ラフからのショットは打ち込まない!?

ラフからのショットでスコアアップ?

たま吉です^^

ラフと言えば打ち込むイメージが強い。。。

そう思ってるなら認識を変えて頂きます^^;



 

ラフは打ち込むように上から鋭角にヘッドを入れる。

定説のように言われてるこのセオリーですが、

果たして本当に正しいのでしょうか?

 

確かに、ドライバーショットを曲げてしまい、

あちゃーと思ってセカンド地点まで行きます。

 

そしてボールを確認すると、見事にラフに埋まっている。

 

すごくよく見る光景ですよね?

ボールが草に埋まってるから出すのは大変だぞ。とか、

腕の力が無いと芝に負けて振り抜けないな。とか、

しっかりインパクトさせないと距離が出ないな。とか。

 

色々な事を考えてしまいますよね。

そして実際に打つとなると、、、

 

ダフったりトップしたり、およそ打つ前に考えていたミスとは違う、

ただのミスショットになりがちではないでしょうか。

 

これらのミスは飛距離も出ない、次もラフから、、、

そういった事になりやすく、大叩きの原因にもなります。

 

ラフからしっかりと打てれば大叩きも無く、スコアが改善しますよね^^

 

ラフにおける本当のボールの状態とは?

 

ラフに埋まっているボールを見ると、

打ち込まないと出ないと思ってしまいます。

 

これがそもそも間違いである可能性があります。

 

『ボールを上から見てると』

 

これがキーワードです。

上から見るから埋まって見えてるだけ。

なんですね。実際は。

 

本当のボールの状態と言うのは、浮いてる可能性が高いです。

深すぎてボールが探せないような、生い茂ってる場所はともかく、

通常のラフであれば、ほぼ浮いてる状態と言えます。

 

まず、ボールが最初に着地する時点では、埋まりませんよね?

何度か跳ねてからラフで止まるはずです。

 

ボールの方が芝より重いか?応えはノーです。

芝の強さの方が上です。なので、自然とボールは浮いた状態になりやすいです。

 

ボール周りの芝を無くしたと仮定すると、

丁度ティーアップした感じですね。

ティーアップしたボールを打ち込む人は、まずいませんね^^

 

確認する事は1つです

 

ラフからのショットの場合、ボールが浮いてる事が分かりました。

それはつまり、通常のショットと何ら変わりがない事を意味します。

 

ですが、少し確認しなければならない事があります。

ボールの周りに芝が囲んでいる。と言う事です。

 

つまり、インパクトの前に芝に当たります。

それは、”芝の抵抗がある”事を意味します。

 

インパクトゾーンが長ければそれだけ芝の抵抗を受けます。

特に夏場の強い芝の場合、かなり抵抗を感じると思います。

 

ここで確認しなければならない事は、正にこの抵抗です。

素振りをして、どれだけ芝の抵抗があるか?

スイングしてみて確認をして下さい。

 

抵抗が強ければ、それだけ力を入れないと負けてしまいます。

力を入れると言っても、しっかり振るのであって、

強く握るとか、腕で打つとかそう言った事ではありませんよ^^;

 

ラフは払い打つように

 

ラフの状態が浮いてるのであれば、

ダウンブローを意識して、ターフを取るスイングは必要ありません。

ティーアップしたボールを打つように、払うように打てば問題ありません。

 

芝を切るように、カットに入れたりとか、

そんな難しい技術はここでは必要ありません。

 

但し、芝の抵抗を考慮する必要があるため、

素振りでその確認だけはしっかりと取りましょう。

 

ラフに入るとどうしても、打ち込んだり、

芝を視覚的に見てしまう事で、強く打たなければならない。

そう思い込んでしまうイメージになりがちです。

 

ですが、実際ボールは浮いています。

見れたら、一度横から見てみて下さい。

 

それに、芝の抵抗といっても、クラブスピードを考えて、

あの重くて硬い鉄が芝に負けますか?

 

それでも知識のある人は、こう言うかも知れません。

 

柳のようにしなる木は、早く振るほうが、抵抗が強くなる。

 

確かに、これは正しいと言えます。

 

ゆっくり倒せばこんなに簡単な事が無いのに、

早くしたほうが、抵抗が強くなるのは科学的に正解です。

 

けれど、それはとんでもなく早いスピードでの話しです^^

そんなに早くは振れません。。。

 

プロのヘッドスピードでもそんな事になりませんよね?

抵抗が強くなる事はあっても負ける事はありません。

 

ですので、浮いてる事を前提に、払い打つ事で簡単に打てます。

ラフからのショットを克服すればスコアアップは間違いありません。

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


オリジナルコンテンツ(完全無料)

◆◆◆たま吉流ゴルフ上達講座:スコア120~初心者向け◆◆◆

たま吉通信


”レッスン不要のたま吉通信”

祝!1,000名!!
【スイング作りからマネジメントまでトータルスコアアップ講座】


『ベストスコア更新!100切り!80台達成!!』
『スイングが激変した』
など喜びの声を大勢のメンバーから頂いております^^


家の中で毎日3分もあれば、
1カ月でボールを打てるようになりますし、
絡まりに絡まった糸がほぐれるように、
ゴルフスイングの真理が掴めます^^

無料で気軽に始めてみませんか?


無料コンテンツ多数プレゼント
・自宅練習虎の巻【上下巻】
・初心者脱却STEP講座
この2つをすぐにお渡ししています。


これだけで有料教材並みのお墨付き^^
既に100切り多数。
80台達成メンバーもいます!!


詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^


◆◆◆たま吉流ゴルフ上達講座:スコア100~120の経験者向け◆◆◆

メルマガ講座



”80台への道”
100切りに悩む経験者向きです^^
最短で100を切り、本気で80台を目指す本格派講座

詳細はこちら



スイング作りからスコアアップするマネジメント(考え方)まで。
私が80台を達成した全てを完全無料で公開中です^^

※自宅練習虎の巻:上下巻プレゼント
 (実践者からは大変好評です^^)

※ゴルフが上手くなるには何よりも基礎作り。
 スイングの土台と基礎作り講座
 (実はこれだけで100が切れる内容でもあります^^)

※新コンテンツ:ドライバーマスターステップ収録

DRMS


+50yd・スライスが治った・弾道が変わった。
周りに驚かれるなど多数の成果の声を頂いています^^

しかもたった1カ月、週1練習程度での結果です。

何も難しい事はしていません。
ドライバーが苦手だと言う99%のゴルファーが、
この間違いに気付いていないポイント。

それを直せばドライバーは誰でも得意になれるのです。

詳細はこちら



今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^



コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

lgf01a201402051700


はじめまして!!

管理人の”たま吉”と申します。

家族とゴルフをこよなく愛する
どこにでもいるイチゴルファーです^^

30代のサラリーマンゴルファーのわたくしが、
80台を出した全てを悩めるゴルファーにお伝えしています!!


詳しいプロフィール



ご質問、ご相談はこちらの『お問い合わせ』からお気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

レッスン不要のたま吉通信

レッスン不要のたま吉通信

ゴルフは誰でもいつからでも上手くなる事は可能です^^

初心者ゴルファー大歓迎!!

ゴルフ上達に必要な事をここで全て明らかにしています。
お気軽にどうぞ^^

詳しくはこちら

80台を達成するには?たま吉流80台達成法

80台を達成するには?たま吉流80台達成法

初級者大歓迎^^

本気で80台を達成する為の、知識・マネジメント・スイングの作り方。

たま吉の全てがここに。

詳しくはこちら

ドライバーマスターステップ

ドライバーマスターステップ

『ドライバーが苦手』
『ドライバーだけ打てない』
『アイアンは打てるのに』

私の元には日々、切実な思いが寄せられています。

『その声に応えたい。』
と言う一心で新コンテンツを一から作成しました^^



これであなたもドライバーが得意クラブに変わります!!

詳しくはこちら

3カ月で初心者を卒業するなら

3カ月で初心者を卒業するなら

詳しくはこちら

『始めたばかりで、何したら良いかわからない・・・』と言う方へ

スコア120から80台を目指すなら迷わずコレ

スコア120から80台を目指すなら迷わずコレ

100切りから一気に80台を目指すなら!!
中級者から上級者へ一気に飛び抜ける必須教材。
ドライバーが強力な武器になる事間違い無し

レビュー詳細

100切りで悩むか一気に抜けるかの境界線

100切りで悩むか一気に抜けるかの境界線

ゴルフの王道スイング。土台を築く事が上達の鉄則。ぶれないスイング核作りの決定版!!シンプルこそ至高なスイング。

レビュー詳細

さらにマニアレベルに徹底解剖!!
もっと知りたい方はこちら^^

ゴルフシンプル理論徹底解剖

独学用ゴルフ教材一覧:購入済み

独学用ゴルフ教材一覧:購入済み

たま吉からのメッセージ

たま吉からのメッセージ

たま吉からあなたへ。

『ゴルフが上手くなりたい。けど何をすればいいのだろうか・・・。』

初心者も経験者も、誰でも今かでも遅くはありません。

もう一度トライしませんか?

メッセージはこちら

カテゴリー

FX

このページの先頭へ