たま吉クエスト:ゼロ

たま吉です^^

 

最近はたま吉通信のメンバーとのやり取りで、

明確に成果が出ているメンバーと、

多分中々思うような結果が出ていないメンバーでは、

 

『一体何が違うのだろう?』

 

と言う事を考えていました。

 

『なぜその通りにやっているのに上手くなれないのか?』

 

これは誰でも経験があるかと思います。

もちろん私にも星の数ほどあります(苦笑)

 

大体の場合は、

”スイングのどこかしら”

に原因を求めてしまうはずです。

 

色々と話しをさせて頂いて分かったのは、

『スイングに原因がある場合は少ない』

と言う事です。

 

もちろんスイングに問題が無い訳ではありません。

 

スイングもしっかりと身に付ける必要は当然ですが、

それ以前に出来ていない場合がほとんど。

 

だと言う事が見えて来ました。

 

その部分とは何か?

・グリップ

・アドレス(構え)

 

この2つです。

 

グリップに関しては難しいのですが、

左がフックなのに右はウィークとか、

極端にフック過ぎていたりはあまり推奨しません。

 

ショートサム、ロングサムや、フックやウィーク、

インターロッキングかオーバーラッピングか。

 

握り方の種類の問題ではなくて、

最低限守るべき基本が出来ていない。

 

この場合は要注意です。

 

それとアドレスです。

 

アドレスには方向性(アライメント)と、

姿勢(ポスチャー)の2つがありますが、

今の場合は姿勢ですね。

 

スイングしてショットを打つ為の構え。

 

これが中々出来ていない場合が非常に多いと感じます。

 

練習場に行ってもそうですし、

コースに出ても同じ事が言えます。

 

上手い人は総じてアドレスから上手そうで、

実際に打てばやっぱり上手いです(笑)

 

逆にアドレスが独特な形なのに打てる人は、

練習量や長年の感覚で何とかして来ています。

 

それでも打てるようになるのは不可能ではありませんが、

必ずどこかで頭打ちしてしまいます。

 

なぜそこまで言い切れるのか?

 

これは未だにショットがおかしくなる場合は、

ほとんどアドレスが原因になっているからです。

 

前傾角度から顔の向きや角度、

膝の角度や手元の位置、スタンスから、

肘の関節の状態や背中の張り。

 

これらが少しでも違っていれば、

ミスショットをするのは簡単です。

 

本来ゴルフの動き自体は複雑ではなく、

必要な各動きの理屈を理解して、

どう動いてどんな感覚なのかを掴めば、

シンプルそのものです。

 

それがここまで難しいのは、

ほんの些細な構えのズレだけで、

簡単にミスショットになってしまうからです。

 

上手くなればなって行くほど、

”グリップとアドレス”

この重要性に気が付くはずです。

 

それはスイングはある程度は固まったのに、

打てたり打てなかったりを繰り返すと、

自ずとグリップとアドレスに行き着くからです。

 

それなのにテークバックとかトップの位置とか、

切り返しやダウン、インパクトのゾーンや、

フォローやフィニッシュに答えを求めてしまいます。

 

だから出口の見えない迷路に迷う訳ですね。

(とは言え私の通った道ですが^^;)

 

最終的には何が正しくて何が悪くて、

何をすれば上手くなれるのか?

 

さっぱり分からなくなって嫌になる訳です。

 

正しいゴルフ上達の絶対的な基本とは?

ゴルフの上達順序はシンプルです。

 

グリップとアドレスに始まり、

グリップとアドレスに終わる。

 

これこそがゴルフの絶対的基本だと、

私が今になって思う最大のポイントです。

 

理論や方法論は二の次です。

 

だから理論や方法論に偏っても、

中々上手くなれないと思っています。

 

けど雑誌にしてもレッスンにしても、

ゴルフ教材にしても何でもそうですが、

理論や方法論に偏っています。

 

まぁ仕方が無い部分もありますが、

もし私が友人知人に教えてくれと言われたり、

メンバーから依頼されればこう言います。

 

『まずはゴルフの理屈を知る事から。』

『次にその理屈を再現する為の土台(グリップとアドレス)』

『この2つをまずはじっくりと作って下さい。』

 

そして、

『どうすればその動作になるのか?』

『その動作はどんな感覚なのか?』

『一つずつ理解しながら動いて下さい。』

『最終的にそれぞれの感覚を繋げます。』

と言います。

 

ある程度はやりながらでも身に付きますが、

それだと中々上達しないのもゴルフの特徴です。

 

けど、大人である私たちは頭で理解して、

実際に動いて感覚を掴んで反復すれば、

よほど複雑な動きではない限り身に付きます。

 

確かにゴルフスイングは、

一瞬の中で色々な制約があります。

 

それを一度のやろうとしても難しい訳です。

 

けど、それが出来る方法もあります。

 

やり方自体はとても簡単な方法ですが、

少しだけコツがあるのですね^^

 

メンバーからは驚かれますが、

確かにこの方法を思いついた時は、

”閃いた”と同時に”一瞬で全てが繋がった”

方法です。

 

もちろん性別年齢は問いません。

筋肉量や柔軟性も関係ありません。

 

本当に誰でも出来ます^^

 

『今までずっと悩んでいたのに、

グリップ、アドレス(ポスチャー)を見直したら、

見違えるくらいスムーズにスイングが簡単になった。』

 

これはあるメンバーから頂いたメッセージです。

 

それだけゴルフの色んな問題は、

絶対的な基本の中にある訳です。

 

ゴルフの上達に悩んでいるのであれば、

改めて絶対的な基本から見直すのが早いはずです^^

 

ではでは。

 

たま吉

 

追記

絶対的な基本の部分と、

スイングを身に付ける為の方法。

 

グリップやアドレスの作り方から、

ゴルフスイングの各パーツを身に付け、

一つに繋げる為の簡単な方法。

 

その全てをこちらで詳しくお伝えしています^^

興味があれば是非一度ご覧下さいね。

 

レッスン不要のたま吉通信

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ


”たま吉クエスト:ゼロ講座”

3,000名突破!!
【スイング作りからマネジメントまで完全網羅!!】


『ベストスコア更新!100切り!80台達成!!』
『周りに驚かれるほどスイングが激変した』
など喜びの声を大勢のメンバーさんから頂いております^^


実はスイング動作は家の中で毎日3分もあれば、
1カ月でボールを打てるようになりますし、
絡まりに絡まった糸がほぐれるように、
ゴルフスイングの真理が掴めます^^

無料で気軽に始めてみませんか?


無料コンテンツ多数プレゼント
・感想プレゼント:自宅練習虎の巻【上下巻】<テキスト>
・基本スイング作り<動画コンテンツ>
・ドライバーマスターステップ<動画コンテンツ>
・アプローチの鉄則<動画コンテンツ>
・スコアアップマネジメント
・たま吉クエストメンバーさんからのメッセージ


これだけで有料教材並みのお墨付き^^
既に100切り80台達成メンバーさん多数!!


詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^