こんにちは、たま吉です!!

 

NSA(ナチュラル・スイング・アカデミー)へようこそ^^

 

まずはこちらから、NSAとは何か?50秒ほどの動画をご覧下さい。

動画で実際に様々な理論における代表的な動きにフォーカスして実演してみました(笑)

 

 

これまで私が知る限りのゴルフスイング理論は、

・アームローテーション(リストターン)

・ボディターン

・ウェイトシフト (体重移動)

・プレッシャーシフト

・スタック&チルト(左1軸)

・レッドベター・Aスイング

・オンプレーンスイング

・バイオメカニクス・スイング

・直線運動スイング

・ピボットターン(ヒップターン)

・地面反力

・シャロースイング

・GGスイング

などなど細かい理論を言い出したらキリが無いほどです。

 

上記は代表的なスイング理論としてご存知の理論も多いかと思います。

 

 

 

では一体どのスイング理論が最適解なのか?

 

 

 

答えは、

全てその人によって違う。

です。

 

 

もっと言えば、細かい角度や運動量やタイミングやフィーリングも含めたら、大枠では何々理論に分類されるかも知れませんが厳密に言えば全く同じ動作は一つとして存在しません。

 

 

グリップの握り方や力感からアドレスでの微妙なポジション作りも基礎的な土台は同じでも、細かな部分は全く違うのです。

 

 

PGAの超一流のトッププロが全員同じグリップとアドレスを採用して同じスイングタイプかと言われたら全然違うように、ゴルフスイングは個人にとっての最適解があってそれが全てになります。

 

 

私はもうずーっと前から、スイングは点の情報を寄せ集めては試行錯誤を繰り返しては挫折の連続でした。

 

そこで一念発起して、体の仕組みから物理的な現象だったり脳の働きや反射運動に至るまで様々な角度で独自にスイング研究に没頭するようになった経緯があります。

 

 

その中で気付いたのは、

いかに自分にとって都合に良いスイングを構築するか?

でした。

 

 

『こうしなければダメ。』

『もっとこうじゃないとおかしい。』

『スイングの常識はこうだ。』

 

 

人に言われたり、自分がスイングについて調べている中で思っている場合も多々あるはずです。

 

 

今すぐにそんな無意味な固定観念や先入観は捨ててOKです(笑)

 

 

例えばですが、、、

 

新進気鋭のPGAツアープロと言えばマシュー・ウォルフ選手がいますね。

日本ツアーだとチェ・ホソンプロが代表格になるかと思います。

 

 

どちらも目覚ましい結果を残しているわけですが、、、

 

 

あの常識に囚われない自由で個性的な変則スイングを見ておかしいと思いますでしょうか?

 

マシュー・ウォルフ

 

チェ・ホソン

かたやアドレスに入ってからバックスイングの動作が新しく、かたやフォローサイドの動きが独特です。

 

 

これで例えばレッスンに通ったら間違いなく修正されるでしょうね(笑)

 

 

バックスイングで右脇を開けるな。シャフトはクロスさせずに立てる。

フィニッシュは左足一本でしっかりと止まれるように。

 

 

絶対指摘されるはずです。

 

 

 

これらの変則(?)スイングは良い意味でこれまでのゴルフ理論をぶち破っていて、私は非常にワクワクしています。

 

 

つまり、これを見てスイングの常識がどうとか言うのは、すでに通用しないのは明らかでナンセンスだと言う事です。

 

 

アメリカ女子プロ界ではレキシー・トンプソンやポーラクリーマー。

ジャンプアップもするしフラットトップでも素晴らしい選手ですね。

 

 

インパクトでジャンプするレキシートンプソン

 

フラットトップのポーラ・クリーマー

 

 

 

結局のところスイング動作は自分にとってベストな結果が得られたらそれで良いんですよね。

 

 

もちろんタイガーウッズやアダムスコット、ロリーマキロイや松山英樹選手たちのような綺麗で格好良いスイングに憧れを持つのは当然だと思います。

 

 

でも今マシュー・ウォルフ選手のスイングを真似してショットをするのがアメリカを中心に流行っているのを見ても、GGスイングのガニ股やシャローを練習場で真似している人たちが急激に増えているのを見ると、憧れと現実的なスイングは決して同じにはならないと感じています。

 

 

憧れのスイングを完コピするのは不可能ですが、自分のスイングに少しでも要素を取り入れる事は不可能ではありませんから、現実的にはやれる範囲で自分のスイングに組み込めばOKです。

 

 

ですからもっと自分にワガママに、ストレスフリーなスイングになれたらゴルフがもっと楽しくなるのは間違いありません。

 

 

まずはしっかりと自分のスイングのベース(土台)を作り、そこから良さそうな各理論の良いところを取り入れたり目指すべきスイングやショットに近付けて行くほうが遥かに優しいです。

 

 

私も現在、シャロースイングに改造中ですが明らかに打ち出しの初速が上がったように感じています。

 

 

自分自身のスイングベースはそのままにしても、このように一部を取り入れる事は決して不可能ではありませんし、一般的にはダメだとされる事でも柔軟に対応するのは十分可能です。

 

 

NSAの動画内で、マシュー・ウォルフスイングを真似てショットしてますが意外と違和感無くて面白いですね(笑)

 

 

思うに、スイング作りと言うとどうしても視点が自分に無い場合が多いような気がします。

 

 

情報や方法と行った知識先行でスイング作りを進めてしまって、

真ん中に自分がいないんですよね。

 

 

私は逆だと思っていて、まず自分ありき。

そこから何が必要で何が不要なのか?最終的にどうしたいのか?

 

 

情報や方法はその為にある物だと考えています。

 

 

どうしても主軸を点の情報に置いてスイング作りを考えがちですが、それだとスイング迷子に陥ってしまうだけです。

 

 

この方法が良さそうだ。やっぱりこうじゃないのかな?それともこっちのほうが良い気がする。いやいや、やっぱりこのほうが良いんじゃないか?

 

 

そうじゃないんです。

 

 

まず自分が打ちやすい形だったり動きだったりフィーリングがどうなのか?その上で取り入れるべき事が何で、逆に何を削ぎ落とすべきなのか?

 

 

主役は理論や細かな点の部分ではなく自分自身です。

 

 

タイガーウッズだって明らかに自分に合わない事だったら、どんなに理論が優れていようがやらないと思いますよ(笑)

 

 

 

スイングは、もっとこうしたら良くなると言う事ならいくらでもありますが、これは絶対にこうしなければならないと言う事はありません。

 

 

例えば私で言えば、レッドベターのAスイング(テークバックでシャフトラインが前傾角度と後ろから見て平行)だったりシャットフェースのバックスイングは無理でした(笑)

 

 

どうやっても打てません。。。

 

 

だから素晴らしいスイング理論だとは思いますが、私には適応する動きでは無かったと言うだけで、他にも方法や理論などゴマンとあるので全く気にしていません。

 

 

余談ですが最近ボールリフティングを練習してて、その時ついでにバックスイングの上げ方を試験的に色々と試そうと思ってふと撮影した時の様子がこちらです。

プロでもリフティングの得意不得意があるようですね(言い訳)。。。

 

 

これ結構遊んでいるように見えて、実はフェース面にボールを乗せる感覚や垂直角度に当てる練習になるのでボールコンタクトやフェースコントロールが上手くなるのでおすすめです。

 

 

室内では実ボールでやると危険度MAXなのでダメですが(笑)

 

 

ついでに、ふと思い立ってバックスイングの独特な方法も試してみたのですが、一つは通常で一つはマシュー・ウォルフ。

 

 

もう一つは体の前に一度クラブを持ち上げてからバックスイングに入る動作を検証しています。

 

 

以前にどこかで見た記憶があって覚えているのですが誰だったかまでは忘れてしまいました・・・

 

 

これもバックスイングの軌道がどうとかトップの形がどうとか言われがちですが、普通に打てますから結局大事なのは自分に都合の良い動作でインパクトが正確に迎えられたら良いと言う事ですね!!

 

 

プロで活躍となればまた話しは若干変わりますが、いかにボールをイメージ通りに打てるか?これはゴルフの真理だと思います。

 

 

と言うわけで随分と前置きが長くなってしまいましたが、昨今のゴルフスイング進化に伴って私の無料スイング講座もアップデートする時期が訪れなと思った次第です。

 

 

テーマは一つ!!

 

自分だけのスイング(ナチュラル・スイング)を構築

 

 

その為のオンラインアカデミーを開講しました!!

 

 

誰のどんなスイング理論だけの枠に囚われない自由でストレスフリーなスイング作りを目指したオンライン専用のゴルフアカデミーです。

 

 

 

NSA講座内容

 

メニューはこちら

 

 

内容はこんな感じでフル動画です。

このバックスイングは例として実演してるので私のナチュラルではありませんのであしからず(笑)

 

今までなら”悪”とされていたフライングエルボーですが、、、続きは動画で!!

 

この2つのポイントを作り上げると劇的にスイングが良くなります!!

 

 

一部限定的に公開した動画ですが、本当のスイングとは何か?掴んで欲しいと思い再度アップしました。

 

 

 

基本講座は無料

 

さてこちらのナチュラル・スイング・アカデミーですがコンテンツ動画の受講は完全に無料です(笑)

 

 

と言うのも、ゴルフは独力で試行錯誤しながら上達したいと言う人も結構多かったりするんですよね(私もそうでした)。

 

 

その時に何が必要で、どんな考え方や方法が良いんだろう?ってありますよね?

 

 

表面的に点の情報をいつまでも追い続けても一向に上達の兆しも見えずに100切りに焦ってしまうパターンは私もイヤになるくらい分かりますから・・・

 

 

ゴルフスイング作りは、点の技術的な部分部分だけを表面的に取り入れても中々思い通りに打てるようにはなりません。

 

 

ネットの情報や動画を漁って日夜見まくっても結果が出ないのはその為です。

 

 

そもそもとして、グリップからアドレス、そしてスイング動作においても共通して押さえるべき大前提があります。

 

 

その根底となる大前提を無視したまま、色んなスイング理論の点の情報だけを見て同じようにやったとしても根っこの部分を理解していないと本当のスイングは作れません。

 

 

逆に、根底となる大前提がしっかりと押さえられていれば点の情報でも柔軟に自分のスイング作りに応用しながら取り入れる事だって簡単に可能です。

 

 

オープニング動画で私が色んな理論のスイングタイプを実演出来ているのも、スイングの根っこがしっかりと機能しているから可能なんです(再現性や飛距離・精度は全然変わりますが)。

 

 

やろうと思えばどんなスイングでも出来なくは無いわけですね。

 

 

その根底部分をしっかりと理解した上でなら、今の時代は独学で十分に上達は可能ですし、むしろこれだけ良質な動画がネットにいくらでも転がっているわけですから利用しない手は無いかと思います。

 

 

基本的に私のスタンスは、独学で悩むゴルファーに対して少しでもスイング向上やスコアアップを目指して欲しいと思っていますので、その役に立つならそれで良いです(笑)

 

 

 

特別受講コース

 

ただその中から、少しでも早く自分だけのスイングを構築したいとか、私の個人メソッドでしっかりとコーチングやアドバイスを受けたいと思って頂ける場合に限っては月額で完全使い放題・回数無制限の特別コースをご用意しているって感じです!!

 

 

私がオンライン専用の個別スイングアドバイスを始めたのが2015年くらいだったのですが、当時はまだそんな事を取り入れているのは私だけだったと思います(多分)。

 

 

その時から、

『これからの時代はもっとこうした遠隔地でも受けられるオンラインレッスンが増える。』

と予測していました(自慢です)。

 

 

個人的にはまだまだ普及していないのでもっと増えて欲しいのですが、オンラインレッスンが出来るコーチ側の絶対人数が完全に不足してるのが現状ですからね。。。

 

 

 

おかげさまで完全個別のオンラインアドバイスを始めて2019年現在ですが、もう少しで5周年になります。

 

 

我ながら先見の明がありますね(笑)

 

 

 

今回のNSAとは別でマスターズクラブと言うコミュニティクラブも運営していますが、こちらはスイングアドバイスからラウンドアドバイスだったりクラブ相談からマネジメントに至るまでトータルゴルフ力を全力で向上させる為に全面バックアップしているのですが、NSAではスイング作りに特化した内容にしました。

 

 

と言うのも、一般のゴルファーにとっての至上命題はスイング作りだからです。

 

 

何をおいてもスイングなんですよね、やっぱり。

 

 

スコアも大事だしパターやアプローチ、マネジメントがスコアメイクの鍵になると分かっていても、その足元となるスイングに対する絶対的な欲求は捨てられないのは当然です。

 

 

『もっと綺麗なスイングになりたい。』

『格好いいスイングになりたい。』

『飛距離が足りないから伸ばしたい。』

『OBばかりでイヤになるからスイングを安定させたい。』

『打てなさ過ぎて全然楽しく無い。』

『全く当たらなくて辛いし苦しい。』

 

 

パターがどうこう、アプローチがどうこう、マネジメントがどうこう、スコアがどうこう以前にこれではゴルフを心から楽しめないどころか苦痛ですらありますよね?

 

 

それで良いなんて事は絶対にあってはならないと思っています。

 

 

だからこそNSAを開講して、スイング作りの核心部分のコンテンツは無料で解放したと言うわけです。

 

 

その上でもっと手っ取り早く時間を短縮してスイング構築を目指す場合は、私の個別オンラインアドバイスを受けて頂きたいのです。

 

 

ゴルフは当たり前のように打てるのが普通に思えるようになると、

途端に楽しさが100倍になります。

 

 

普通に打てるようになると、高低差を出したり曲げたりするのもボールポジションとちょっとしたアドレスの構え方を変えるだけで簡単に打ち分けられるようになってもっと楽しみが増えます。

 

 

飛距離だって伸びて当然ですし、セカンドでグリーンを狙えるチャンスも増えてスコアアップするのも当然として、打てる状態が普通になると今度はアプローチの楽しさに目覚めます(笑)

 

 

スイングの基本が出来たらバンカーだって楽勝になりますし、アマチュアの醍醐味であるギャンブルゴルフにチャレンジだって可能です。

 

 

私はいつまでも打てた打てなかったを繰り返して時間が過ぎてしまうよりも、いち早く打てるのが普通に思えるように自分だけのナチュラル・スイングを物にしてゴルフをもっと楽しんで欲しいと思っています。

 

 

NSAでお待ちしております

 

まずはNSAにご参加頂いて無料のスイング講座から受講されてみて下さい^^

 

そこからナチュラル・スイングをいち早く身に付けたいと思えたのなら特別受講コースにてお待ちしております。

 

 

少しでも不安を解消してもらえるような内容になっていますので詳しくは無料講座からご参加頂けますと幸いです。

 

 

 

ご参加はこちら

 

メール講座はいつでも解除が可能となっております。

お名前やメールアドレスなどプライバシー情報は法令に基づき遵守します。

 

※メールアドレスのお間違いが多くあり、お問い合わせ頂いて返信を差し上げても送信エラーとなってしまい、

お返事が出来ませんので、必ずご確認をお願い申し上げます。

※また、迷惑メールに振り分けられるケースも御座いますので、ご確認をお願い致します。