先にボールに届いてしまいます。

 

実際にアウトサイドから

ゆっくりヘッドを降ろすスイングをしてみて下さい。

 

フェースが開いて、

そこから根元から当てに行くような軌道になってるはずです。

 

アウトサイドから降ろす事でシャンクが出るメカニズムは、

これで体感出来たと思います。

 

で、大体はアウトサイドインの軌道を治すレッスンが大半です^^;

 

最初は治っても、これって実はスイング自体を修正してないです。

なので、基本スイングがそのままなら、

また同じシャンクの症状で悩まされる事になってしまいます。

 

これでは意味が無いし、上達も時間がかかりますよね?

 

シャンクに限らず、ミスショットは正しいスイングを覚えて、

その為に土台からしっかりと身につければ出ません。

 

ミスが出る = いつものスイングでは無かった

 

単純にこの図式が成り立つまでスイングの土台を作るべきです。

 

それを面倒臭がってやらないと、結局遠回りになります^^;

 

きっと中々上達しないのはコレが原因ではないでしょうか。

 

何でも、いきなり上手くなる事はありません。

しっかりと基礎を繰り返してこの先もずっと安定した、

ハイスコアを目指せるゴルフを覚えて行きましょう!!

 

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^