たま吉です^^

 

あなたは練習後、

”背中の筋肉痛”に、

なった事はありますか?

 

いきなりこんな質問をしたのは、

私自身が、ゴルフスイングでの、

”捻転”と”回転”

この2つの感覚が区別出来ず、

 

『とにかく、ただ振ってボールを飛ばす』

ただの運動になっていたからです^^;

 

いつも同じスイングで、

捻転したスイングであれば、

ボールはあちこち飛びませんし、

 

ゴルフの五大ミス

・ダフり

・トップ

・スライス

・フック

・シャンク

これらはなりを潜めます。

 

と言うより出したくても出ません^^;

 

私は、

”単なる回転運動”

でのスイングでしかありませんでした。

 

身体は十分回っているのに、

飛距離も出ない、スライスになる、

方向性が安定しないなど。

 

これは、捻転では無く回転。

 

その可能性がありますので、

今回は”捻転”と”回転”の違いについて、

私なりの解釈をお伝えしたいと思います^^

 

”捻転”と”回転”の違い?

しっかりと捻転出来ているスイングは、

飛距離は元より、方向性も安定します。

 

例えば、一旦ゴルフを忘れて、

身体を捻ると言う事を考えてみると、

 

kaitenisu

 

図の矢印部分。

ここが回るから、楽に後ろを向けます。

 

もし、この椅子が回らないとしたら?

”お尻が固定されているので、

上半身を”捻らないと後ろを向けない”

ですよね^^

 

体勢もキツイし、息も詰まります。

 

これが捻転と回転の違いです^^

 

もう一つ例えると、

koma

 

懐かしいですね(笑)

子供の頃は随分遊んでました^^;

 

一見安定して見えますよね?

確かに遠心力が付いているので、

”その場で倒れる”事はありません。

 

ですが、その回したコマは、

”その場で回り続けていますか?”

と言う事です^^

 

つまり、

komaugoku

こんな風に不規則に移動します。

 

摩擦だとか重心バランスとか、

色々ありますが、重要なのは、

”軸が動いている”

と言う点です。

 

もし仮に、コマを回しつつ、

その場に止めて置くにはどうするか?

 

コマを何かしらの方法で、

その場から動かないようにする必要があります。

軸を動かさなければ良い訳ですね^^

komaugokanai

下手くそな画像ですみません(笑)

何となくイメージ出来ればと^^;

 

こうすれば軸は動きませんから、

回転運動は安定しますよね^^

 

ここで”ピーン”と来ませんか?

そうです!

 

最初の椅子の例えが捻転と回転の違い、

すなわち、パワーの違いです。

 

そして、次のコマの例え、

これが軸による方向性の違いです。

 

つまり捻転と言うのは、

”その場で、ある身体の部分を固定された状態”で、

その他の身体の部分だけを捻る事。

 

逆に回転と言うのは、

”どこも固定されない状態で”

どの身体の部分も全て同方向に回転する事。

 

この違いが

”捻転”

”回転”

 

の違いなんですね^^

 

その出来ているかどうかの区別が、

最初に言った、

”背中の筋肉痛”

なんです^^

 

捻転によるスイングが出来ると、

今まで100球打って何ともなくても、

確実に背中が筋肉痛になります(笑)

(私はなりました^^;)

 

ゴルフの筋肉と言うのは、

ほぼ、日常で使わない筋肉です。

 

なぜなら、日常の動作には、

”不自然な動き”

これこそがゴルフスイングだからです。

 

正面を向きながら、

真横にボールを打つなんて、

不自然極まりない動作なんです^^;

 

その動作をするために必要な筋肉が、

普段から使わない部分なので、

いきなり使うと筋肉痛になると言う訳ですね。

 

続いて、

『じゃあ、どうすれば捻転出来るの?』

となりますよね?

 

その方法は・・・

と言いたい所ですが、

次回に持ち越したいと思います^^;

 

”家でも出来る捻転トレーニング”

こちらをお届けします^^

 

まずは、固定された椅子か、

その場で座ってでも良いので、

後ろの何か物を取る時の感覚を、

実感しておいて下さいね^^

 

では、次回

家でも出来る捻転トレーニング

をお伝えします。

 

次回に続く・・・

 

 

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^