ドライバーが苦手、、、な人は必見です!!

ドライバー専用コンテンツ開設

完全無料で動画を交えてお伝えしています^^

是非一度ご覧になってみて下さいね。

ドライバーマスターステップロゴ画像

 

詳細はこちら

 

ドライバーが苦手、、、アイアンはそこそこ打てるのに。。。

※10月13日追加しました。

グリップ・アドレス・ポスチャー(姿勢)について、

ここが決まらないと、どうにもならないので^^;

 

原因のほとんどが、グリップ・アドレス・姿勢、

このどれかです。

後からでも読んでみて下さい^^

>>グリップ・アドレス・姿勢が全て

 

たま吉です^^

 

正直に言います。

『ドライバー”にも”苦労しました』^^;

 

 

 

ゴルフ上達

特に、

『アイアンがまともに打てるようになってから』

ドライバーだけが打てないのです。

 

ある日突然ドライバーが、

なぜか、当たりもしなくなったんです(泣)

 

それまで普通に打てていたのに、

『ある日、突然』

です。

 

ヒールに当たる。

テンプラする。

は当たり前。

 

空振り、チョロ、ダフリ、、、

本当にどうしようもなくて、

途方に暮れた時期があります。

 

『何が悪いか、何が原因かさえ不明』

こんな状態に悩まされました。

 

正に、

『アイアンの精度は上がったのに、

ドライバーだけが打てない病』

これを患いました。

 

上達過程では、

『誰でも起こる事』

だとは聞いていましたが、、、

 

こんな時の解決策が私には全く無かったんです。

 

もちろん、ドライバーの練習は、

欠かさずしていました。

 

多くはありませんが、

最低でも10~20球は、

毎回練習していましたから。

 

でも急に当たらなくなる。

その時の焦りは尋常じゃありませんでした。

 

だって、

『何をやっても当たりもしない』

訳ですから^^;

 

相当落ち込んで、悩んで、

調べまくった記憶があります。

 

結果的に、あるポイントだけで当たらないどころか、

【見た事も無い弾道】になりました。

 

そのあるポイントを、

今回はこの場を借りてシェアしたいと思います。

 

・何をやっても打てない日々

『ドライバーで悩む』

ゴルファーは大多数です。

 

私も例外ではありませんでしたので、

色々と練習方法を試した訳です。

 

一例を上げると、

・タオルを脇に挟んでハーフスイング。

・ベタ足スイング

・ゆっくりスイング

・ドライバーで飛ばさない練習

・ボールの位置調整

・ティーの高さ調整

・トップで一旦停止

・力を抜いて振り切る

・下半身リード

・小さいスイング

 

これだけの事を試しましたが、

根本的な解決には至りませんでした。

 

『何をやってもダメ』

 

もう一生打てないんじゃないかと

思うくらい世紀末な精神状態で、

コースに出ればOB連発。

 

当たってもチョロやダフリ。

14ホールで2回しか当たりませんでした。

 

こんな状態が半年近く続くと、

まともではいられなかったです^^;

 

 

・どうやって改善したのか?

『ドライバーだけが当たらない』

そんな私がどうやって抜け出したのか?

 

あなたが知りたいのはそこだと思います。

 

後から分かった事なんですが、

私の原因は、

【アドレスと姿勢】

でした。

 

もっと具体的に言うと、

・身体の姿勢が前傾過ぎる。

・膝を曲げ過ぎ。

・クラブヘッドがボールと近すぎる。

・アドレスの手の位置が悪い。

・クラブヘッドの位置が悪い。

 

この5つのポイントでした。

 

まずは基本に立ち返って、

『アドレス(姿勢)とグリップ』

『身体とボールとクラブの適正位置』

この2つを比較しました。

 

理由は簡単で、

『アイアンは打てているから』

 

アイアンが打てる以上は、

スイング自体はおかしくないはず。

 

となると、悪い原因としては、

スイング以外にあると考えた訳です。

 

精度はともかく、

『5番アイアンが打てているのに、

ドライバーが打てないのはおかしい。』

 

この仮説を立てました。

 

そこからイメージしながら、

ドライバーの特性に一つ一つ当てはめて、

問題点をクリアにしながらの修正です。

 

そうして最終的には、

『見違えるような弾道』

になった訳です。

 

今までのドライバーは、

『そこそこ良い当たり』

でした。

 

でも山なりの弾道でしかなく、

『力強さ』は感じられませんでした。

 

それが、

これからお伝えする方法で、

一から取り組み直してからは、

 

『インパクトの分厚さが全く違う』

『低く出て伸びて行く弾道』

『明らかにインパクト音が違う』

『芯で捉える(ミート率)が上がる』

 

など、圧倒的に違いが現れました。

 

もうこれで、

『後はこの感覚を身体に覚えこませて、

ミスの幅を小さくするだけで良い』

と思えるようになった訳です。

 

それからは、思い出しながら、

しばらくは、

『ドライバー練習しかしない』

と誓って、集中特化しました。

 

おかげで、当たりもしなかったのが、

1カ月も練習する頃には、

【周囲がチラ見する】

くらいのレベルにまでなりました^^;

 

本当に上手い人は、

打球の力強さが違います。

 

あなたもこれからお伝えする

練習で必ず手に入ります。

 

『当たらなくて悩んでいた』

『周囲がザワつく弾道』

 

あなたも、これを”実感”して欲しいと思います^^

 

ドライバー苦手克服法:具体的なステップ

パター子供

これからお伝えする方法は、

『初心者でも十分取り組める』

内容です。

 

もちろんレベルによっては、

各ステップの、どの段階にいるのか、

違ってくるのは当然です。

 

ですが、今現在ドライバーで悩むのであれば、

しっかりとステップ1から順に確かめて下さい。

 

そうしないと、

『あなたの当たらない原因』

これがあなた自身で気付けません。

 

まずは原因を掴む事。

そこからスタートして下さいね。

 

原因が分からなければ、

対処法もまた分からないままです。

 

私も含めて、大体のドライバーで悩む、

初心者も経験者もある共通点があります。

 

ほとんど同じ原因だと私は思っています。

なぜなら、練習場で見かける場合や、

周りの話しを聞いていても原因が同じだからです。

 

大丈夫です。

順にステップバイステップで、

進めて行けば、自ずと判明しますので^^

 

だから、そんなに複雑で難しい事ではありません。

 

あるポイント。

 

これが全てだと考えていて、

そこさえ修正すれば

見違えるようになるはずです。

 

特に、『アイアンはしっかり打てる』

のであれば、尚更すぐに改善します。

 

その”あるポイント”とは、

・身体の軸の傾き

・手の位置とヘッドの置き場所

 

この2つです。

 

順におさらいしましょう。

 

 

・ドライバーを得意に変えるステップ

 

まず全体像から言いますね。

 

・基本のおさらい(前編)

・練習方法&実践(後編)

 

では次に具体的に進めましょう。

 

・基本のおさらい

1、グリップ

2、アドレス(姿勢)

3、前傾角度・膝の角度

4、手の位置・クラブヘッドの位置

5、ボールの位置

 

先に答えを言いますと、

『ここに原因がある場合がほとんど』

です。

 

逆に言えば、

『アイアンが打てるなら、これだけでOK』

とも言えます。

 

続く、練習方法や原因追究は付属です^^;

この時点で気付くはずです。

 

もちろん、初心者の場合は、

しっかりと1から順に意識して下さいね^^

 

でも結局は同じ事です。

ここをしっかりと最初に固めてしまえば、

自然とドライバーも打てるようになります。

 

ですので、まずはしっかり基本を作って下さい。

 

ドライバーに関してはこちらの動画。

ドラコン王者 安楽拓也プロ ワンポイントレッスン

こちらが非常に分かり易くて参考になります^^


(音量にご注意願います)

全9回ありますので、

お時間がある時に見て下さい^^

 

ついでに飛距離アップもしますよ^^

 

1、グリップ

この握り方が大問題なんです。

ドライバーはアイアンと違って長いですね。

そして、ボールの位置も左寄りです。

 

そうなるとどうなるか?

『右手のグリップを横から握る』

 

見ていると横から握る人が多くいます。

もしあなたが、右手のグリップをおもむろに、

横から握っていたら要注意です。

 

バックスイングで右脇が空いてしまう。

オーバースイング。

クラブヘッドがプレーンから外れる。

アウトサイドからクラブが降りて来る。

手打ちになる。

 

様々な問題を連鎖的に引き起こします。

 

右手のグリップは必ず、

【下から指の付け根を引っかけて握る】

です。

こんな感じですね。

 

そこから自然に右手を握ると、

こうなります。

 

お気付きかも知れませんが、

【右手の親指と人差し指の付け根】

これが右肩を指します。

 

グリップの基本を本とかで読むと、

必ずこのレッスンがありますが、

単に付け根を右肩に向けるだけではダメです。

 

【右手のグリップを下から握って始めて正しい】

と言う事になりますので、間違えないで下さいね。

 

右手のグリップを横から握るのは、

経験上、【悪さ】しかしませんので^^;

 

2、アドレス

方向性や向きの事ではなくて、

【全て正面を向いているか?】

です。

 

足のライン、膝のライン、腰のライン、

胸のライン、肩のライン。

これが全て平行になるのが理想です。

 

が、これが実は出来ていません。

何故か?

『ドライバーの性質上、どうしてもズレる』

からです。

 

ドライバーのボールの位置って、

真ん中よりも左。ですよね?

 

ヘッドをボールに合わせると、

グリップ位置も左に寄ってしまいます。

 

スタンスも広めなので、

そこからグリップをするには、

右手を伸ばして握りますよね。

 

つまり、そこに合わせて構えると、

【右手を前に出さないと届かない】

と言う事です。

 

これは実際にやると分かります。

アイアンとの決定的な違いです。

 

ここさえ理解してしまえば、

後は簡単になります。

 

アイアンは、スタンスは肩幅か、

若干狭め。で、ボールはセンター付近。

 

ですから自然に構えると、

ハンドファーストになります。

 

では、もしアイアンのボールの位置を、

左に動かしたらどうなるか?

 

手首を返さなずに、しかも手の位置を変えずに、

左に置いたボールに合わせるには、

【右肩を前に出すしか出来ない】のです。

 

これと同じ事がドライバーで起きています。

 

手の位置は、アイアンもドライバーも基本同じです。

【左足太もも内側当たり】

です。

 

で、違うのはボールの位置ですよね。

これが、ドライバーもボールが真ん中なら、

問題は起こらないのです。

 

そのまま構えれば身体のラインは平行です。

それが、ボールの位置が左にあるだけで、

ヘッドをボールに合わせてしまう為に、

 

【右肩が突っ込んで前にかぶさる】

と言う現象が起きてしまうんです。

 

4、でも詳しく説明しますが、

今は、言ってる事の理解だけして下さいね^^

後で全部繋がります。

 

こうなると、まともに打てません。

打てても【スライス】にしかなりません。

 

右肩が前に出ているので、

クラブヘッドは外(アウト)からしか、

降りて来るスペースがなくなるからです。

 

とにかくアドレスは、

【足、膝・腰、胸、肩】が平行です。

 

ドライバーは、その特性上、

どうしても上半身の右肩が前に出てしまう。

 

これだけは理解しておいて下さい。

後でしっかりと矯正する方法も

キッチリお伝えしますので安心して下さい。

 

3、前傾角度・膝の角度

どうしても、当たらない時には、

前傾が深くなりすぎたり浅くなり過ぎたりします。

 

膝も同じ事で、深くなってしまいます。

 

これは、『当てたい』と言う気持ちから、

不安になっているから仕方がありません。

 

常に前傾角度と膝の角度は、

リラックスした状態でアドレスして下さい。

 

体格によって一概に言えない部分なので、

一番オーソドックスな形を説明します。

 

前傾は丁寧なお辞儀をするように、

骨盤から曲げて、お尻を上に付き出すように。

これは間違いではありません。

 

膝は軽く曲げる程度で十分。

スッと構えるくらいのイメージでOKです。

 

ここは余り深く考えずに、

前傾も膝の角度も、深くなり過ぎない事だけ、

意識してアドレスして下さい。

 

それよりも、先ほど言ったように、

『勝手に狂う身体の平行ライン』

の方が大問題ですので^^;

 

 

4、手の位置・クラブヘッドの位置

ここが最も重大な秘密が隠された、

【キーポイント】

です。

 

私はここの勘違いを見つけて、

修正したら一発で治りました。

 

それどころか【見た事も無い弾道】

これが同時に手に入ったのです。

 

2、のアドレスで言いましたが、

【左にあるボールにクラブヘッドを合わせると、

上半身のライン、特に右肩が前に出て狂う】

でしたね。

 

しかも、ドライバーは自然とその形になってしまう。

と。

 

そして、手の位置は同じ。

でもドライバーのボールの位置は左寄りなので、

ハンドファーストに構えるアイアンとは違う。

 

ではどうするか?

 

手の位置はアイアンと一緒です。

左足太もも内側が基本。

私は若干真ん中寄りですが、

個人差があります。

 

で、アイアンよりも拳半個分、手の位置を身体から離します。

ドライバーは横振りになるからですね。

 

横振りになると、どうしても遠心力が強くなって、

アドレスよりも手が伸びます。

 

その時にアイアンと同じ感覚だと、

シャフト付近でヒットしてしまうからです。

 

なので、ドライバーの手の位置は、

若干アイアンよりも身体から離します。

 

基準としては、

脇の締まり方で判断します。

 

アイアンはキュッと締まる。

ドライバーはフワッと乗せる。

 

分かりにくいですが、こんな感じです^^;

 

話しを戻すと、

手の位置をアイアンと同じ左足太もも内側、

若干身体から拳半個分くらい離して構える。

 

この時ボールは考えません。

むしろボールは置かないで構えます。

 

スタンスは若干広めで、

自然にグリップして、

そのままクラブを一度正面に持ち上げます。

 

そのまま自然とクラブを降ろして下さい。

手の位置は左足太もも内側です。

クラブヘッドはどこに着地しましたか?

 

【身体の中心線付近か若干左寄り】

 

ではありませんか?

 

そうです。

本来、クラブヘッドはここに置くのです。

 

それを、フェースをボール横に合わせるから、

全てが台無しになって、狂ってしまうのです。

 

例えば、今置いたクラブヘッドの位置から、

フェースをボールに近づけると、

どうなってしまうか?

 

【手の位置をズラすか、右肩を前に出す】

しかありませんよね。

手首は絶対にこねてはいけませんので。

 

ドライバーを苦手としている人は、

大体このミスを犯してしまっています。

 

もちろん私も例外ではありませんでした。

 

【手の位置を飛球線方向にズラす】

これが全ての諸悪の根源だったのです。

 

アドレスがしっくりこないのは、

これが原因だと断言出来ます。

 

【クラブヘッドをボールに合わせる為に、

左寄りにズラす動きがアドレスを完全に狂わす】

と言う事です。

 

グリップを正しく握って、

足・膝・腰・胸・肩を平行にする。

 

そのままクラブを持ち上げて、

ストンと自然に落とす。

 

それがあなたの自然なアドレスです。

そこから変に動かす事は絶対にしてはいけません。

 

その動きが全てをダメにします。

【フェースをボールに合わせる】

これは全く意味がありません。

 

これを元に最後にボールの位置について、

説明しますが、その前に^^

 

もう一つ今後の上達に、

参考になる事実をついでに^^

 

【クラブヘッドの最下点】

スイング中のクラブヘッドの最下点。

これは意識してどうにか出来る物ではありません。

 

・アイアンは最下点の僅かに直前にインパクト。

・ドライバーは最下点を通り過ぎてからインパクト。

と言われます。

 

ですが、これはコントロールするよりも、

勝手にそうなるだけです。

 

ボールの位置でも変わりますが、

もっと簡単なやり方があります。

 

【クラブヘッドの最下点は、

アドレスでのグリップ位置】

 

これだけを覚えておくと、

どこにボールがあるのが自然か?

手に取るように理解出来ます。

 

更に、アイアンではダウンブローに、

ドライバーでは適正な打ち出し角で打てます。

 

正確なボールヒットと飛距離と方向性。

 

この両立が可能になる程、

重要な概念になりますので、

是非覚えておいて下さいね^^

 

 

 

5、ボールの位置

個人差はあるものの、

基本は左足かかと線上から、

あなたに合った場所を決めて下さい。

 

最初はかかと線上から初めて、

ボール半個分くらいずつ左右に

ズラしてみれば、大体は決まります。

 

問題は毎回同じ位置にセットアップする、

その方が難しいのですが、

練習方法の時に改めて詳しく説明します。

 

今は、ボールの位置とクラブヘッドの、

距離について説明します。

 

まぁ既に気付いていいるかも知れませんが、

【クラブフェースはボールから離れるのが自然】

です。

 

 

自然と構えた位置のクラブヘッドと、

左足かかと線上においたボールには、

位置関係の相関関係はありません。

 

簡単に言うと、

【ボールの位置とヘッドの位置は無関係】

って事です^^;

 

ボールが左にあるからヘッドも左。

とか、

ヘッドが真ん中寄りだからボールも真ん中。

とはならないし、全く関係が無いと言う事です。

 

逆に、どちらかに合わせる方が、

非常にマズイ事が起きてしまうのは、

今まで説明した内容でお分かりのはずです。

 

補足すると、

ドライバーはインパクトが最下点を、

過ぎてからアッパー軌道で当たるので、

ボールが上がって飛ぶ訳です。

 

ただそれは、

結果としてそうなるようにするだけで、

意識的にアッパーで打つ訳ではありません。

 

これも、

アドレスでのグリップ位置が、

スイング中のクラブヘッドの最下点。

を理解すると簡単になりますね^^

 

自然とそうなる訳ですから、

変に意識しなくても良い訳です。

 

後は、スイングに集中出来るかどうか?

スイングさえ身体が覚えれば、

あなたは見た事も無い弾道を、

いとも簡単に当たり前のように打てます。

 

これは味わってみないと分かりません。

是非、今までの基礎を身に付けて、

続く実践編で物にして下さいね^^

 

では、長くなりましたので、

後半の実践編に続きます。

>>実践編に続く・・・

 

もしくは、グリップ・アドレス・姿勢を、

どうやったら適正になるのか?

詳しくはコチラをどうぞ^^

>>適正なグリップ・アドレス・姿勢とは?

 

では、また。

たま吉でした^^

 

 

ドライバー専用コンテンツ開設

完全無料で動画を交えてお伝えしています^^

是非一度ご覧になってみて下さいね。

ドライバーマスターステップロゴ画像

 

詳細はこちら

 

 


何かあればいつでもお気軽にお声掛け下さい^^

お問い合わせはこちら


オリジナルコンテンツ(完全無料)

◆◆◆たま吉通信:レボリューション◆◆◆

たま吉通信レボリューション


”たま吉通信レボリューション”

2,000名突破!!
【スイング作りからマネジメントまでトータルスコアアップ講座】


『ベストスコア更新!100切り!80台達成!!』
『スイングが激変した』
など喜びの声を大勢のメンバーから頂いております^^


家の中で毎日3分もあれば、
1カ月でボールを打てるようになりますし、
絡まりに絡まった糸がほぐれるように、
ゴルフスイングの真理が掴めます^^

無料で気軽に始めてみませんか?


無料コンテンツ多数プレゼント
・自宅練習虎の巻【上下巻】<テキスト>
・初心者脱却STEP講座<動画コンテンツ>
・ドライバーマスターステップ<動画コンテンツ>


これだけで有料教材並みのお墨付き^^
既に100切り多数。
80台達成メンバーもいます!!


詳しくはこちら


今すぐご登録される場合はこちらからどうぞ^^



5 Responses to “ドライバーが苦手、、、な人は必見です!!”

  1. TAKEさん より:

    こんにちは。
    昨日登録させていただきましたがメールが届きません。
    おそらく、なりすましメールか何かと間違えてブロックされているのかもしれません。

    一度解除するので再度メールをお願いします。

    • shin より:

      TAKEさん

      たま吉です^^


      ご連絡が遅くなり申し訳ありません。


      確認させて頂きました所、
      登録自体は無事に出来ておりました。



      メルマガ購読に関しては、
      システムの都合上、
      同アドレスの使用が出来ません。


      大変ご迷惑お掛けしまして、
      心苦しいのですが、
      別のアドレスがあれば、
      そちらで再度ご登録頂けますでしょうか。


      gmailやyahooメールなどでも、
      無事に受信頂けておりますので、
      どちかでもあれば大丈夫です。



      すみませんがよろしくお願い致します。


      たま吉

  2. たま吉2世 より:

    たま吉さん

    また、訪問しました。
    美しいトップづくりへの早速のお返事ありがとうございます。
    あの記事では、バンプを意識しての撮影でしたのでたま吉さんがトップで静止していたのは致し方ないことと思います。撮影を意識しないときはきっとスムーズな切り返しをされていることと思います。

    本日はドラ―バーでなぜグリップの位置がなぜアイアンよりも拳半個分、身体から離して構えるかの明確な理論づけに感心して読んでおりました。ヘッドの最下点位置、ボールの位置等の説明にも感心しました。

    私はたま吉さんと違って、ドライバーはそこそこですが、アイアンがドライバーのように当たらないことが悩みでした。

    色々試行錯誤してもままなりません。
    そこで、スイングの神様と言われる岡本綾子さん、また虎林さん(虎森さんより虎林さんの方が英語に近いですね)のスイングを研究しました。特に飛球線後方(側面撮影)からの映像です。

    研究の中で色々な発見はありましたが、その一つにアイアンとドライバーとでグリップ位置が違うということがありました。

    スイング映像からは、ショートアイアンでのアドレスでは腕をダランと真下におろしてグリップする。背骨の前傾角度にもよりますが、岡本さんや虎林さんは四捨五入すると前傾角度が45度、腕とショートアイアンのシャフトが成す角度が135度。こうするとシャフトは背骨に直角になります。
    両者とも撮影した時期(年齢)によって変化しておりますので、数値は参考程度にみてください。

    同じ時期のドライバーの姿勢とショートアイアン、ミドルアイアンとの側面撮影からの数字では、どのクラブでもシャフトと腕の成す角度は変化なし(135度のまま)。

    前傾角度を変えずに腕とシャフトの成す角度を135度のままにしますと、当然長いクラブではクラブが地面にささってしまいます。
    良く見ますと、長いクラブになるにつれ、前傾角度が浅くなり(起き上がり)、結果としてグリップの位置がショートアイアンを基準にすると、クラブが長くなるにつれてグリップ位置が体から離れていきます。「アイアンよりも拳半個分、手の位置を身体から離します。」という貴兄の文を読んでいてハッとしました。

    貴兄の中でも紹介のあったドラコン王の安楽さんは、ドライバーのグリップ方法として手をだらんと垂らしてグリップするとありますので、岡本さん、虎林さん、更には貴兄とは異なります。ドライバーのシャフトの長さの吸収は、安楽さんはこの三者とは異なる前傾姿勢やシャフトと腕の成す角度を変えているものと思われます。

    私の長い間の疑問であった、ドライバーではアイアンとグリップの体からの離れ方が違う理由を、ポスチャーの違いでない視点から解説された本日の記事に敬服です。

    しかも、私は、選手の写真を見ての検討でしたが、貴兄はプレーヤの視線での確認ですので、より実践向きです。大いに活用させていただきます。

    次に素晴らしいのは、最下点の解説です。
    前出の安楽さんのビデオの中にも最下点の話は出てきますが、貴兄の説明の方がより具体的、論理的です。これにも敬服です。「アドレスでのグリップ位置が、スイング中のクラブヘッドの最下点」との発見は特許ものですね。

    長くなりましたが最後に一つ質問があります。
    ボールが最下点より左にある(右利きの場合)ドライバーの場合はヘッドの位置に問題は生じませんが、ボールより最下点がターゲット側にあるアイアンでは、アドレス時のクラブヘッドはボールに対してどこに置いておりますか。

    実は、素振りでボールが当たる恐れのあるケースで腕を縮めて素振りをすることを教える下記のビデオに違和感をずっと覚えているからです。
    https://www.youtube.com/watch?v=II6M1Siz1hc

    なお、貴兄の答えが「適正なグリップ・アドレス・姿勢とは?」に既に書かれているのかも知れませんが、未だ読んでおりませんことをお許しください。

    • shin より:

      たま吉2世さん


      たま吉です^^

      いやー、大絶賛ですね(汗)

      ありがとうございます!!
      素直に受け止めさせて頂きますね^^


      さて、ご質問頂きました動画の方が、
      私の手違いかも知れませんが見れなかったので、
      イメージを何となく推察してお答えしますね^^


      恐らくですが、アドレスをセットして、
      ボールに対して構えた上で素振りをすると言う、
      イメージかと思いますが、間違えて打ってしまいますよね^^;


      大丈夫と言うのかも知れませんけど、
      当たるかも知れないと言う”可能性”がある以上、
      当然そのリスクは排除する方が良いと思います。


      ショット前の素振りと言うのは、
      私は個人的に2つの意味合いを持たせています。

      1つはもちろんこれから打つショットのイメージで、
      スイング幅だったり強さだったり弾道だったりです。


      それともう1つは、今打つクラブが何であるか?
      と言う事を頭と身体に改めてセットさせる意味があります。


      ドライバーで会心の当たりを打てた。
      少し当たりは悪いけど及第点。
      完全にミスショット。

      どの場合においてもこのショットの記憶を、
      頭と身体にインプットされてしまっています。


      良かろうが悪かろうが、
      そのまま次のショットに向って、
      そのまま打ってしまうと大体ミスしますね^^;


      良い当たりだったら良い当たりのまま、
      ドライバーの感覚でアイアンを振ってしまいミス。

      悪い当たりだったら悪い当たりのまま、
      その記憶でショットをしてしまいミス。


      このように各ショットはショットで、
      ”仕切り直し”の意味を込めて素振りをしています^^


      個人的には、
      ”ニュートラルポジション”と、
      勝手に名付けています(笑)

      要は今から打つクラブであったり、
      スイングであったりを頭と身体に思い出させて、
      改めて認識して前のショットをリセットします。


      これだけで本番でのミスが、
      かなり軽減されましたので、
      以来採用しています。


      その上でお答えとなりますが、
      一度素振りはボールから離れてやります。

      その後、リーディングエッジをボールから数センチ離して、
      これも間違ってボールに触れない程度にセットしています。


      個人差はあると思いますが、
      私の場合は近過ぎても当たりそうで嫌ですし、
      離れ過ぎてもコンタクトするイメージが湧かないので、
      感覚で申し訳ありませんが、すっと自然に置いた位置です。


      フェアウェイバンカーは砂にソール出来ませんので、
      ボールの右半分の上当たりにしています。

      最悪トップしてもダフるよりマシですからね(笑)

      お答えになっていないような気もしますが、
      お許し下さいませ。


      たま吉

  3. たま吉2世 より:

    たま吉さん

    早速の丁寧な回答感謝します。
    想定していた範囲内でしたので、逆に安心しました。

    それよりも、たま吉さんのドライバーとアイアン(フェアウエーウッドを含む?)でのグリップのすみわけノウハウが大変気になり、早速練習場で確かめてきました。

    何と大正解です。
    これまで、グリップをすみ分けていなかったためか、ドライバーとその他のクラブでのどっちつかずの好調さが、本日は、ドライバーもフェアウエーウッドも3鉄(未だ使っております)も会心の当たりです。
    基本から理屈を考え、ノウハウを確立し、伝授されているたま吉さんに感謝・敬服です。

    次のコンペが待ち遠しいです。

    重ねて御礼します。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

lgf01a201402051700


はじめまして!!

管理人の”たま吉”と申します。

家族とゴルフをこよなく愛する
どこにでもいるイチゴルファーです^^

30代のサラリーマンゴルファーのわたくしが、
80台を出した全てを悩めるゴルファーにお伝えしています!!


詳しいプロフィール



ご質問、ご相談はこちらの『お問い合わせ』からお気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちら

たま吉通信レボリューション

たま吉通信レボリューション

ゴルフは誰でもいつからでも上手くなる事は可能です^^

初心者ゴルファー大歓迎!!

ゴルフ上達に必要な事をここで全て明らかにしています。
お気軽にどうぞ^^

詳しくはこちら

80台を達成するには?たま吉流80台達成法

80台を達成するには?たま吉流80台達成法

初級者大歓迎^^

本気で80台を達成する為の、知識・マネジメント・スイングの作り方。

たま吉の全てがここに。

詳しくはこちら

ドライバーマスターステップ

ドライバーマスターステップ

『ドライバーが苦手』
『ドライバーだけ打てない』
『アイアンは打てるのに』

私の元には日々、切実な思いが寄せられています。

『その声に応えたい。』
と言う一心で新コンテンツを一から作成しました^^



これであなたもドライバーが得意クラブに変わります!!

詳しくはこちら

3カ月で初心者を卒業するなら

3カ月で初心者を卒業するなら

詳しくはこちら

『始めたばかりで、何したら良いかわからない・・・』と言う方へ

スコア120から80台を目指すなら迷わずコレ

スコア120から80台を目指すなら迷わずコレ

100切りから一気に80台を目指すなら!!
中級者から上級者へ一気に飛び抜ける必須教材。
ドライバーが強力な武器になる事間違い無し

レビュー詳細

100切りで悩むか一気に抜けるかの境界線

100切りで悩むか一気に抜けるかの境界線

ゴルフの王道スイング。土台を築く事が上達の鉄則。ぶれないスイング核作りの決定版!!シンプルこそ至高なスイング。

レビュー詳細

さらにマニアレベルに徹底解剖!!
もっと知りたい方はこちら^^

ゴルフシンプル理論徹底解剖

独学用ゴルフ教材一覧:購入済み

独学用ゴルフ教材一覧:購入済み

たま吉からのメッセージ

たま吉からのメッセージ

たま吉からあなたへ。

『ゴルフが上手くなりたい。けど何をすればいいのだろうか・・・。』

初心者も経験者も、誰でも今かでも遅くはありません。

もう一度トライしませんか?

メッセージはこちら

カテゴリー

FX

このページの先頭へ