たま吉です^^

 

これでも私も雑誌やネットなどの情報で、

”ダウンスイングでの左脇を締める”

重要性については沢山見ています。

 

もちろんこの正当性については、

否定する事は何もありません。

 

ダウンで左脇が空いている人を、

練習場でも多く見かけますが、

やっぱりもったいないですよね^^;

 

 

スイングの再現性も低くなりますし、

ボールをいくら打っても右(スライス方向)にしか飛びません。

 

きっとこれでお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

 

『じゃあどうするか?』

 

と言う事で色々ネットで情報を探すものの、

核心を突く解決策が無かったので、

せっかくなので今回は書く事にしました^^

 

 

確かに、

”ダウンで左脇を締める”

のは正しいです。

 

問題はその方法が難し過ぎるんですね。

 

私はゴルフスイングと言う物は、

極力無駄な動作や、複雑な意識や動きは、

排除してシンプルにすべきだと思っています。

 

もっと言えば、

”身体の仕組みを知って、理屈を理解”

する事で、

”余計な事を考えなくても自然なスイング”

となるのが理想だと考えています。

 

 

つまり、

”ダウンで左脇を締める動作”

も、実は自動的に締まる仕組みや理屈がある。

 

と言う訳です^^

 

 

『なに!?そんな方法あるなら教えろ!!』

 

と思われたのでしたら、

このままお読み下さい(笑)

 

 

一応これは私も実践していますし、

とあるレッスンプロも同じ事を言っていたので、

私だけの感覚では無いですので^^

 

 

ダウンスイングで左脇が自動的に締まる理屈と仕組み

 

”理屈と仕組み”

とか言うと小難しい感じがしますが、

至って簡単で誰でもそうなります。

 

 

ポイントは2つ。

 

・アドレスでの脇の締め方

・ダウンスイングの動作

 

これだけです^^

 

これだけじゃあ、まだ分かりませんよね?

 

 

なので一つずつ説明します。

 

 

そして、実際に体感してみて下さい^^

 

 

そのドリルも最後にご紹介します。

 

 

 

まずアドレスですが、

グリップの際にポイントがあります。

 

まず、これは両肘ともに同じになりますが、

肘の内側を正面に向けます。

 

丁度肘が自分の方を向く感じですね。

 

肘の内側、曲がる方を正面にして、

肘は自分の身体に向けます。

 

で、大切なのはグリップを握る時です。

 

ここで、

”肘の向きを変えずに手首だけを回して”

グリップします。

 

これで肘は自分を向いたままですよね?

 

そして、これだけだとまだ脇は締まりません。

 

次に、グリップしたまま、

クラブを正面に持ち上げてみて下さい。

 

そしてそのまま降ろします。

 

そうすると、二の腕が胸の上に乗る状態になりますよね?

 

脇がキュッと胸に乗って締まっている感じですね。

 

分かります?

 

こんな感じです。

 

 

まずはこれで一つ目の、

ダウンで左脇が締まる準備が出来ました。

 

次にダウンスイングになるのですが、

今言った方法でアドレスしてから、

いつものようにバックスイングします。

 

これは今は省略しますが、

とりあえずバックスイングします。

 

 

で、一旦トップで止めてみましょう。

 

ここからが2つ目のポイントです。

 

ゆーっくり、ゆーーっくりと、

下半身と言うか左膝ですね。

 

少しトップで内側に入っているかと思いますが、

アドレスの位置に戻してみて下さい。

 

 

これもゆーっくりと戻します。

 

丁度スイングを左膝の位置を、

アドレスに戻すように逆再生してみて下さい^^

 

 

決して手元からダウンはしません。

 

むしろ手元は何もしません。

 

何もしませんが、左膝をアドレスの位置に戻すだけで、

連動して腰、上半身が勝手に回るはずです。

 

 

で、ここでポイントです。

 

ゆーっくりと左膝を戻すと腰、上半身も連動して、

回転運動をしますが手元は何もしなくても、

”勝手に降りて”

来ませんか?

 

で、その時の左脇って締まってませんか?

 

 

そうです。

 

手元は降ろしていないにも関わらず、

膝を元の位置に戻そうとすると、

腰も上半身も回転運動が連動しますが、

手元は降ろしていないので結果として脇が締まります。

 

これは、意識的に締めると言うよりも、

手元は降ろしてないけど下半身と上半身が、

回転するから自動的に締まるんですね。

 

 

つまり、下半身と上半身は左に行こうとしてるのに、

手元はまだトップの位置にあり続けようとするので、

反作用が生まれて締まると言う訳です。

 

上半身⇒左に行きたい

手元⇒動かしてないからそのまま

 

これで引っ張り合う形になる訳です。

 

で、上半身は左に行こうとしてるのに、

手元はトップの位置のままですから、

左脇は2つの反対方向の力の作用によって、

”勝手に締まる”

と言う事です^^

 

 

何となくイメージ出来ますでしょうか?

 

 

これが、

”ダウンで左脇が締まる理屈と仕組み”

になります^^

 

 

では実際それを体感する方法ですが、

これは先ほども言いましたように、

 

”トップで一旦ストップして”

”左膝だけをアドレスの位置に戻す”

 

これだけで腰と上半身の回転方向の連動と、

手元がそのまま残ろうとするけど、

実際は自然と腕が降りてくることで、

左脇が締まる感覚を体感出来ます^^

 

 

ポイントはゆーっくり、ゆーーっくりと、

左膝を戻すように動く事です。

 

 

早くやると感覚が認識出来ませんので、

ゆーっくりと動いてみて下さい^^

 

 

 

一応宣伝しておきますと、

以下の”たま吉通信”で、

もっと詳しい事をレポートとして、

無料配布させてもらっています^^

 

宜しければ是非(笑)

 

 

PRはこれくらいにしておきますが、

今言った理屈を理解して実際に体感すると、

ダウンでの左脇の締まる感覚や、

締まる理由もはっきりするかと思います^^

 

 

 

たま吉

 

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


◆◆◆たま吉クエスト:ゼロ講座【無料】◆◆◆

たま吉クエスト:ゼロ

詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^