たま吉クエスト:ゼロ

コックで悩んでる方必見です。

たま吉です^^

 

コックが必要か必要ではないか?

意見が分かれる所です。

 

宮里藍プロはノーコック、横峯さくらプロは真逆。

では我々アマチュアはどうすれば良いのでしょう?

 

コックの役割

 

コックの必要性を考える前に、役割を確認しましょう。

コックの役割りは、”飛距離”です。

 

スイングにタメが出来てインパクトではハンドファースト。

 

それが結果的にヘッドを走らせて加速して、

ハンドファーストでインパクトを迎える事で、

最大飛距離を可能な状態にします。

 

つまり、コックは

”飛距離の為の動作”

と言う事になります。

 

コックは必要?

 

不自然にコックを入れる動作は

要らないと考えています。

 

コックを入れる事を意識してしまうと、

スイングを崩す原因になるからです。

 

先ほども言った通り、

”コックは飛距離を稼ぐ手段”です。

 

飛距離が必要なプロゴルファーにとって、

重要な要素であっても、アマチュアにとっては、

それほど重要視する動作ではありませんね^^

 

私たちアマチュアが最優先にすべきは、

スイングの再現性であり、安定したスイングです。

 

それが全て出来る上で、更に勝つ為に、

飛距離を伸ばす必要がある為に

コックを入れるという順番です。

 

なので、コックを変に意識するのは

マイナスでしかありません。

ですが、ノーコック過ぎるのも極端な話しです。

 

では、次にコックを意識せずに

自然に使う方法をお話ししますね^^

 

コックを自然に使う方法

 

ポイントは単純です。

 

・アドレスでの手首の角度を作る。

・始動からテイクバックではその角度を維持する。

・自然とコックが入るので我慢しない。

・トップでコックを意識しない。

 

では1つずつ見て行きましょう。

 

まず、アドレスでの手首の角度ですが、

〇〇度が適正と言った小難しい事は抜きです^^

 

そんな面倒くさい事やってられないし、

再現性の観点から見ても明らかに低いので考えません。

 

簡単ですのでやってみて下さい^^

 

直立の体勢で体の正面でグリップします。

アドレスでもお伝えしましたが、

剣道の面のように振りかぶって降ろす動作をすると、

脇が締まるポイントがあります。

 

そこで止めて、後は前傾を取り、

膝を軽く曲げてアドレスします。

 

で、その時にクラブのソールの

接地面を見て下さい。

 

変にヒールが浮いていたり、

逆にトゥ側が上がり過ぎてたら、

そこで手首の角度で調節をします。

 

最初から手首の角度を調節すると

難しくなってしまいます。

 

なので、アドレスから手首の角度を作る方が合理的だし、

簡単で間違いない再現性の高いアドレスが毎回取れます。

 

補足ですが、もし自然に構えた時に、

手首の角度があまりにも不自然な場合、

クラブのライ角が合っていない可能性があります。

 

一度、ゴルフショップでのフィッティングをオススメします。

 

変なスイングの癖をつけないためにも

一度は診断しましょう^^

 

次に、始動からテイクバックですが、

この段階では手首の角度を維持します。

 

と、言うかグリップが正しくて、

正しいボディターンであれば、

手首が悪さをする動作自体が起きないので

あまり考えなくても良いです。

 

むしろ、手首が動いてしまう

場合には正しくないと言えます。

 

さらにスイングを進めると、

ハーフスイングあたりで手首に動きが入ります。

 

ここで手首の動作を無理矢理入れたり、

我慢したりしない事です。

 

体が自然と動くままに任せてしまいましょう^^

 

最後にトップですが、

自然に入ったコックのままです。

 

プロはここで最後のコックを使いますが、

アマチュアがそれを真似しようとすると、

大体がグリップを緩めてしまいます。

 

もしくは、オーバースイング、

クロスシャフトになります。

 

コックは腕方向に折る動作です。

甲側(外側)や、平側(内側)に曲げてはいけません。

 

が、コックを意識すると大半はどっちかに曲げてしまいます。

だからミスが多いスイングになってしまいます。

 

トップの位置でもコックの意識はしないようにしましょう。

 

そうすると、今までコックを意識し過ぎてる方や、

オーバースイングだったり

クロスシャフトてスイングしてた方は、

かなりコンパクトなスイングになった感じがします。

 

飛ばないんじゃないか?

 

そう思われるかも知れません^^;

 

逆です。飛びます。

さらにミスが減るはずです。

 

オーバースイングや

クロスシャフトは飛距離を落とします。

 

パワー伝導が正しく行われないからですが、

飛距離については、また別の機会に、、、^^

 

コックについて、理解が深まったでしょうか?

今まで悩んでてどうして良いか分からない!

そんな方には少しは役に立てたと思います^^

 

コックは追求するにしても最後で良いです。

飛距離はそんなに変わる事でもありません。

 

コックによってスイングが

理想になる訳でもありません。

 

余計に崩す原因にもなりかねない動作です。

 

これが最後に理解頂ければ、より単純に、

スイングがシンプルな物になりますよ^^

 

では、たま吉でした^^

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ


”たま吉クエスト:ゼロ講座”

3,000名突破!!
【スイング作りからマネジメントまで完全網羅!!】


『ベストスコア更新!100切り!80台達成!!』
『周りに驚かれるほどスイングが激変した』
など喜びの声を大勢のメンバーさんから頂いております^^


実はスイング動作は家の中で毎日3分もあれば、
1カ月でボールを打てるようになりますし、
絡まりに絡まった糸がほぐれるように、
ゴルフスイングの真理が掴めます^^

無料で気軽に始めてみませんか?


無料コンテンツ多数プレゼント
・感想プレゼント:自宅練習虎の巻【上下巻】<テキスト>
・基本スイング作り<動画コンテンツ>
・ドライバーマスターステップ<動画コンテンツ>
・アプローチの鉄則<動画コンテンツ>
・スコアアップマネジメント
・たま吉クエストメンバーさんからのメッセージ


これだけで有料教材並みのお墨付き^^
既に100切り80台達成メンバーさん多数!!


詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^