スイングの始動についての秘密。型を決める

スイングの始動のある秘密

たま吉です^^

スイングの始動について決まったやり方はありませんが、

方法は様々です。

 

あまり語られない

重要なある秘密をお話しします。

 

 

スイングの始動はどうしてますか?

 

ゴルフスイングは

静から動の動き

です。

 

止まった状態から

いきなり正確に動くのはかなり難しい

と言う事。

 

そこで、

身体が自然と動かせるような方法

を取る訳ですね。

 

古くはジャックニクラウスの”チンバック”

 

これは始動のタイミングで

アゴを少し飛球線と反対に向けてから

始動する方法ですね。

 

あと、有名な方法だと

”フォワードプレス”

と言って、

 

手を少し飛球線に押し出してから

テイクバックする方法です。

 

変わった方法だと、

つま先を少し上げて、戻したタイミング。

 

そんなシングルの方もお見受けした事があります。

 

また、左足を少し踏み込むように

してから始動する人もいます。

 

どれが正しい方法ではなく、

自分の型

を見つけて欲しいを思います。

 

プロがよく、ボール近辺で

ゆらゆらさせてますね?

 

ワッグルと言いますが、

これも止まるとスムーズに動けないから、

身体を止めないでスムーズに

動作に入る為にやってます。

 

私の場合は、実際に動くとタイミングが合わず、

色々試しましたがしっくりきませんでした。

 

 

今のやり方は、

頭の中で一回フォローを取ります。

 

フォローをして、ヘッドの重さで

戻る軌道をイメージして、

そのままテイクバックに入ります。

 

そうする事でヘッドの軌道が安定して、

同じ動きが出来ます。

 

簡単に言うと、

頭の中で振り子運動をするって感じです^^

 

完全にオリジナルなので、

説明が難しいと感じるはずです^^;

 

 

スイングの始動については、

あまり語られない、

”ある重要な事”

が隠されてますので、

是非型を作って下さい^^

 

スイング始動の方法に隠された重要な事とは?

 

スイング始動のタイミングを

自分に合った型を見つける事

 

これはスムーズなスイングを作る事

以外にも重要な秘密があります。

 

その秘密とは、

 

”スイングのリズムを作る事”

です。

 

スイングリズムも重要なポイントになります。

 

打ち急いだり、

急に緩めたりすれば、

それだけスイングが乱れてしまい、

ミスに繋がります。

 

毎回機械のように

同じリズムでスイングする事で、

 

再現性の高いミスしないスイング

が手に入ります。

 

このリズムですが、

よく聞く話しですよね?

 

雑誌やレッスン書、

引いては教材まで存在します。

 

リズムの大切さは重々知ってるよ!

って人も、

今まで一度も意識した事が

無い人も一緒にやりましょう。

 

方法としては、4拍が良いとか、3拍が良いとか、

メトロノームを使うとかあります。

 

まぁ

これも何が正しいか分からない戦法

です^^;

 

それに、何拍が正しいとか意味ないですし、

練習場でカッチコッチ、カッチコッチ出来ません^^;

 

他の人の迷惑です。

 

そんなのに合わせたら

余計リズム狂うはずです。

 

自慢じゃないですが、

私はリズム感が乏しいので、

合わせいって、おかしくなるのは、

目に見えますし(笑)

 

 

心拍数がベストって言いますよね?

 

これも自分の心拍数のリズムを

知ってる人っているのか!?

 

そう思えるくらい不自然な方法論ですね。

 

ですが、スイングの始動の型を

決めてしまえば、

自然とリズムが作れる

ようになります。

 

スイング始動はこのリズムを

作る意味でも非常に重要なんです。

 

これが、スイング始動に隠された

秘密なんです。

 

なぜスイングの始動がリズムを決めるのか?

 

自分の体内リズムと言うのは、

先ほども言ったように

”心拍数”で違います。

 

 

年と共にゆっくり変化しますが、

大事なのはそこじゃありません。

 

運動すれば早くなるし、

寝てればゆっくりですからね。

 

そんな基準が曖昧では

当てになりません^^;

 

本質は、

心拍数 = 体内リズム

こう考えれば良いんですね。

 

 

つまり、心拍数が体内リズムなんであれば、

体内リズム通りにスイングすれば良い

て事です。

 

体内リズム通り = 気持ち良いスイング

こう解釈出来ませんか?

 

人間の感覚って結構当てになる物で、

歩くスピードも早い遅いがありますよね?

 

これって意識してなはずです。

 

でも、自分に合った速度で

自然に歩いてますよね。

 

それを人に合わせて

早くなったり遅くなったりしたら、

歩きづらい事この上ないですよね^^;

 

これと同じ事で、スイング = 歩く

 

みたいなイメージで、

あくまでも自然なリズムを掴みましょう。

 

このリズムを掴む事で

安定したスイングリズムが養われます。

 

で、

始動のタイミングがリズムを作る理由

ですが、

 

自然に始動に入れれば、

その流れで自然に振れば

良いだけですよね?

 

余計な事は考えたりせず、

自分の気持ちの良いスイングをするだけ

です。

 

仮に始動が不安定で、

不自然に急に動いたり、ゆっくり動いたりしてから、

 

徐々に

自分のリズムに持って行くのは難しい

はずです。

 

あくまで、

自然に始まるから自然にリズムも取れる。

 

だから、

スイングの始動を型にはめて、

自然になれば、スイングリズムも

自然にスムーズに流れていくんですね。

 

スイングの始動を自分の型にはめる

自然にスタートする

自分に合った気持ち良い

スイングリズムで振る

 

これで1つの流れが出来上がりです^^

 

打ち急ぎやタイミングが

合わないなんて事になりません。

よって、再現性も高くなります。

 

 

始動が決まれば、

自然とスイングリズムも決まる。

 

で、肝心の始動の方法ですが、

これは見つけるしかありません^^;

 

申し訳無いのですが、

唯一論が存在しないので、

【試す】しか無い訳です。

 

ただ、始動=きっかけ

そう思ってみると分かり易いですね。

 

止まった状態から、

次の動作に入る時に、

どこを動かせばスムーズか?

 

必ずどこか動かす方が、

スムーズ始動出来るのは共通しています。

 

そして、その動かすポイントも、

アゴとか、手とか、足とかで、

意外と限られます。

 

なぜなら、非常に小さな動作で、

十分始動に必要な動作になるからです。

 

そうなると、一番やり易いのは、

【フォワードプレス】かなと思います。

 

一旦アドレスの手元を、

『ピクッ』と飛球線方向に、

動かすのをキッカケにする方法です。

 

本当に僅かで構いません。

見ていても分からないくらい。

 

それでも十分過ぎる程、

脳が

『あっ、これから動かすんだな』と、

身体に合図と信号を送ってくれます。

 

それだけで始動は決まります。

 

あなたが『テイクバックのきっかけ』

これが分からないのであれば、

 

【フォワードプレス】

こちらをあなたの始動の型にして下さいね^^

 

では、たま吉でした。

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


オリジナルコンテンツ(完全無料)

◆◆◆たま吉通信:レボリューション◆◆◆

たま吉通信レボリューション


”たま吉通信レボリューション”

2,000名突破!!
【スイング作りからマネジメントまでトータルスコアアップ講座】


『ベストスコア更新!100切り!80台達成!!』
『スイングが激変した』
など喜びの声を大勢のメンバーから頂いております^^


家の中で毎日3分もあれば、
1カ月でボールを打てるようになりますし、
絡まりに絡まった糸がほぐれるように、
ゴルフスイングの真理が掴めます^^

無料で気軽に始めてみませんか?


無料コンテンツ多数プレゼント
・自宅練習虎の巻【上下巻】<テキスト>
・初心者脱却STEP講座<動画コンテンツ>
・ドライバーマスターステップ<動画コンテンツ>


これだけで有料教材並みのお墨付き^^
既に100切り多数。
80台達成メンバーもいます!!


詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^



2 Responses to “スイングの始動についての秘密。型を決める”

  1. たま吉2世 より:

    たま吉さんの記事から新たな啓示を受けたいと捜しているうちに、今日のタイトルに目が止まりました。

    読み終えたところで、何か素晴らしいことが始まる予感がしました。

    それは、貴兄の「フォワードプレス」ではなく、私にとっての「右膝のフォワードプレス」です。

    貴兄のどこかの記事に、バックスイングで体が右に流れないようにするために、右膝を不動にする。そして、方法として、動かさないではなく、反対方向(フォワード方向)に右膝を動かそうとすることが書いてありました。

    実際にやってみて鏡で確認しますと、確かにこの方法で、バックスイング時に不動の右膝が手に入ります。これはこれで大変ありがたいノウハウです。

    ところで、この右膝のフォワードプレスをバックスイング動作の中で忘れないようにするにはどうするかがこのところの課題の一つでした。

    それが、今日のスイングの始動のきっかけの話を読んでいるうちに、私のきっかけとして採用しようかと思い立った次第です。

    これですと、スイングのきっかけとしても使えるし、そのあとに続く、不動の右膝のための膝のフォワードプレスを思い出すためにも使えますので一石二鳥です。

    これで問題ないかこれから試して見ます。また、練習場でも試して見ようと思います。

    • shin より:

      たま吉2世さん

      コメントありがとうございます^^

      色々とバタバタしていたのと、
      昨日4月9日土曜日に、
      今シーズン初ラウンドだったので、
      返信が遅れてしまいました(汗)


      ”右膝のフォワードプレス”
      確かにそうですね^^


      これもクセ付けしないと忘れますよね。

      私は始動時に右足(特に右足親指)で、
      踏み込む意識で始動しています。


      こうすると足の内転筋が自然と使えるので、
      動き過ぎる事も防げるのと同時に、
      右股関節に乗った瞬間が感覚で掴めるので、
      上体が伸び上がる程、バックスイングしてしまう事も、
      同時に防げます^^


      感覚的な事なので色々試してみて、
      自分に合った形を採用する。

      それが一番ですからね^^


      たま吉

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

lgf01a201402051700


はじめまして!!

管理人の”たま吉”と申します。

家族とゴルフをこよなく愛する
どこにでもいるイチゴルファーです^^

30代のサラリーマンゴルファーのわたくしが、
80台を出した全てを悩めるゴルファーにお伝えしています!!


詳しいプロフィール



ご質問、ご相談はこちらの『お問い合わせ』からお気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

たま吉通信レボリューション

たま吉通信レボリューション

ゴルフは誰でもいつからでも上手くなる事は可能です^^

初心者ゴルファー大歓迎!!

ゴルフ上達に必要な事をここで全て明らかにしています。
お気軽にどうぞ^^

詳しくはこちら

80台を達成するには?たま吉流80台達成法

80台を達成するには?たま吉流80台達成法

初級者大歓迎^^

本気で80台を達成する為の、知識・マネジメント・スイングの作り方。

たま吉の全てがここに。

詳しくはこちら

ドライバーマスターステップ

ドライバーマスターステップ

『ドライバーが苦手』
『ドライバーだけ打てない』
『アイアンは打てるのに』

私の元には日々、切実な思いが寄せられています。

『その声に応えたい。』
と言う一心で新コンテンツを一から作成しました^^



これであなたもドライバーが得意クラブに変わります!!

詳しくはこちら

3カ月で初心者を卒業するなら

3カ月で初心者を卒業するなら

詳しくはこちら

『始めたばかりで、何したら良いかわからない・・・』と言う方へ

スコア120から80台を目指すなら迷わずコレ

スコア120から80台を目指すなら迷わずコレ

100切りから一気に80台を目指すなら!!
中級者から上級者へ一気に飛び抜ける必須教材。
ドライバーが強力な武器になる事間違い無し

レビュー詳細

100切りで悩むか一気に抜けるかの境界線

100切りで悩むか一気に抜けるかの境界線

ゴルフの王道スイング。土台を築く事が上達の鉄則。ぶれないスイング核作りの決定版!!シンプルこそ至高なスイング。

レビュー詳細

さらにマニアレベルに徹底解剖!!
もっと知りたい方はこちら^^

ゴルフシンプル理論徹底解剖

独学用ゴルフ教材一覧:購入済み

独学用ゴルフ教材一覧:購入済み

たま吉からのメッセージ

たま吉からのメッセージ

たま吉からあなたへ。

『ゴルフが上手くなりたい。けど何をすればいいのだろうか・・・。』

初心者も経験者も、誰でも今かでも遅くはありません。

もう一度トライしませんか?

メッセージはこちら

カテゴリー

FX

このページの先頭へ