たま吉です^^

 

今回のテーマは、

【良い当たりしたのにプッシュアウト】

です。

 

経験のあるメンバーも多いはず。

 

プッシュアウトとは、

右打ちの場合、

真っ直ぐ右方向に出て、

飛距離がある人だとOBにもなります。

 

出たら嫌なミスショットの一つですよね。

 

かく言う私も割りと飛ぶ方なので、

プッシュアウトするとOBないしは林からの、

セカンドショットとなり、スコアを崩す原因にもなります。

 

ではこの”プッシュアウト”ですが、

どうすれば防げるのか?

修正する方法はあるのか?

と言った事になるかと思います。

 

そもそもプッシュアウトになるのは、

”そのまま真っ直ぐスライス方向に飛んでいる”

と言う事になりますよね。

 

と言う事はつまり、

”実は真っ直ぐ飛んでいる”

と言えると思いませんか?

 

そうなんです。

スイングにもショットにも、

特に問題は無いんです。

 

真っ直ぐ飛んでるわけですから(笑)

 

つまり、インパクトでフェースはちゃんと、

”スクウェア”に当たっているんです。

 

だから、

”良い当たり”

なんですね。

 

私も経験がありますが、

真っ直ぐスライス方向に飛ぶと言うのは、

スイングは悪く無いんです。

 

ではどこが原因かと言いますと、

やはりアドレスにあると言う事です。

 

これは本当に少しのズレと言うか、

微妙なアドレスでの向きが問題なので、

中々気付きにくいわけです。

 

・そもそも右(右打ちなら)を向いている。

・左肩が若干開いている。

・ややオープンスタンスだった。

・ほんの少しフェースが開いていた。

・顔の向きが飛球線方向になっていた。

 

など言い出したらキリがありませんが、

ほぼ間違いなくアドレスに原因があります。

 

スイング自体は私がお渡ししている、

スロードリルで身に付いているので、

”真っ直ぐ”飛んでしまうわけですね(笑)

 

スイングが身に付いていない場合は、

ダウンスイングでクラブが寝て降りる事で、

フェースが返らずそのままヒットする為に、

インサイドアウト軌道でのプッシュアウトも起こります。

 

ですが、3カ月近くスロードリルを実践したり、

各コンテンツの練習を取り組んでいれば、

限りなくスイングの問題はありません。

 

そこは自信を持って頂ければと^^

 

 

プロでもアドレスに関しては、

同伴キャディが後ろから確認するくらい、

少しのズレにも敏感です。

 

プロはフェアウェイキープが必須な上に、

飛距離もありますからね。

 

例えば3度方向性がズレるだけで、

250yd先では何十ydも横にズレます。

 

それに、ティーグランドとは言え、

全くの平らな状態ではありませんからね。

 

微妙な傾斜の上にティーグランドもありますから、

少しでも平らな位置を探す事も重要です。

 

漠然と左右だけを決めてティーを指すのではなく、

なるべく平らな場所を探してみて下さい。

 

それだけでも方向性のズレは回避出来ます。

 

それと、私がやっている方法ですが、

平らな位置を探した上で、

アドレスを取る際に、一度正面を見ながら、

クラブを真正面に持ち上げます。

 

そこから素直にクラブを降ろして、

フェーススクウェアを確認してから、

右肩を降ろすように中心線を傾けてアドレスします。

 

こうすれば肩も水平になりますから、

多少スタンスがオープンであっても、

フェースはスクウェアになっていますし、

上体もスクウェアになっていますから、

フェードになるだけで済みます。

 

是非試してみて下さいね^^

 

 

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^