どうしても打ち込みたくない林や池に飛ぶ理由

たま吉です^^

ティーショットで、右の林には入れたくない。池に入れたくない。

そう思ってアドレスしてるのに、まるで吸い込まれるように真っすぐ向かって行く。。。

これはメンタルが原因です。



 

どうして打ちたくない方にばかり行くのか?

 

レッスン等でおなじみのこの現象。

 

右に打ちたくないから左を向くと余計右に行ってしまう。

これは、足を左に向けて、上半身が真っすぐ、

もしくは右を向いてしまう事が原因です。

当然オープンスタンスになるのでスライスになります^^;

 

で、解決策としてアドレスでしっかりと、

打つ方向に足も腰も肩も平行に構えましょう。と。

 

ここまでは一般的なレッスンの模範回答ですね。

 

ですが、きっと分かっていても、

実際は同じ事の繰り返しで悩んでると思います。

 

それに、正しくアドレスが取れているか自分では確認出来ません^^;

 

一番の原因と解決策は、実はもっと別にあったりします。

 

人間の脳は本当に良く出来ていて、

一度意識を向けてしまうと、

行きたい行きたくないは関係無くなります。

 

ただ、意識だけがフォーカスされてしまいます。

 

こんな事例があるのですが、

 

周りに何も無い広い真っすぐの道路で、

ポツンと立ってる標識にぶつかる事故がありました。

 

普通は、こんな何も無い見渡しの良い真っすぐの道路で、

なんで事故なんて起きるのか不思議に思うでしょう。

 

ですが、実際に事故が起きてしまいました。

一体なぜでしょうか?

 

実は、真っすぐの何も無い道路だからこそ起きたのです。

何も無い中で、”標識”だけが”意識”にインプットされて、

脳が標識にフォーカスしてしまったんです。

 

運転手は標識を見て認識しただけです。

ぶつかる気はさらさらありません。

 

ですが、脳が認識してフォーカスした事で、

実際に事故が起きてしまったんです。

 

入れたくない方向になぜか吸い込まれるのも、

この事例と全く同じ事が脳で処理されているんです。

 

林や、池など、入れたくない。打ちたくない。

そう思った時点で脳が認識してフォーカスしてしまっています。

 

こうなってしまうと、考えとは全く関係無く、

どうやってもそっちにボールが綺麗に向かっていきます。

 

対処法

 

全く見ない、意識しない事は不可能ですよね?

目を瞑ったままボールは打てない訳ですから。

 

方法は1つです。

 

本当に打ちたい場所に意識を上書きする事。

 

ぼんやりとではなく、はっきりと打つ地点をイメージします。

半強制的に意識をそこにフォーカスさせるしかありません。

 

打ちたくない方向を一度でも口にしたり、思ったりしたら、

仕切り直して下さい。

 

一回アドレスを解いて、再度イメージを作り直します。

そこに向かってアドレスを合わせて、打球をイメージします。

 

この方法をよりリアルにイメージ出来れば出来る程、

狙った場所に打つ事が出来るようになります。

 

普段から打つ前に、ボールの高さや弾道、

落ちる位置をはっきりイメージしてから打ってみて下さい。

 

すぐにイメージをリアルに出来る人はいません。

慣れるまで、繰り返すしかありません。

 

これも反復によって、脳が認識を変えます。

打ち込みたくないと言う意識から、

ここに打つんだと言う認識に変化します。

 

これが出来るようになると、

かなりのレベルですが、普段から意識すれば、

それほど難しい事ではありません。

 

要は、繰り返しの練習による慣れでしかありませんから^^

 

技術的な事を習得する事に比べたら遥かにラクです。

1球打つたびに毎回イメージするだけでいいんですからね^^

 

池に入れたら1打ペナルティですし、

林に入れたら出るまでが打数です。

 

これが無くなればスコアは劇的に改善します。

練習の時から必ず意識して下さいね!!

 

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^