099

たま吉です^^

 

前々から同伴者に、

『バックスイングが早いよ』

とか、

『急いで打ちに行き過ぎ』

なんていっぱい言われました^^;

 

確かに、

『クラブを早く振ろうとするゴルファーは沢山見るが、

遅く振ろうとするゴルファーは見た事が無い』

『ゴルフはゆっくり振れば飯の種になる』

なんて言われるくらい、

 

”ゆっくり振る”

のは大切なのは分かってますが、

遅くスイングしても全く効果ナシ^^;

 

『一体どういう事なのか?』

さっぱりでした。

 

それが実感出来たのは、

以前お伝えした、

ゴルフスイングはバックスイングが全て

 

これを理解してからは、

『あ~、ゆっくりってそうなのか~』

とまた一つ気付きました。

 

テークバックからトップまで、

本当の意味でのゆっくりの理由を、

私の気付きと共にお伝えしたいと思います^^

 

ゆっくりとはつまり、、、

『ゆっくり振る事』

なんて漠然と言われても、

『そんなの個人差あるし・・・』

と思いませんか?

 

ゆっくりなんて、結局はその人の感覚ですし^^;

 

自分ではゆっくりに思ってても、

他の人からは早く見えるかも知れないし、

逆に見えるかも知れませんよね?

 

基準があまりにも不明瞭なんです。

 

そりゃあ、自分も含めて誰から見ても、

”相当ゆっくりにすれば”

確かにそうなのかも知れませんが、

そんな事は出来ません^^;

 

では、

『ゆっくりとは結局何なのか?』

と言う話ですよね?

 

要するにこう言う事だと解釈しています。

『身体を正しく使えると、ゆっくりになる』

 

この感覚が正しいのだと理解しています。

その中で最大限のスピード感でスイングする。

 

『意味が分かりません。』

と言われそうなので説明しますね^^;

 

ゆっくりスイングになる身体の使い方とは?

バックスイングが全てで言った通り、

極度のクロスシャフトとオーバースイング。

 

この2つがどうしても問題でした。

 

で、動画を撮影して、

じっくり観察して分かったのは、

『右膝のキープがまるでダメ』

だった事に気付いた訳です。

 

そのせいで、必要以上に腰も、肩も、

”捻転”ではなく、ただ回っていただけでした。

 

それを理解してからは、

右膝のキープに意識を集中して、

バックスイングするようにしたら、

また別の収穫があったのです^^

 

『ん?左脇腹と下っ腹が張るな。』

と。

 

もう一回やっても同じ。

何度やっても張る訳です。

 

『なんだろうこの感覚』

と思いながら繰り返して、

一つ気付いた事がありました。

 

それは、

『しっかり身体を使って捻っている』

と言う感覚です。

 

今まではそんな感覚はありませんでした。

自分では身体で捻っていると、

そう思っていましたからね^^;

 

それが結局何なのか?

 

つまり、しっかり身体を使って、

大きな筋肉でバックスイングすると、

決して早く動く事は出来ない。

 

と言う事に気付いた訳です^^

 

しっかり身体を使って捻転すると、

自分の筋力以上に早くはなりません。

 

要は、ゆっくりバックスイングするしか、

選択肢が無くなると言う事ですね。

 

『自分の筋力で可能な最大速度』

しか出せない訳です^^;

 

プロが早いのは、ゴルフの筋肉も、

繰り返しによって身体に染みついているから。

 

私たちにとっては、

『早すぎる』のです^^;

 

こうすると、

決して早くはなりませんし、

そもそも出来ません。

 

逆に、遅くし過ぎる事もありません^^

 

この感覚は発見でしたね。

私の中では結構、上位にランクインするくらい^^

 

だから、

『バックスイングはゆっくり』

ではなくて、

『ゆっくりにしかならない身体の使い方』

これが正しいと言える訳ですね。

 

右膝を絶対にキープする意識。

左脇腹と下っ腹が張る感覚。

 

この2つが繋がった時、

バックスイングの悩みが、

全て吹き飛びました^^

 

同時にトップの位置も、

クロスシャフト、オーバースイング、

これらが一気にカチッと決まったのです^^

 

トップが決まれば、

自然とスイングプレーンが安定して、

ショットの精度がグンと上がりますからね。

 

それに身体でしっかり捻転しているので、

大きな筋肉を使ってる分、飛びます^^

 

『本気で筋トレしようかな・・・』

と思うくらい大きな変化でしたからね^^;

 

今までいくら手を使っていたか、

嫌と言うほど分かりましたよ。。。

 

まぁおかげで、手を使わずに、

身体で捻転すると言う感覚が、

完璧に掴めたので良かったですが^^;

 

一番簡単に実体験するには、

オーソドックスではありますが、

重い物を持って静止した状態から、

バックスイングの動作をしてみる事ですね。

 

本当にトップまでは危ないので、

そこまで上げなくてもOKですが、

何となく左脇腹と下っ腹が張る感覚。

 

その感じが掴めればOKです^^

 

身体を使った、

”ゆっくりにしかならない”

本当の意味がこれで分かるはずです^^

 

強くて曲がらない。

そして飛ぶしミスしない。

 

そんなショットが打てますよ^^

 

是非、あなたも体得して下さいね。

 

たま吉でした^^

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^